スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

木山先生がいい女過ぎて惚れる

とある科学の超電磁砲 #12 AIMバースト


都合のいいハッピーエンドは用意されてなかったじゃん。
特に美琴にとっては一種挫折にも近い結果に終わったけれど、木山先生の格好いい捨てゼリフと黒子の能天気な振る舞いに救われてたじゃん。

木山先生とチャイルドエラーのエピソードに感情移入してしまった人には納得のいかない結末かもしれないけど、物語の選択としては正しいと思うじゃん。上条や美琴のような人間を主人公とした物語で、たとえ結果的にだったとしても、間違えた手段で得た成果を肯定してはいけないと思うじゃん。だから妥当な落としどころだったじゃん。


………ダメだ、私にアンチスキル語は使いこなせない。普通に書きます。


美琴と初春が、ハードとソフトに見事な役割分担を見せた回でしたね。特に、拗ねてしまった木山先生に放った唯律初春枝先のコンボ攻撃は強力でした。一瞬にして目が潤んだのは秘密です。

佐天さんは初春がいればきっと大丈夫ですね。
それに、今回の事件は佐天さんにいいきっかけをもたらすかもしれません。レベルアッパーによる発現だったとはいえ、能力の芽があることは判明したわけですし、その能力がどんなものかも体験したのです。これがパーソナルリアリティを獲得する上で有利に働くかもしれません。風を操れるようになればそれで初春のスカートをめくるという楽しみもできてモチベーション向上にも繋がるでしょう。
もっとも、そんなものは蛇足に過ぎず、今回佐天さんが手に入れたのはもっと大切なものだったわけですが。


Fate雑記さま、新刊告知の捕捉ありがとうございました。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。