スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

2009冬コミケの収穫物 マリみて・RO編

マリみて編

『コスモナウト』 ラボ・スクラップさま
志摩乃梨本。
広大な宇宙に浮かぶ星の孤独に志摩子さんが自らを重ね合わせる話。
どれだけ祐巳たちと楽しそうに過ごしていても、結局志摩子さんは乃梨子に出会うまで独りだったんですよね。聖さまとの関係は鏡写しだったわけだから。そんな彼女が抱えてきた孤独を、いま乃梨子が傍にいることの意味を、星になぞらえて表現したところはさすが。
ラボ・スクラップさまはずっとWebで活動されてらした方で、その頃からファンでした。私の志摩乃梨観の4割くらいはたぶんこの方の作品で出来ている。最近はオフでの活動も始められて嬉しい限りです。

『ハルモニア』 羽根屋根さま
由乃菜々本。
なんの約束も交わしていない、お互いの関係をなんと名づけてよいかもわからない頃のスール未満な二人の、不安と一言で片付けてしまうにはあまりにも繊細な心の動きを描いたお話。
この本を読んで、どうして私が由乃菜々や祐巳瞳子を描けないのかわかった気がする。

『夜にもっと深い闇を』 CRUSHさま
乃梨瞳子本?
二人の背徳的な関係は、代償行為でしかないはずだが………。
志摩子も祐巳も、欲望で汚してしまうにはあまりにも綺麗ですものね。わかるなぁ。

『SugarPot2』 シンメトリーガーデンさま
薔薇の館オールキャラ。
原作ではまだほとんど語られていない祐巳たちの薔薇時代本。祥子令が抜けて菜々が加わった薔薇の館がどうなっているのか、マリみてファンとしては気になるところですが、この本のように賑やかだといいですね。瞳子は妹としての位置を確立してませんし、由乃菜々に至っては初々しいばかり。
菜々がすごくいい味を出しています。「どうせプリントなくしたのもお姉さまですよ」には笑いました。いい子ちゃんばかりではつまらないので菜々にはこのまま薔薇の館のムードメーカーになってほしいところ。私の菜々のイメージは7割くらいこちらのサークルさんの本で出来上がってるかもしれない。

『カラフルトレイン・カラフルガールズ2』 金米糖工房さま
乃梨子の見仏一人旅になぜか聖景コンビがくっついて回るお話第二弾。聖さまの「孫をかまえて嬉しい」感と、乃梨子の「ちょっと苦手だこの人」感がよく出ていてくすりと笑えます。こちらの聖乃梨子は『夏目友人帳』の名取さんと夏目の関係に近いかもしれません。続きを楽しみにしています。

『Rock'n Music』 ペンペン草くらぶさま
先代+由乃祐巳、笙蔦、聖景の三本。
笙子の奇行に動揺する蔦子さんが可愛い。私のツボです。
私は「蔦笙の人」と認識されてることが多いのですが、その実、私の描く二人は大抵笙子×蔦子です。やっぱり蔦子さんは攻められてるほうがいいと思うんだ。。
そしてペンペン草くらぶさまといえば聖景なわけですが、最後のページの景さんがいいなぁ。ずっとその調子で聖さまをコントロールしてほしい。


ラグナロクオンライン編

『10月25日のシンデレラ』 仙弾さま
久々のマジ子ちゃん本でした。
開放デーで休止中のマジ子ちゃんが一日復帰するお話。相変わらず隊長さんといちゃいちゃ。
プリさんは男アカでアサクロになりましたか。。(涙
隊長さんといえば、私は以前同サーバーだったので隊長さんのモデルとなった方をよくお見かけしてたんですけど、今でも元気にINされているのでしょうか。MMOはずっとINする人がいる一方で、ご無沙汰になる方もいてちょっと寂しくなりますよね。

『Luz NotAgain/Plateado』 grass notesさま
(たぶん)このシリーズ最終巻、だそうです。好きなシリーズだっただけに残念です。
ベインスでの出会いで過去にも一区切りつけて、ようやくウルとのスタートでした。長かった。。
裏切り者のミカルくんもギルドに溶け込めて(?)めでたしめでたし。

『Luz NotAgain/colors palette (s)』 grass notesさま
シリーズの再録集。
「23時のリビングルーム」はこれが初見です。ベニさんはコーエンへの心酔具合がハンパじゃなくてちょっと危なっかしかったんですけど、うまく昇華できたのかな。切ない。改心したミカルくんといいコンビになればいい。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。