スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

スーパーヒロインタイムの戦果からいくつかピックアップ

◆『3000日と3秒とあと少し』 VISTAさま
咲-saki-、かじゅもも本。
かじゅとワハハが卒業したあとの鶴賀。
前作『3000日と3秒』での"引継ぎ"もあって、麻雀部に留まっているモモでした。
かじゅモモってカップリングの恐ろしいのは、モモの存在理由のほとんどをかじゅが占めてしまってるところで、だからこそかじゅ卒業後のモモが一体どうなるのか不安なのですが、この本ではそれに対するひとつの答えを示してくれてます。残り香というか、道標というか。やっぱりどこまでもかじゅ中心に世界が回ってるモモでした。
しかしモモの口から「2年」という言葉が出るとドキっとしますね。モモはかじゅのいない高校生活を2年も送らなきゃいけないのかー、と。そんなこととっくにわかってたはずなのに、いざ言葉にされるとなんて長い月日だろうと愕然とします。


◆『恋々』 TTTさま
咲-saki-、かじゅもも本。
スカウトされた経緯から、自分の価値が麻雀だけだと思い込んでるモモと、もう麻雀とか関係なくモモにどうしようもなく惹かれてしまってるかじゅ。二人の認識のズレが微笑ましいやらじれったいやらってお話。
テーマはそこなのですが、この本の肝はワハハだと思います。普段「能天気なアホ面」してるワハハが15P目のたった1コマで作品の空気をがらっと変えてしまうんですよね。
こちらのサークルさまは、こういった読後も強く印象に残る作品作りが本当に巧いなぁといつも惚れ惚れします。


◆『あずにゃんのひやけあとぺろぺろ』 麦畑さま
けいおん!本。
………なんかもう、このタイトルが全てを語ってしまってるんじゃないかな。
アニメの修学旅行編B:Sideのお泊りで、邪な視聴者がちらっと期待したことが具現化されたというか。
結論:あずにゃんは魔性の女。
既刊『放課後イン・ア・センチメンタル・ムード』であれだけ深い話を読ませてくれながら、一方でこんな本も作ってくれるのだからむぎさんは本当にオソロシイ人だ。


◆『ガンバリなでこ』 GUNPさま
化物語、撫子本。
撫子って絶対腹黒いよねと思ってる私ですが(暴言)、こちらのなでこはやや耳年増ながらも健気に暦お兄ちゃんを慕う様が可愛らしい。でもその方法が決定的にえろ方面にずれてしまっているので、いちいち動揺させられるアララギくんが気の毒なようでええい羨ましい。
撫子は年齢のわりに漂う背徳感が半端ないのが最大の魅力ですが、それを遺憾なく発揮してくれている一冊です。


◆『NIKI!!』
◆『へいおん!』 JUN2さま

二冊ともけいおん!本。
微妙にブラックな梓が魅力的すぎます(笑
まあこのサークルさんの描く軽音部はみんなどこか黒いというか、ヘンなのですが。比較的まともなのが澪くらい。
ところでトンちゃん似なクラスメイトって誰のことだ、あれか、ひょっとして○代か。
ホント口が裂けても言っちゃだめですよ?
『へいおん!』の方に収録されてる澪律は正統派澪天然攻めで超オススメです。


◆『まぼろしの市街戦』 えぢそんずさま
涼宮ハルヒの憂鬱本。
基本「消失」オールキャラのほのぼのギャグなのですが、消失世界&元の世界の古泉がやたらいい味出してて困ります(笑
普段キョンや私たちの前では隙のない完璧副団長な古泉なので、いざ等身大な高校生っぷりを見せられるとおかしいやら微笑ましいやら。機関の一員という枷のない消失世界の古泉は、案外キョンといい友達になれるんじゃないかと、そんなふうに思わせてくれる一冊です。
あと個人的に、誤作動ノートンな朝倉さんがツボにはまりました。なぜ関西弁(笑


◆『消失&無印版 朝倉×長門のつめ☆あわせ』 WestWindさま
涼宮ハルヒの憂鬱本。
テンポの良さが光る、消失ベースのギャグ本です。
消失長門を溺愛する朝倉というわりとスタンダード(?)な朝長マンガと、消失世界の進行をさらにその外側から元世界の長門&朝倉が見守るという変化球マンガの二本がメイン。
前者は朝倉さんの畳み掛けるような攻勢が、後者は消失世界を設定した長門の黒さが笑えました。
実際、消失世界の改変部分にすべて意味があると仮定して長門の思考を紐解いていくと、結構長門って意地悪なんじゃないかと思える部分もあるんですよね。古泉の設定とか特に。


◆『新刊落ちました。 同人をやろう!vol.6』 まじっく・すくえあさま
オリジナル。
は○まさん女体化本第6弾。同人作家四方山話シリーズの6冊目。
今回はサークル欠席と新刊落ちについて。実に耳に痛いお話です。
まー結局のところ、サークルが責任を負うしかないって話なのですが、当人としては色々思い悩んでしまうわけで。。
サークルには、作ると決めたら滅多に落とさないタイプと、テンションがすべてで波のあるタイプとがいますが、たぶん学生時代の長期休暇の宿題をどうしてたか?ってアンケートとったらだいたいどっちのタイプかわかる気がします(笑
なんだか親近感もてそうな新キャラ(?)が活躍(?)してましたが、このシリーズはたぶんメインのお二人以外はフィクションのはず。

20100921.jpg

"しか"とか言うな。

コピ本を頑なに拒否する京子さんでしたが、よーく考えたら地方からの遠征サークルさんは、「オフセ落としたからコピ本」って難しいかもしれませんね。運搬が大変だから紙も現地で調達して現地でコピらないといけないし、そうなるとせっかく前日に上京しても滞在時間のほとんどを製本に費やすことになってしまいそう。自力搬入にしても、カートはともかく本を入れるためのダンボールはどこから調達するんだって問題が。
製本まで終えた本を宅急便搬入できるならそもそもオフセで刷れるよねって話ですし。
  拍手する
コメント

No title

基本やなことは全部済ましてから遊びたおしたぞ?・・・・今はなにもしない・・

No title

そんなバカな(笑
しなのんは骨の髄からこっち側の人間だと思ってたのに。。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。