スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

女子部とか蒼井さんとかどうなったの(笑

ささめきこと 5 (MFコミックス アライブシリーズ)ささめきこと 5 (MFコミックス アライブシリーズ)
(2009/09/23)
いけだ たかし

商品詳細を見る

ようやく読みました。
ささめきことって、アニメ放映部分が終わってからが本番だったんですねっ!

◆新キャラ・ロッテの登場で狂ってしまった二人の歯車。
ロッテ自身は何も悪くないんですけどね。むしろ癒しキャラ。
でも彼女の存在がきっかけとなったことはたしかですよね。
風間との恋愛における純夏のコンプレックスであるところの暴刀村雨をこれでもかと刺激しましたね。でもこのことにかんしてはむしろいい方向に進んでると思います。純夏は風間の好みに自分を合わせるのではなく、本来の自分を取り戻した上で風間と向かい合わなきゃいけません。自分を歪めて掴んだ関係はすぐに壊れてしまうのですから。

◆このタイミングで語られる二人の中学時代
このタイミングでもってきたかー、と感心しました。
正直アニメではここが語られなかったばかりに二人を応援する気が起こらなかったんですよね。どうして純夏があんなに風間を好きなのかが見えなかったから。風間は百合かもしれないけど、純夏はそうじゃない。純夏が好きなのは女の子ではなく風間だけなのに、その理由が見えない。
でもそれがようやく語られた。それも、あの雨の日の、取り消せない一言の後から。純夏と風間の出会いから始まって、風間の孤独も、純夏の怖れも。
そして結局、二人がお互いを思うあまりに二人の距離が開いていく。
   あれはもう恋なんかじゃない」
読者は二人を見守る朋絵の視点で物語を眺めることになりますが、これがとても苦しい。ただひとつの事実を告げられないばかりに、風間の嘘を、純夏の孤独を傍観するしかできない。
本当に、あの雨の日の一言から『ささめきこと』は全く別の物語に変質します。

これはぜひアニメ二期を~、といいたいところですが、これをアニメでやるのはどうかなぁと思わなくもないです。私は好きですけど、ぜひ見てみたいけど、単行本で読むのさえつらい低調続きの展開なのに、これを週一のアニメで見せられるのは視聴者にもきついんじゃないか、と。


朱宮くんの扱いはひどかったですねぇ(笑
普通、朱宮くんのようなキャラのとるべき道は、恋の成就を見届けて吹っ切るか、新たな自分の道を見つけて吹っ切るか、この2パターンなわけですが、まさか廃人にしてしまうとは………(笑
ギャグとしては面白いんですが、あんまりといえばあんまりな。。


ささめきらじお #15(1/14配信)
純夏(高垣さん)の編集点を阻止する風間(高本さん)がひどい(笑
しかもその後きっちり自分の編集点はつくるんですね。
もう本当に風間ばりの天然小悪魔なんだから。。

『女子部秘密通信』
コミケでこんなのあったんですねー。
企業ブースは全くチェックしてなかったんですが、これはほしかったな~。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。