スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

他の3編はこれから読みます

狼と香辛料 13 (電撃文庫 は 8-13)狼と香辛料 13 (電撃文庫 は 8-13)
(2009/11/10)
支倉 凍砂

商品詳細を見る

月末に秋葉に行ったときにでもまとめて買おうと思っていたのですが、友人のブログにて「ノーラの短編があった」と聞いて矢も盾もたまらず本屋に走りましたよごきげんよう。自他共に認める羊飼い萌えの夏師さんにはたまらない内容でした。
リュビンハイゲンでロレンスたちと別れた後のノーラとエネク。いつか書いてくださると信じていました支倉先生!
しかも語り手がエネクです!
ノーラというと清貧可憐なイメージがありますが、エネクの視点を通すことで年相応な彼女の一面が見えてきて、よりいっそう魅力的に映ります。
お話はさあこれからというところで終わりでしたから、色々想像が膨らみますね。
私の見たところ、このまま助司祭に納まりそうな雰囲気です。これで町の危機を脱することができればノーラへの信頼は揺るぎないものになるでしょう。そしておそらく、ジョゼッペ司祭は長くない。そんな状況下でノーラが「じゃあ私は別の町で仕立て職人目指すので~」とクスコフを出られるとはとても思えないので。
ノーラは仕立て職人に未練があるようですが、その根底にあるものは、ずっと迫害されてきた彼女が「町に受け入れられた存在になること」のはずなので、それが助司祭でもかまわないはずです。「町の一員」が「町の要」になるだけのこと。ただ性格的に戸惑いを拭えないだけなのではないかと。
若い天使と黒い騎士に、神のご加護がありますように。
20091112.jpg
記念にイラスト描いてみたけどさあ背景塗ろうというところで力尽きました。どれだけ背景描くの嫌いなんだ私。というかそろそろ冬コミ原稿やろうよ。
羊飼い時代の二人ですが、こんなコピーつけた時点でバッドエンドしか待っていない気がする。
何で羊すぐ死んでしまうん?


Fate雑記さま、てきとうなものさま、乃絵の捕捉ありがとうございました。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。