スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

春アニメを振り返る

◆けいおん!!
最近になって一期を見返してみたのですが、やはり二期は雰囲気が違いますね。方向性もはっきりしていますし。
「けいおん!」は一期の最終回で好きになった作品ですが、それは言い方を変えればそれ以外の話にさほど思い入れがなかったってことなんです。
一期と二期の間には3シーズンほどの間が空いたわけですが、その間にスタッフの間でけいおんのキャラが熟成されたのか、あるいはひとつの方向性をもって取り組んだ結果がかちりとはまったのか、いずれにしても二期のけいおんは別の作品かと思うほど変わっています。
これがまだ1クール続くのかと思うと嬉しくてなりません。

◆WORKING!!
原作一巻を既読だっただけに、ほとんど期待してないアニメでしたが、一話ごとにだんだん面白くなって、後半にはけいおん!!に次ぐほど楽しみな作品となってました。最終話放映翌日には原作全巻揃えちゃいましたよっ!
原作と見比べると、アニメは原作のエピソードをうまく繋ぎ合わせて補うところは補って、ホントにうまく作ってあるなと感じます。アニメーションとしても、キャラを魅力的に見せるのがうまいですよね。特に山田の動きとか。
二期があることを心から祈っています。

◆デュラララ!!
エクスクラメーション・マーク二つの作品名が続きますね。面白かったんだから仕方ない。
2クール目はややパワーダウンというか、最終回に向けての歯がゆいタメの展開が長かったわりに、もたらされたカタルシスがさほどではなかった印象が強いです。主に主人公的なポジションの帝人がほとんど何もしなかったことに起因しますが。原作はその後もずっと続いてるようですから、これも二期を期待したいです。

◆真・恋姫†無双 ~乙女大乱~
一期二期同様、実に安定しておもしろいアニメでした。三国志好きにはニヤリとできる場面も織り交ぜてくれますしね。欲を言えば桃香と愛紗の絡みをもっと見たかったかな。この二人のペアが好きなので。

◆いちばんうしろの大魔王
いわゆるハーレムものなんですが、主人公にそれだけの魅力と説得力があるのがいいですね。
世界観にはまだ理解できないところも多いので、そのうち原作を読んでみたい作品です。
ころねが好きだったんですが、後半のクライマックスにほとんど出番がなくて残念。まあ中盤にヒロインポジション奪った反動だと思うことにします。

◆こばと。
こばとの声に花澤香菜さんを充てた人は天才じゃないかな。
こばとは藤本くんと絡んでるときより、いおりょぎさんといちゃいちゃしてる方が好きなんですが、いおりょぎさんはどうもそんな雰囲気でもないんですよね。

◆荒川アンダーザブリッジ
二期前提で作られたこともあってか、中途半端な印象です。話の一方の核であるはずの親子対決も、村長とニノさんがいなしたおかげで不発に終わっちゃいましたしね。
川沿いデートの回が好きでした。一番笑ったし、一番可愛かった。

◆Angel Beats!
アニメよりはノベルゲームにしてほしかったかも。
とはいえロケット椅子の面白さはアニメでなければ伝えられなかったでしょうし、難しいところです。
音無のほうは天使にベタ惚れでしたけど、はたして天使の気持ちは恋だったのかなというとあやしいEDでした。
先に死んだはずの音無が天使よりも後にあの世界に現れたことから、現実時間にとらわれることのない世界だと推察されますが、では、彼女はただ一言お礼を言うために、どれだけの時間をあそこで過ごしてどれだけの人を見送ってきたのでしょうね。OPがどうしても彼女の歌にしか聞こえない。
椎名さんと遊佐が好きでした。あさはかなり。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。