スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

私、生まれ変わったら3年2組のモブ生徒になりたいな。

と痛い人発言してみたくなる、けいおん!!第18回「主役!」

いまさらですが、澪の律依存度は半端じゃありませんね。
幼馴染同士とはいえ、ここまで距離の近い二人というのはそうそうお目にかかれません。
一番印象的だったのは二人きりの帰り道で見せた甘えでした。
「なぁ、律。やっぱり今からでも「辞めたい」って言わない?」
クラス内ではあくまで抵抗してみせただけの澪でしたが、ここのセリフはかなり本音ですよね。しかも一人で辞退するのではなく、律も誘うことで、精神的負担を一緒に背負ってほしいと懇願してる。
これは相当な甘えです。「甘え」というとネガティブなイメージがありますが、こんな言葉口に出来る相手なんてなかなかいません。澪も律相手だからこそ言えるのでしょう。

じゃあ澪が律に一方的に寄りかかってるのかといえば、そうでもなさそうなんですよね。
律は律で、今の田井中律というキャラクターを意識的に作ってる印象があります。それが一番うまく回るのが澪と一緒にいるときなんですよね。これはムギとのデート回を見ればわかると思います。


けいおん二期はモブをやたらしっかり描いているのが特徴的ですが、ここにきてその設定が一気に花開いたって感じですね。モブたちのなんと生き生きとしていることか。
今回は律澪をメインに話が進みましたが、その一方で「3年2組」という空間を前面に押し出してる印象を受けました。
文化祭というと、それまであまり親しくなかった同級生と仲良くなるチャンスでもあるのですが、今回の話を視聴者として眺めてて、一気にモブたちとの距離が縮まった気がしました。
律澪の夫婦漫才を楽しそうに眺めてる中島さんや姫子にすっごく共感してしまう。

律と梓の絡みが新鮮でした。一期でちょっとだけありましたけど、この二人は典型的な「仲の良い先輩後輩」って関係ですね。ギリギリ許される範囲の無礼を心得ているというか。
改めて考えると、三年生4人の梓への接し方ってそれぞれ違うんですよねえ。

「パパの仕事の都合でイルクーツクに移住することになってさ…」
「パパ………」
「お父さん!」

そりゃこんな可愛い娘なら「パパママ」って呼ばせたくもなりますよね。

「どうしてもって言うなら考えるけど、」
「でもせっかくクラスのみんなが選んでくれたんだから、ちょっと頑張ってみない?」
「楽しみにしてると思うの、みんな」

これは和の人徳というより、生徒会で培った「ぐずる人を説得するためのロジックを知っている」ということなのではないかと推察します。
和は「考えるけど」と辞退許可の可能性を澪に示しつつ、実はその逃げ道を塞いでるんです。辞めるならこのタイミングで辞めなければいけません。主役なんてそんな簡単に代われるものではないのですから。
もっとも、これは和の人の悪さというより、澪なら頑張ればできる、みんなの期待を裏切るような子ではないという、信頼の表れから出た言葉ととるほうがいいでしょう。

着崩した澪の破壊力が半端ありません。作画にどれだけ力入ってるんですかっ!(笑
頬を染める梓に対し、無反応な律が印象的でしたね。律っちゃんて本当ノンケだなぁ。

聡くん再登場。
律のジュリエット役にコーラ噴出したり、練習盗み聞きして廊下で大爆笑したり、おいしい役どころです。

「律は澪が演じるジュリエットを想像して」
「澪ちゃんは、律っちゃんが演じるロミオを想像しながら演技してるってわけ?」
「………ややこしい」

この最後のセリフの子、ここの演技と横顔が「R.O.D -the TV-」のマギーにしか見えません(笑
「姉さんに比べれば、全然だ」とか言ってほしくなります。

澪が演技に苦戦してる後ろで、こっそり唯と姫子が木の演技の練習してましたね。
その練習、本当に必要なの?(笑

ムギの知り合いだという喫茶店ですが、およそ喫茶店には見えません。
まあ私が知らないだけで、高級住宅街の中にひっそりとクチコミで広まるこういったお店が存在するのかもしれませんね。フロアチーフ(店長?)がいかにもなセバスチャン顔なのには笑いました。センチの中島さんを思い出します。

「………ムカムカしてきた」
「あれぇ?」

ここの寿さんの演技が好きです。
あと教室での和との会話でみせた「そうなんだけどぉ」も。
寿さんのムギの演技ってかなり作った声出されてるんですが、この二ヶ所はわりとムギの年齢相応な声が出てたんじゃないかと思います。子供っぽいというか。
これはムギが素の自分を出せるようになったってことなんでしょうか。

ラストの軽音部室で木の練習に励む唯ですが、あれは劇の練習と言いつつ梓を一人残したくはなかったのではないかと勘ぐってしまいます。一年を通しても軽音部にとっては最大の晴れ舞台である学園祭ライブが近づいているのに、先輩たちは劇の練習に気を取られている。一人ギターをもって立ち尽くす梓を部室に置き去りにするのは忍びないな~、と。
考えすぎでしょうか。
  拍手する
コメント

思いやりっちゃんと呼ばれるように、律は大変気配りが出来、料理上手な所を見るに弟の面倒も良くみてるんでしょう。素敵なお姉さんですね。
ムギ同様、2期で人気あがってますね。

ところで夏師さんは、新OP・EDのCD買いましたか?私はOPは限定版通常版、両方買っちゃいましたw 通常版のジャケットは卑怯だ!w

原作終了だそうです

<けいおん!>主題歌などが大人気 女子高生の“ゆるーい”音楽マンガが最終回へ
8月9日7時2分配信 まんたんウェブ

 TBS系で放送中のアニメの原作マンガ「けいおん!」が、9月9日発売の「まんがタイムきらら」(芳文社)10月号で最終回を迎えることが9日、明らかになった。

 「けいおん!」は、かきふらいさんが同誌で07年から連載している4コママンガ。部員不足で廃部寸前の軽音楽部に入部したギター初心者の女子高生・平沢唯と仲間たちの“ゆるーい”学園生活を描いている。

 09年4~6月にアニメ化されると、主題歌などがオリコン週間ランキングの上位にランクインし、ブルーレイディスクなどもヒット、原作のコミックも売り上げ部数が急増した。その後、アニメの続編を望む視聴者の声を受けて、わずか9カ月後の10年4月から、深夜アニメでは異例の全国28局ネットで第2シリーズが放送されている。

 最終回直前となる9月号は、唯たちの大学受験の結果が明かされている。コミックス4巻は9月27日発売予定。(毎日新聞デジタル)

大学編も見たかったのになあ~

一人ギターをもって立ち尽くす梓を部室に置き去り

原作ではここであずにゃん本当にひとりぼっちなんですよね、憂ちゃん純ちゃんさえ構ってあげてない。

どうも追加の演出が空回りしている印象を拭えない2期ですが(モブたちはとにかく可愛いのに)、#18はところどころで目に付く作画崩れ(特に「メイド」喫茶)以外はおそらく2期最高クラスの出来だと思います(同格は#5お留守番、#6梅雨)。気になる、ちょっと待ていと突っ込みいれたくなる部分がほとんどなくて(強いて言うと、ちょっとりっちゃん澪を後半ほったらかしすぎたかな。ここだけは原作のほうがよかったです)。
原作では疑問多々(どうしてわざわざライブを邪魔するようなイベント割り込ませるかなぁ)というこの劇ですが、こまかいフォローが久しぶりにちゃんと利いていて納得しました。

律と澪の制服「着なおし」はりっちゃんの方が可愛かった(きちんと制服を来た律)と思うのは、すでに次長が年齢が進んできて、大人視点に傾いてきてるということなのでしょうか。澪の着崩しは2クールEDのムギ同様(あれは最低)・・・あんまり。むしろきちんとしているからこそ、凛々しいわけですし、澪の場合。ただでさえ冷え性なんだから無理しちゃダメだよ、澪ちゃん。

姫子ちゃんがもう。唯の側で本当に楽しく幸せそうな彼女がもう。木の練習には萌え死んでました。
腕をあげっぱなしにする(普通はしないぞ)ことで唯の動きを封じて、一人になっちゃうあずにゃんに配慮しているんだきっと、まで飛躍したことを考えてしまう和ちゃんが本当に素敵でした。ムギが今回あまり冴えない分余計に(ムギはクラスより軽音部を優先するのではないかという疑問だけはどうしても解けないです。たぶん和ちゃんが上手く乗せたんでしょうけど)。
あとクラスメートたちの「律澪」支持ぶりがおかしかったです。

律と澪って、おっしゃるとおり、どっちかといえば澪に対して律が自分を「律して」来た要素が大きいと思うのです。書かれていませんが2人は中学からは女子校だったんではないかと想定しています。
それでも百合好きとしてはもうちょっと距離が縮んでほしいな、というよこしまな思いを抱いてしまった、律のベッドで横たわる2人でした。どう考えても2次創作で遊んでくれといわんばかりな(普通さすがにここまではしないですよね、親友同士でも)。

コミケ準備は間に合いましたか?でしたらば喜ばしい限りです。期間中またまた酷暑のようなので、どうぞお体をいたわって下さいね。

No title

> 高津レオさま
CDはまだ買えてません。アキバにいく時間が取れなくて。モブ好きとしては通常版に心惹かれますね。

>岩手県人ですさま
ファンとしてはもっともっとと望んでしまうところですが、惜しまれてるうちに綺麗に終わらせるのもひとつの判断ですからね。きっとよい最終回を描いてくださいますよ。

>横浜某書店の次長さま
原作と見比べるのも楽しそうですね。私の場合は悪癖が出て純粋に楽しめなくなるので放送終了まで待つことにしていますが。
ムギに関しては、きっと彼女は目の前にあることを全部楽しむことに決めたのだと私は解釈しています。どちらを優先するかという引き算思考ではなく、常に足し算な姿勢で。軽音部が疎かになってるのは、このメンバーなら土壇場でも密度の濃い練習で良い演奏が出来ると信頼しているからではないか、と。好意的に見すぎかもしれませんが(笑
>2人は中学からは女子校
納得です。澪の依存度はそうでもないと説明つかない気がします。
アニメでの律っちゃんはすっかりノン気ですが、もう少し反応してくれてもいいのに思わなくもありません。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。