スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

ムギの表情をつい深読みしてしまう、第22話「受験!」

バレンタイン話なのに、受験&卒業を意識した途端、それはもう純粋なバレンタインではなくなってしまうのですね。一年次に渡せなかったぶん、なおさら。何もかもが「先輩たちと過ごす最後の行事」になってしまう。
梓がチョコケーキを渡すのをためらったのも、結局はそこが問題だったのではないでしょうか。時計の針を自ら進めてしまうことへの恐れ。
けれどいざ共に過ごしてみれば、やはりそれはかけがえのないひと時なわけで。
五人一緒に雪を眺めるシーンは反則ものでした。
誰一人泣いてなんかいないのに、なんだろうこの胸を締め付ける光景は。


今回は主に二年生視点からのバレンタイン&受験でした。
純がホントにいい仕事してましたねー。今回梓を動かしたのはほとんどこの子でした。憂が人に何かを勧める性格ではないので、自然この子の役割となるのですが、それにしても大活躍。
思えば純は軽音部にとってはほとんど部外者であり、けれど梓にとっては友達という特異な立場にいます。そんな彼女だからこそできた振る舞いといえるでしょう。
放課後の別れの場面。いちどバイバイしておきながら戻ってきて
「梓、ちゃんと渡しなよ、チョコレート!」
にはちょっとジンときました。

-----------------------------------------------------------------

「あまりの美味しさに渡すの忘れちゃって……」
そりゃベルギー王室ご用達チョコのあとに「はい」なんて差し出せませんよね。。

「本当はもうすぐバレンタインだから、チョコレートも用意したかったんだけど……」
ここのムギの表情が私たちには見えないようになってるんですよね。
まあ梓が見ていてなんの反応もしてないので特に変わったことはないのでしょうけれど、視聴者にとっては「見えない」ことにこそ意味があるわけで、なんとなく同人的に色んな妄想が膨らむ場面でした。
実際、ムギが持ってこられない状況って何でしょうね。たまたまあったものを持ってきてるならともかく、バレンタインの時期にムギが「もってこよう」と思って持ってこられないものなんてそうそうない気がするんですが。
あえて想像するなら「ムギの手作りチョコ」かな? ムギの料理スキルって謎のままでしすね。

ただ、最後まで見終えた後に改めてここのセリフを見ると、これはムギの前フリだったのかな、と。
実際、このセリフによって梓はチョコを用意する決断ができたわけですし、当日はムギが何の用意もしないことで梓がケーキを差し出せたのです。だからムギによる梓ちゃんのチョコ食べたいな計画はすでにこのとき発動していたのかもしれません。
去年のバレンタインでは図らずも自分が梓のチョコ進呈を邪魔してしまったムギ。それをムギ自身が自覚していたかはわかりませんが、今回は完全にムギが梓に譲った形になってます。お菓子の用意はムギの軽音部におけるアイデンティティのひとつであり、今回のバレンタインでも自分が用意したかったでしょうに。
ムギってば先輩らしくなっちゃって。

ちょっと話が逸れますが、女子高におけるバレンタインって後輩から先輩へ、が暗黙の了解みたいになってますね。マリみてでもほとんどそうでした。(祥令は祐巳由乃に贈ったりしてますが)
後輩からだと尊敬憧れといった意味を持たせることができますが、先輩から後輩に贈ると言い逃れができないというか、もうそこに特別な意味が発生してしまうからでしょうか?

「黒砂糖……」
「チョコも黒っぽいからちょうどいいんじゃない?」

待ちなさいお嬢さん。黒糖は独特の味がするんで初心者には使いこなせない。そもそも用途が限られてるし、チョコには向かない。私はコーヒーに入れてますが、友人に出したら文句を言われました。

「お百度参り?」
「うん。隣だから、前通るたびに10円入れるようにしてて」
「お姉ちゃんたちが全員同じ大学に合格して、無事卒業できますようにって」

ええ子や。。。

「先輩! こ、これ、ちょっとビターで、でも、とっても甘い私のスイートハートです!」
よしわかった。来年度梓憂純で軽音部が結成されても、純に作詞を任せてはいけない。

いちご「あ、軽音部」
ちか「澪たちなら職員室だよー♪」
MAKOさんがこのわずかな間に一人二役こなされてましたね。
何度聞いてもMAKOさんのクール声は新鮮だなぁ。
逆にちかの声はまんまゆりえ様なのでわかりやすい。

職員室前でのバレンタイン。さわちゃんが微笑ましそうに眺めてるのが印象的でした。
純は澪にだけ特別チョコって、わかりやすいなぁこの子は。はっきりしててとても純らしい。
バレンタイン当日に愛する後輩がラッピングされた箱携えてて「どうしたのー? なにか用事?」って唯。。

「見ないで帰ったら絶交だからっ」
「そ、それはヤだぁ」

この期に及んでまだいちゃつくかこの二人は。。

ラストの合格発表。
ここであえて唯たちの喜ぶ姿ではなく、二年生組をもってきたのは演出として凄い。
泣き崩れる憂。とっさに状況を察する純。喜びが言葉にならない梓。
もうホントに良かったね、としか。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。