スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

P168二本目3コマ目のちとせが一番輝いていた☆

ひとひらアンコール (アクションコミックス)ひとひらアンコール (アクションコミックス)
(2010/04/12)
桐原 いづみ

商品詳細を見る

ミケ先輩×響きたーっ!
6巻のカバー裏マンガ読んで以来ずっと気になっていたカップリングですので、こうして独立短編読めて感激してます。
もうこの二人の距離感がたまりません。てっきりの恋の決着を見せてくれるのかと思ったら……っ!
でもやっぱり響はこうでなくちゃ。徹底してデレを見せてくれないところはさすがです。実は結構切ないお話のはずなのに、なんだかおかしかったり、ほんわか温かかったりするのが不思議。
どうかこの二人が卒業してそれっきりになりませんように……っ!
響がこっそりミケ先輩と同じ大学に進学してくれると嬉しいなぁ。でもミケ先輩は芸術系の大学かなぁ。響はどうなんだろう。音楽好きとはいえ音楽大学はクラシック寄りだから違う気がする。一番嬉しいのは、野乃先輩たちの立ち上げた劇団で再び舞台美術&音響担当として組むことですが。と、色々妄想してみたり。
そういえば、ミケ先輩の名前の由来。冒頭での質問のときに響はすでに知っていたんじゃないかと思うのですがいかがでしょう? 順当に考えれば、質問したけど答えてもらえなかったのでたまちゃんたちに訊いたのでしょうが、もしこの順番が逆だったとしたら。響は由来を知りたかったのではなく、別の意図をもってミケ先輩に質問したということになります。私はそのほうが萌えます。

他の外伝は、生徒会長(を通して見た野乃先輩と榊先輩)、ちとせ×ちびメガネ、演劇部かしまし三人娘、きょーちゃん、留学中の佳代ちゃん。
『ひとひら』本編は麦の成長物語として綺麗に終わりましたが、青春群像劇としての側面もあったため、麦以外の登場人物をクローズアップしたお話を読んでみたいと思った方も多いはず。そんな願いを叶えてくれたのがこの『ひとひらアンコール』でした。
『アンコール』以外の短編も収録されていて嬉しい限り。
さちえ×たまちゃんにドキドキしたり、山口×響にドキマギするミケ先輩が可愛かったり(笑

………で、最後に新連載予告が載ってたんですがこれってホントに?
いや嬉しいんですけど、これは意外な展開でした(笑
榊先輩は本編屈指の萌えキャラなので、これはこれでありかもしれません。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。