スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

最近のアニメ

◆「ひぐらしのく頃に 解」
あ、赤坂ぁぁぁぁぁぁっ!
なんでしょうこの理不尽な強さ(笑

私はひぐらしの原作を知りませんが、別のブログで拝見したところ、原作ファンには残念な点も多いそうですね。やっぱり原作を知ってるとそういう不満がでてくるみたいです。
でも実際、原作を知らない私は今のひぐらしアニメを楽しめています。
結局のところ、原作との比較というのはストレスを溜めるだけでよいことなんてないのかもしれません。アニメはアニメとして楽しむべきなんでしょうね。アニメをきっかけとして原作に入る人も多いでしょうし、そうすれば、アニメではなかった驚きや喜びを感じられることでしょう。私も、アニメが終わったらCLANNADやMyself;Yourself、ひぐらしはやってみたいと思っています。
過去の自分の日記を見て狭量さを反省することしきり。

◆「CLANNAD」
風子編最終話、とても素晴らしかった。その前の話まではただひたすら悲しくて泣いていましたが、今回のは違います。本当によかった。安易なハッピーエンドなんていりません。風子の願いが届いたんだという、それだけで十分だと思います。

◆「Myself;Yourself」
修輔×朱里なんでしょうか・・・・? わくわく。

◆「ef - a tale of memories.」
千尋の記憶リセットは辛い出来事だったけど、二人の今後を考えるなら必要なことだったのかなという気もします。とても、とても残酷だけど。
「以前の私は死んでしまったんでしょうか?」という問いかけはあまりに重い。
蓮治はもっともっと強くならなきゃいけない。がんばれ蓮治。

◆「げんしけん2」
面接の場面はよかったですね。あんなにダメな点を指摘してくれる面接官に会えた笹原は幸運なんだろうと思います。
著作権問題については、同人活動している身としてはなかなか耳に痛いです。
「出版社と同人とは持ちつ持たれつ」とはよく耳にしますが、所詮これは同人の側に立った意見でしかありません。
個人的には、やはり二次創作同人にもある程度規制が必要なんだろうと思います。規制というと語弊があるんですが、ほかに適当な言葉が見つかりません。あえて言うならば、行き過ぎた活動への警告。
同人には存続してほしいと思う一方で、野放しにされては同人のルールが育たないと思うんです。その結果が、たとえば原作そっくりに作られた同人誌であったり、キャラや世界観をほとんど真似してるにもかかわらず別の作品だと言い張った模倣作であったり。
二次創作同人はファン活動です。だからこそファンとしての立場を逸脱してはいけないと思います。けれどそのための明確なガイドラインというものはありません。それは同人活動する側が考えていかないといけない問題なのです。
そのためにも、出版社側には警告という形で同人に関わってほしいと思います。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。