スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

猛暑が続きますね

けいおん!二次創作で大変なのが楽器です。
ただでさえフォルムが有機的で描くのが難しい上に、それをキャラに持たせようと思ったら、書き手が紙の上で空間把握をしてないといけません。私程度の画力では相当苦戦を強いられます。
下の原稿でも、アングルをずらして極力楽器を書かずに済ませようという後ろ向きな努力がうかがえますね。

20100722.jpg

さて、けいおん!!第16話「先輩!」の感想です。

最終的に梓を動かすのはやはり唯なのですね。
唯の考え方の是非はともかくとして、今回の梓は「自分らしく」あろうとするあまり無理をしていましたよね。自分を引き締めようとする心がけはいいのですけれど、肩に力が入りすぎてぎくしゃく空回りしている。
でもそこでもっと柔らかく構えていいんだ、なんて説教しないのが唯の素敵なところです。梓に素直に感心しながらも、唯は唯らしさを梓に示す。それが何よりのメッセージです。

シールの件は一見唯の無邪気な遊びのようでいて、その実、そっと梓を導いていたように感じられます。もちろん唯にそんな思惑はないでしょうけれど。
二期になってから半端ない唯梓推しな展開ですが、本当にこの二人からは特別な繋がりを感じますね。


転寝するムギは天使のようでした。
梓とムギの絡みは新鮮でしたね。しっかり者の後輩とほんわかした先輩の組み合わせというのは私の大好物です。
後輩のはずの梓が「可愛い」を連呼することで、ムギの可愛さを再確認しました。
この場面では二人の微笑ましい交流が見ものですが、その様子をこっそり窺ってた先輩三人の反応もおもしろかった~。律の言い分には思わずうなずいてしまいました。

「気づいたらそばにいるのって、きっと瞬間移動だよね!」
純は軽音部に何を求めてるんだろう。。

一番練習に繋がりそうな澪との絡みではなんと自爆。
軽音部のリズムがもはや身体に染み付いてしまっているんですね(笑

聡くん再登場。
姉の女友達襲来に怖気づいてトイレに引っ込む様が可愛い。
私は基本律澪な人ですが、澪と聡くんがくっついて律と家族になるパターンだけは許容できそうな気がします。

結局ほとんど練習にならなかったわけですが、けいおん!は普段がこんなでもなんだかんだでライブを成功させてしまうから困ったものです(笑
でもそれはきっと、各自が家できちんと個人練習を積んできてるからなんでしょうね。
  拍手する
コメント

No title

夏っちゃんが楽器を描いた!

No title

どれひとつとして全体描いてないけどねっ!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。