スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

あずにゃん分が足りなかった唯

「あーずにゃん♪」 「にゃ!」
20100505.jpg

………「にゃ!」って叫んだよ、このコ。


三年生四人が不在で軽音部員が梓一人なのに、普段よりもずっと軽音部らしい内容でした。

純ちゃんが澪に憧れてるのは、澪個人の外見もあるだろうけど、同じベーシストだからというのも大きいのかな。

ジャズ部員の登場に口ごもってしまう梓に、ちょっと懐かしさを感じました。
軽音部や憂たちの間にいると忘れてしまいますが、梓ってこういう子でしたね。

「お姉ちゃんの練習に付き合ってたから~」の言葉に梓が微笑んでいました。
あれって唯が家でもちゃんと努力していることがうかがえる発言ですものね。

CLANNADの汐登場の場面でもそうでしたが、京アニさんって光を効果的に使いますよね。
セッションを純ちゃんが提案したところから一気にいい流れになったところであの演出。畳み掛けるように唯からのメール、返信。なんともいえぬ幸福感でした。

軽音部らしいお土産でしたね。
梓の瞳が少し潤んでいたのが印象的。
ギャグで一度梓をハブにする先輩たちが描かれましたけど、もちろんそんなことはなく。
帰ってきてからも、梓そっちのけで旅行の思い出話に盛り上がる四人よりも、留守中に梓がどう過ごしていたか聞きたがる四人のほうが素直に想像できます。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。