スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

衝撃の事実・ニャンコ先生は猫ではなかった!

LaLa (ララ) 2010年 11月号 [雑誌]LaLa (ララ) 2010年 11月号 [雑誌]
(2010/09/24)

商品詳細を見る


付録のドラマCD「夏目音物語集」目当てに買いました。
原作8巻の27話の文化祭をドラマ化したものです。

尺の関係ではしょられたり原作にない人物を登場させたりした影響で、話の骨子が少し変化していますが、本来の展開は原作で楽しめばいいのですからあまり気にしません。
それよりも久々に夏目や多軌の声が聞けただけで感無量です。

多軌と田沼はセリフの改変でやや割をくった感がありますが、北本と西村はほぼそのままでしたね。この二人のまっすぐな友情は夏目にとって何よりの宝物だと思うので、音声化されてすごく嬉しいです。

「ああいうのは……後ろ押さえてくれる人がいないと乗れないだろう?」
はもっと愛らしい演技で聞きたかったかも。照れ笑いっぽく。
神谷さんの解釈では「自分ではこれが当たり前だと思ってることを主張する夏目」だったようですね。

名取さんと柊が特別出演してましたが、名取さんは相変わらずベーコンレタスな妖しさ爆発でしたね。あと輝くうざさも健在で(笑

ああでも、夏目のエプロン姿と多軌の男装はぜひアニメで見てみたい。

文化祭とは別に特別編「ニャンコ捕り物帳」が収録されていますが、「夏目様犬の会」集合ということで子狐が出演してましたね。Tかむねさんが喜びそう。三篠は………あんな声でしたっけ? ちょっと印象変わったかも。


LaLa本誌のほうには残念ながら夏目が掲載されてません。でも私は単行本派ですし、かえってよかったかも。でも同じく単行本購読してる「キスよりも早く」(田中メカ著)は我慢できずに読んでしまいました。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。