スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

『私の巣』読みました

20100108.jpg
こういうことですよね。
そりゃ姉妹になる必要ないですよ。ええ。

マリア様がみてる―私の巣(マイネスト) (コバルト文庫)マリア様がみてる―私の巣(マイネスト) (コバルト文庫)
(2009/12/25)
今野 緒雪

商品詳細を見る
  拍手する
コメント

No title

嫁というかなんというか…
なかなかよい短編だったのかなと。

ケロケロ

環が良い味出してて、これだけで終わらせるのが実に惜しいです。

な、なるほど…

確かに姉妹になる必要はないですね。
その解釈に行き着かなかった私は、マイネストファン失格だorz

しかし、環が百に呼びかける時だけ、百ちゃんがモモッチになるのがツボでした。

ラストで「百と香也さんは血が繋がってない」疑惑を残していってくれているので、続・私の巣希望したいです。

あと、乃梨子は環と百の事を志摩子さんから聞いていたようですが…
志摩子さんが、クラスメイトのゴシップを妹と話すようなキャラとは思っていなかったので、驚きでした。

No title

短編集でもないのに一巻まるごと薔薇の館と無関係という異例の巻でしたが、評判いいようですね。今野先生はちょっと前あたりから新しいリリアンの物語を模索されてる気がします。

ゴシップ、というと途端に人聞きが悪くなりますけど、後ろめたいことでもありませんからね。環さんの性格からすれば、むしろ本人が楽しげに志摩子さんに話したのではないかと思いますし。
まあ志摩子さんも一年のときから変化しているということだと思います。以前の彼女は人と深くかかわらないようにするあまり浮世離れした雰囲気をまとっていたわけですが、乃梨子との出会いを経て、人と積極的に関わろうとする姿勢を見せています。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。