スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

第10話 俺の妹がこんなにコスプレなわけがない

あやせの方から京介に相談とは意外でしたが、考えてみれば桐乃の趣味についてはいまだに機密事項。京介以外に頼れる相手はいないのでしょうね。

桐乃のヤキモチの焼き方が露骨になってきましたね。
一応自分の友達に色目使われるのが不快、という体裁をとっていますが、「オメーはおれの彼女か」という京介の嫌味が偶然にも痛いところを突いてしまったのでしょう。
桐乃もずいぶん可愛い表情を見せるようになりましたねー。私的にはもうちょっと秘めてくれてもいいのですが。

黒猫の失言を「あー………」と見つめる沙織が可愛かったですね。
そこに限らず、今回の沙織はどことなく可愛らしかった気が。

「この人類史上最高の創作物が980円ですって………っ!」
いやいや黒猫氏。どんな名作であろうと、供給が需要を上回れば値崩れするのは当然の道理。それは単なる数字の読み間違えから生じた事態であって、そうショックを受けることはござらんぞ。

京介、あやせに怯えすぎでしょう(笑
たしかに怖いところのある女の子ですが……なんでしょうね、
あやせの「えっち!」「ヘンタイ!」とか「死ねっ!」って罵倒を聞いてるとこう、えもいわれぬ………いやなんでもありません。

加奈子をはめるあやせの黒いこと黒いこと(笑
てか手際よすぎです。
「退路を断ちやがった…っ!」
という京介の言葉通り、姿見もない狭い車内で着替えさせておいて、車外に出たところで着替えを載せたまま車を発進させる。着替えのない加奈子は拒否して一人帰ることも出来ない。巧妙な手口です。
京介に届いたバッグと手紙を見る限り、コスプレ衣装は沙織と黒猫が、ワゴンと運転手はあやせが手配したのかな?

そんな策謀が吹き荒れてるとも知らず、桐乃はのんきにオタク集団に混じってノリノリ応援。
ダメだこの妹。早く何とかしないと。
しかし帽子かぶったあやせ可愛いなぁ。
桐乃も、ハッピとの着合わせは最悪でしたが、帽子そのものはとても似合ってましたよ。
やっぱり帽子かぶった女の子は可愛さ3割増しになると思うんですよね。つまるところ帽子というアイテムは………はっ、拙者をそんな冷たい目で見ないでくだされっ。

メルル=声優のくらら=加奈子(CV田村ゆかりさん)
ステージ上で司会進行を務めてる人と加奈子が同じ声なのでちょっと混乱しました。
要するに、アニメのメルル役を務めてる声優さんがステージで進行をしていて、加奈子の声がその人にそっくりだった、ということでいいのでしょうか? だから加奈子にステージを譲ったとき、自分にそっくりな声が聞こえてきたことに声優さんが驚いて、思わず振り返った、と。
それ自体はいいのですが、あの声優さんの外見、オフ会のメイド喫茶にいた女の子と一緒ですよね? あのときは佐倉綾音さんが声をあててらしたので、「あれ?」となってしまいます。できれば全く別のキャラデザにしてほしかったかな。ややこしいので。

加奈子は意外にも芸達者な女の子でした。メルルの知識はなかったにもかかわらずあれほど完璧にこなしてみせるとは。アイドルのオーディションを受けているとのことですから、ああ見えてちゃんと目的をもって努力しているんでしょうね。
桐乃の友達の中ではわりとダメな子なイメージがありましたが、桐乃といいあやせといいこの加奈子といい、やはり同じような人種同士で集まってるんですね。まだ中学生なのにたいしたものです。
  拍手する
コメント

No title

実は、あの声優さんとメイド喫茶の女性は、姉妹という設定があるのです…
ドラマCDについてくる冊子に掲載の、原作者書き下ろしSSに載ってます。
自分はまだ10話は見てないのですが、そういう設定はちゃんと活かしてるんですね。意味があるのかわかりませんが。

あやせがどんなんだったか非常に気になります(笑
原作だと、このエピソード以降は京介とあやせが漫才コンビのようになっていきます。

No title

おお、そういうわけでしたか………。
伏見先生、そんなところにも書き下ろされてるんですね。調べてみたところ、アニメ化されてないお話がドラマ化されているようですし、そのうち聴いてみたいです。

原作のあやせがどんなかは知りませんが、アニメを見た限り魅力的な女の子になってましたよー。ちょっと桐乃への愛が深すぎる気はしましたが(笑
京介とあやせの漫才というのは楽しみですね。

No title

お久しぶりです。
夏師さんはエムの気がお有りで、帽子ふぇちというのを取りあえず覚えときますです。
ちなみに京介どのは○○(漢字二文字)ふぇちで○○に並々ならぬこだわりをお持ちです。
誰かさんにとっては嬉しいお知らせです。
詳しくは原作をどーぞ(アニメで出るかな)。

あやせの罵り声を聞きたければドラマCDをオススメします。書き下ろしのお話ではたっぷりと京介のセクハラとあやせの罵り声が聞けますね。
取り留めないですがそれでは

No title

ドラマCD はお勧めですよ。
ラブタッチという573なゲームに桐乃がはまると言う展開で、
早見沙織さん本業(笑)な話です。
この時のあやせがヤンデレ全開です。

No title

>89式さま
帽子フェチは衆目の一致するところですが、M気についてはなにやら誤解が生じているようですね。あとでゆっくり話し合いましょうか。
ちなみに原作は3巻まで読んでるので、京介氏が眼鏡ふぇちなのは知ってます(笑

>TomOneさま
それはひょっとして「彼女ができました」ってあれでしょうか。早見さんと親和性の高そうなゲームですねえ(笑
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。