スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

けいおん!! #7 お茶会!

OPの和の会員No,0001にびっくり。
………したのですが、無理やり引き継がされたというオチでしたか。

「卒業して大人になって、澪ファンも卒業したってことか」
「私も……、私も、卒業したらそんなふうに大人になっちゃうのかな」

こういう現象はあってしかるべきだと思います。高校から大学への進学によって、交友範囲も行動範囲も、経済力も段違いになりますからね。世界の広がりは半端じゃありません。そこでふと高校で夢中になったものを振り返ったとき、自分がどんなに狭い世界で生きてきたかを思い知る人も少なくないでしょう。
マリみてで言うなら、「私たち、あの頃は薔薇さまに夢中だったよねーふふふ」なんて恥ずかしそうに思い出話するとかね。
けれど、結婚して二児の母になっても薔薇さまに憧れ続ける旧姓祝部みきさん(祐巳ママ)のような人もいれば、現役時代冷めていた反動で、卒業してから高校時代を心に美しく留める内藤克美さまのような人もいるわけで。

ラストで先輩が登場しましたけど、やはり旅行で来られなかったんですね。
変わらぬ気持ちを持ち続けてくれているようで、ほっとしました。

でもなんだか今回のセリフの端々に卒業を感じさせるものがあってちょっと切なかったなー。まだ6月か7月くらいなのに。そして次回は進路の話!
唯なら第一志望に「みゅーじしゃん!!」って書いてくれると信じてる!


あと、細かな感想など。

「犯人はトンちゃんだよ!」
絵面的に怖かったです(笑

「なるほど………謎はすべて解けました。犯人は………………あなたです!」
ムギが指差した扉は別方向でしたが、のぞいてたファンクラブの二人はびくっとしたでしょうね(笑

「ファンならどうしてすぐに教えてあげないの?」
「でもそういうのつけてるところが先輩らしくて素敵なんですっ!」

澪って外面のかっこよさが受けてるのかと思っていましたが、よくよく思い出せば、ファンクラブ発足のきっかけになった初ライブって、あの転倒事件があったときでしたものね。

「私は、わざとつけてるのかなって思ってたよっ」
唯………(笑

「だけど、ファンクラブってまだあったんだね」
このセリフの直前に崩した律の肩に、ここで唯が頭を乗っけるんです。
唯ってこういうスキンシップをナチュラルにしますよね。ムギの背中に乗っかったり。
見ていてほんわかします。
一番の被害者は梓でしょうけれど(笑

「書いたんですか、澪タン………?」
このちょっと呆れたような口調がたまらない(笑
その直後のぬるーい笑顔も。

「私、ポスター作ってきます」
「私、特大のケーキもってきます!」

みんなノリノリですね(笑
梓まで………。
まあこういうのは、される本人には恥ずかしいことこのうえないでしょうが、周りで晒し者にする盛り上げる側は楽しいものですよね。

消しゴムや孫の手などのアイテムはともかく、「澪ちゃんクッキー」と題するには澪が焼かないとダメなんじゃないですかね(笑

「律先輩、会費はいくらとるーなんて言わないでくださいよ?」
それってどこの涼宮ハルヒさんですか(笑

「なんか、澪先輩より律先輩のほうが目立ってません?」
「ウチのアルパムからもってきた写真だからな!」

りっちゃん、堂々と「澪は俺の嫁」アピールするのやめてください。

入学式に律と二人で撮ったと思しき写真。あれを見ると、やはり澪は美人なんだと思いました。

すみません。
澪のせっかくのサプライズ企画でしたが、
あの朗読には耐えられなくて毎回スキップしてしまいます。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。