スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

第12話 俺の親父がこんなに可愛いわけがない

いきなり桐乃がいい子になってましたね。
桐乃のあまりの「ふつうの妹」っぷりにうろたえる京介が可笑しい(笑

前回の和解(?)ですっかりわだかまりがとれたんでしょうか。
ガードを一枚外したら、桐乃もこんなに素直な子なのかとびっくりします。
けれど、よーく考えれば桐乃は単に表面がトゲトゲしていただけで、もうずっと前から京介のことを信じていたし、彼のことを頼りにしてましたよね。
桐乃はどんなに小憎らしく振舞ってても、わりと簡単に本心の透けて見える子なので、黒猫や沙織の視点になって彼女の本音を深読みするのが、桐乃という女の子の正しい愛で方だと思ってます(笑

とはいえそれは京介との関係に限った話。
両親とは何もなかったわけですから、急に孝行娘になるのもヘンです。
その種明かしは………なんと海外留学でした。
なるほど。もうすぐ離れるからこそ周囲に優しくなれるというのは、私にも共感できる理由です。
しかし、桐乃って陸上にかなり熱心に取り組んでいたんですね。多方面にわたって頑張る子だから、そのうちのひとつにそれほど懸けていたのかと少々驚きを禁じえません。だって、オタク趣味をもつ人間にとって、日本を離れるというのはかなりの覚悟が要りませんか?


秋葉の深夜販売。
ここで笑撃の事実が判明しましたね。
「どこの世界に、兄貴にエロゲ買いに行かせる中学生の妹がっ、
………いるかもしれねえな」

おなか抱えて笑いました。
そうか、私たちの知らないところで、もうひとつの「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」が進行していたんですね(笑
きっと、夜中にビンタで起こされたあげく、部屋に連れ込まれてBLゲーの山を見せられたに違いありません。
そういえば、ホモ大好き宣言した赤城が○女子のみなさんに拍手されてましたが、リアルだと、ああいうこと叫ぶ男子に○女子のみなさんはどういう反応を示すんでしょうね? コミケ一日目大手の列であれをやったらすっごく白い目で見られそうな気がするんですけど。


真夜中の電話を受けて窓を開けると、そこには笑って手を振る男の子。
その姿に頬を赤らめて微笑む女の子。
………まるっきり深夜の逢引ですよね。
黒猫も沙織も麻奈実もあやせも好きですけど、やはり私は京介と桐乃が一番だなぁ。
この二人が恋愛関係になってほしいとは思いませんが、こんなふうにずっといちゃいちゃしててほしい。

しかしそんな二人に区切りの時が近づいていました。

たぶんね、桐乃の本心としては止めてほしかったと思うんです。
それは桐乃本人の口からではなく、ゲームのヒロインを通して語られていましたね。
でもね、妹が夢をもって前進しようと下した決断に、京介が反対するわけないんですよ。
本心では行ってほしくなかったとしても、彼は止めないんです。
なぜなら京介は、この物語の最初からずっと、自分の希望よりも妹の幸せを優先してきた、兄貴の中の兄貴だから。

翌朝、桐乃が決心を翻したのも、そんな京介の決意が伝わったからでしょうか。
必死に言い訳を並べ立てる桐乃の後ろで、満面の笑みを浮かべている京介。
なるほど、これはGOODENDと呼ぶに相応しい終わり方でした。

でも最後のすっかりデレた京介にはちょっとがっかり(笑
  拍手する
コメント

No title

ぜひ原作を…!赤城くんのシスコンっぷりとかも楽しめます!

No title

よっしゃー全巻買って来たぜー!
これから読みます。

No title

赤城妹の自爆っぷりも抱腹絶倒ですね。
ちなみに赤城妹とか、アニメにモブで出てます。

No title

どうもこんばんわ

>夜中にビンタで起こされたあげく、部屋に連れ込まれてBLゲーの山を見せられたに違いありません

そんな衝撃的なカミングアウトされたらどうしろって言うんですかwwww!!
私は同性愛者ですと言われたほうがマシです!!
冗談はともかく、良いアニメ化でしたね。感想も楽しかったです。

No title

>TomOne さま
瀬菜もいたんですか?
部長はすぐわかりましたけど(笑

>89式さま
まあ兄貴的にはどっちもどっちってことで。
ホントいいアニメでしたね。感想も書いてて楽しかったです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。