スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

突っ込みどころの多さは禁書以上?

Angel Beats! #8

私、「AIR」以降のkey作品って、そこに生きる人々は大好きだけど、彼らを苦しめるよう意図して構築された世界観は嫌いなんです。「CLANNAD」では特にそうでした。岡崎や渚が好きだからこそ、世界設定に悪意と醜悪さを感じられて仕方なかったのです。
結局私が見たいのはキャラクターや生き様であって、世界観を通して表現されるテーマではないのだなーと自覚してしまった次第です。
「Angel Beats!」はkey作品ではありませんが、今回もそうなりそうな予感がします。キャラの掘り下げよりも世界の謎のほうに重点が置かれてるのでわりと気楽に楽しめていますが。
そんな中でゆりっぺだけは異彩を放っています。こんなに悪役ゼリフの似合う正ヒロインがかつていたでしょうか(笑 がんばれゆりっぺ。


荒川アンダーザブリッジ #7

意味深なオープニングでしたね。
これをニノがナレーションしたことにどんな意味があるのだろうと考えてしまいます。

リクはよく「常識」を問題にしますが、むしろテーマにされているのは「固定観念」じゃないかという気がしています。


こばと。 #8

藤本さんの言葉はいつも正しい。
ですが堂元さんの言うとおり、これはとても勇気を伴う行為です。誰だって嫌われたくなんかありませんものね。これが親しい相手ならば、たとえ厳しいことを言ってもいつかわかってくれると期待をもつこともできますが、大抵の場合は嫌われるだけに終わってしまいます。
こばとの場合、「藤本さんは意地悪です」と文句を言いながらも、一方でその正しさを受け止め、ではどうすればいいのかを考え、実際に行動しています。今回で言えば猫の飼い主探しですね。
こういうことの積み重ねによって、徐々に藤本さんにこばとが認められていくのかな。


いちばんうしろの大魔王 #8

けーながあの孤児院の女の子であることはほぼ確定だと思われるのですが(声が同じ豊崎さんでした)、彼女はとぼけ通したいようですね。これは、自分の気持ちがそんなインプリンティングのような安っぽいものではないと認めたくないという乙女心でしょうか。

けーなからあえて距離をとるフリをして、交換条件に授業への出席を促そうとした阿九斗でしたが、彼女にはすっかりお見通しで手玉に取られてしまいました。こういう一筋縄ではいかないところも魅力的です。ただの天然少女ではありません。

「神に直接触れることも可能な大司祭を目指しながらシステム批判ですか」
「僕はただ、自分の手でより良い世界を作りたい。そのためには司祭になるのが近道だと思うだけだよ」

監視員であるころねに対して、ずいぶんと率直に話すのですね。この発言だけでも大司祭となる未来が閉ざされそうなものですが。これはころねに対する信頼の表れと思っていいのでしょうか。


WORKING!! #7

山田………。
この子のうざ可愛さは「咲-saki-」の池田に並ぶんじゃないでしょうか(笑

にしても、恋心を暴露された後の佐藤さんは身悶えるほどの萌えっぷりでした。


真・恋姫†無双~乙女大乱~ #6

孫策と周瑜の絆が描かれましたが、演義での二人の運命を思うとちょっと切なくなりますね。


デュラララ! #19 「蒼天已死」

チャット慣れしてない罪歌蕩れ。
ひらがなオンリーなところがますます。。
私は携帯もってないのでわかりませんが、慣れてない人にとっては携帯でのチャットって大変そうですよね。

あれってセットン=セルティが誘ったんですよね、きっと。
交流の場として自分の出入りするチャットルームに招待するとはセルティらしい気遣いです。太郎・甘楽の反応からしても、事前に根回ししてあったことが窺えます。
前回の切り裂き魔事件を機に、セルティは終始杏里の側に立つようになってます。どこか危うい雰囲気の杏里に対して、保護者意識のようなものが芽生えているようですね。が、実はこれも事態の混迷を深くする一因となってます。セルティが帝人と杏里の中間に立っていれば、もっと話はシンプルになるはずなのですが。

杏里の窮地をセルティが救ったことで、誤解が深まってしまいました。
結果だけ見れば、あそこで正臣に見つかったほうが話はうまく転んだんじゃないでしょうか。
杏里があそこを嗅ぎつけた理由なんてどうとでもつけられたでしょうし、動機は「様子のおかしい正臣が気になった」で済むのですから。
これだけを見ても、全てが臨也の手の上で転がされてるわけではなく、偶然と可能性の上に物語が成り立っていることがわかりますね。臨也が万能であれば、あの状況でどちらに転んでも自分の思惑通りに話が進むよう準備できるはずなのですから。つまるところ、彼は遊んでるだけなんでしょう。

帝人はダラーズの創始者ではありますが、リーダーではない。ここが悩ましいところですね。彼は一般で言うところの組織力を有してはいないのです。誰にも命令できないし、頼れるブレインもいない。
矢霧製薬との対決ではダラーズをうまく使いこなした帝人ですが、今回の緊張の高まりに対して有効な手立ては何一つ打てていません。彼に必要なのは情報を使いこなし、状況を誘導するスキル。だからこそ、それを体現できる臨也に接近しているのでしょう。ですが今のところは、逆に臨也に余計な疑念や不安を植えつけられるだけに終わっています。

首なしライダーを知るヤツのところへ、と正臣が向かったのは、なぜか臨也の元ではなくドタチンでした。さて、話がどう転ぶことでしょう。
ここでも帝人が独りであることが裏目に出てしまっていますね。ドタチンが帝人の正体を知っていれば、この時点で問題の半分くらいが解決しそうなのですが。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。