スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

風子、何しに出てきたの(笑

PCのメモリ増設を初めて行いました。

廃棄予定のメインPCのメモリは512+512MB。
現在使用中のサブPCは256+512MB。
差は256MBしかないのに処理速度にかなりの違いが見られます。CPUの性能はほとんど一緒なのに不思議。
ですが、メモリについて調べてみたところ、違う規格のメモリ同士を組み合わせるのはあまりよくないのだそうです。256MBなら256+256MB、512MBなら512+512MBといった具合ですね。
サブPCの購入時、メモリ増設をお願いしたときに店員さんは何も言ってくれなかったなー………。
幸いメインPCとサブPCのメモリの規格が同じだったので、メインから抜き取ってサブに差すことにしました。静電気に気をつけながら慎重に作業………完了。
今少し試してみたところ、以前より快適に動くようになりました。
うん、よかった。
  拍手する
コメント

>風子、何しに出てきたの(笑

仕様です。
いや、本当に(笑

先日は失礼しました。ありがとうございます^^
また今回もちょこっとだけ。

同じ容量(で、同じ速度の。これが本当は大事です)メモリがよい、というのはある「チップセット」(マザーボードの性能や性格を決めるLSIチップ群)によって、「そうしたほうがよりよい」という程度の意味です。
メモリは、基本的に少々の性能差よりも絶対的な容量でPCの能力は決まってしまいます。また、チップセットによっては(特にいわゆる「廉価」なもの)だと、メモリモジュールごとの容量を揃えても意味がない場合もあります、というか数年前まではむしろそれが普通でした(ただし速度が揃っていないと、不安定動作の原因になることがあります。通常は自動的にもっとも遅いメモリチップに動作速度を揃えますけど)。
現時点で主流の「32ビット」PCの場合は(メモリモジュール自体の品質には気をつける必要がありますが)、総容量3GB(ギガバイト)までは、メモリチップの速度差やいわゆるデュアルチャンネル化よりも、まずは容量で速度は改善されます^^。不安定になる場合には、速度を揃えるか、どうしてもメモリモジュールの速度を併せられない場合には、「BIOS」から強制的に「シングルチャンネルモード」にメモリの動作を切り替えてしまえば(普通は自動的に切り替えますが)、不安定な動作は消えるはずです。ただしDDR1/2、あるいはDIMMないしSO-DIMMなどの構造的な壁は越えられませんので、そこの点は御注意をおねがいします(あと、特定のメモリ速度を受け付けないマザーボード/チップセットも一部にあります)。

>Shinさん
「風子、もう帰っていいですか」に現在の風子の使われ方が象徴されているように感じました(笑

>横浜某書店の次長さま
あ、不安定な動作はなかったのでそれはいいのですけど、どうせ増設するなら512MB二枚のほうがいいですよ、と教えてくれてもよかったんじゃないかな~、なんて思ってしまうわけです。そんな高いものでもありませんし。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。