スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

なぜにメイド服………?

とある科学の超電磁砲 #19 盛夏祭


このアニメは安定して絵が綺麗ですけど、今回は特にキャラの表情に華があった気がします。
そんな第19回は美琴たちの寮のお祭り。文化祭のようなものと考えればいいでしょうか。とはいえそこはお嬢様学校の寮。展示物や催しはどこか気品や芸術性に溢れてますね。まあ文化祭というのは本来そうあるべきなのでしょうけれど。そういえばリリアンの学園祭ではそういったお嬢様らしさは見られませんでしたね。屋台村とか体力測定とか。。
キャラの魅力を見せることに重点を置いた超電磁砲らしい回でした。キャラの既存の魅力を引き出しつつ、意外な一面も見せることでまた個性を際立たせたり。

最近禁書キャラのゲストが目立ってますが、土御門妹も出てきましたね。禁書でも出番の少ないキャラでしたけど、あの独特の口調がお気に入りだったので見られて嬉しかった~。

「佐天さん。私、今だけはいつもの初春飾利ではありません」
ええ、初春じゃなくて豊崎愛生さんでしたね、どう見ても。
窓辺でセレブを気取ったときの演技なんてすっかりラジオの偽黒子でしたし。

「でもあなたの御髪の髪飾りのほうが素敵ですわよ」
「………なんのことですか?」

ええ、生えてるんですものね。生けてるわけでもつけてるわけでもありませんものね。

子供たちを前にして思わずあすなろ園モードになりそうなところを慌てて修正する寮監さま蕩れ。
ブランド品を競り落としてニヤニヤしてるところを見られて慌てる固法先輩蕩れ。

婚后さんはなんだろうこれ………。巫女メイドとでもいうのかな?
ご本人が和風な髪型なのもあってとてもよくお似合いですが、決定的にずれてます。
湾内さん、泡浮さんの二人もこれにはドン引きでしたね。婚后さんのいいところを認めつつも、少々困ったところのある人だとわかってきたようです。付き合い方を心得てきたというべきでしょうか。
演奏シーンでは隣の子供の世話を焼いたりして、基本的には優しい娘ですものね。

美琴の緊張を解いたのは上条さんでした。
様子が明らかにおかしいんですけど、これは記憶を失った後ですね。そう思うとちょっと泣ける。
スピンオフ作品ならではの演出ですけど、超電磁砲しか見てない方にはなんのことやら、ですね。
写真撮るつもり満々でいた黒子が、美琴の演奏にすっかり心を奪われて見蕩れているシーンでは、彼女の美琴に対する純粋さが垣間見えて素敵でした。普段の行いがアレなので変態の烙印を押されてる彼女ですが、こういう側面をみせられるとちょっと応援したくなります。


とある"ラジオ"の超電磁砲 #21

秋葉で電撃系のイベントが行われたそうですが、どうやらそこで初春の能力が判明したようです。
イベントで明らかにされたということは、アニメでも出てくるのかなぁ?
すでに電脳系でも花に関するものでもないことは判明していますが、どんな能力なのでしょうね。

ラジオでは一部にミニドラマ仕立ての台本があるのですが、
初春にチョコをねだる佐天さんは必聴です!
普段ラジオを聴かない方、声優さんトークに興味ない方も、これだけは聞いておくべき!
28分あたりからです!
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。