スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

ポルトガルの試合見損ねた。。

グループリーグの試合が進んでるW杯ですが、選手にとっては色々とやりにくい大会になってるようです。

飛距離が伸び、曲げにくく、軌道がブレやすい公式球。
監督やチームメイトの声さえかき消されるブブゼラの音。
イレギュラーなバウンドを生む天然と人口の芝の混合スタジアム。
スタミナを奪われる高地での試合。

選手が球の扱いに苦慮しているのは素人目にもわかるくらいはっきりとしています。長いパスやセンタリングの精度が明らかに落ちてますものね。パスの受け手が追いつけずにそのままピッチの外へ、という場面がいつも以上に多くなってます。
みんな同じ球を使っているのですから不公平ではありませんが、見る側としては残念です。ピタリピタリと足元に収まる世界レベルのプレーが影をひそめてしまっている。私としてはそういうプレーが見たいのに。
  拍手する
コメント

No title

ロンパスやセンタリングが味方の頭上を越えていくシーンはかなり見かけますよね。
技巧派なチームほど苦戦してるのかな?
本大会ではいつでも強いドイツが素敵ですw

No title

鋭いサッカーを旨とするドイツには影響が少ないのでしょうか。ドイツ戦は見損ねたのでわかりませんが。ドイツのサッカーは好きなので頑張ってほしいところです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。