スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

次回予告(笑

とある科学の超電磁砲 #16 学園都市


問題が微妙なだけに、登場人物(主に美琴)のセリフがやや観念的になってしまったのは仕方のないところでしょうか。

美琴と黒子の反応が対称的でしたね。
美琴は今の固法先輩を彼女なりに尊敬しているからこそ、先輩の逡巡に拒否反応を示すのでしょう。美琴は基本的に疵を許容しない、陽の当たる場所に立ち続けるキャラとして描かれているのでこれでいいのです。みんながみんな黒子や同室の先輩みたいに優しく見守るだけではお話は動きませんしね。
そして黒子は、大人として疵を許容しながらも、真っ直ぐで純粋な美琴に憧れている。

過去の先輩の心境については佐天さんの方が共感が早かったですね。自分と重ね合わせるように目を伏せる佐天さんを、気遣うように見つめる初春の表情。「居場所…、か」と呟きながら初春へと目を向け、初春もまた佐天さんを見つめ返す。今回一番好きなシーンです。

同室の先輩の名前は柳追碧美…でいいのかな? 柳迫……?
やっぱり柚姉ぇはいい演技しますねぇ………。

蛇谷が変わってしまったのも、本をただせば自分の居場所・ビッグスパイターを守りたかったからなのですね。しかし組織をまとめるためには力が必要で、個人でそれを持たない彼には集団を動かすことで力を誇示するしかなかった。それがエスカレートしていき、今の暴力集団に成り下がった、というところでしょうか。
今は無理かもしれませんが、何年かしたらあそこで黒妻たちに止めてもらえたことに感謝するのかもしれませんね。

「いつの時代の方ですの!?」
あんなシリアスな場面でも笑いを忘れない黒子はさすがです(笑
でもこのセリフ、新井さんのアドリブの可能性もありますよね………。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。