スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

顛末

今日友人に直接PCをみてもらいました。
結論から言うと、ウィルス等には感染してなかったそうです。ぇー。

光導入以来PCが2秒ごとにカリカリと何かして動作が重くなっていた原因ですが、NTT東日本が用意したソフトによるものでした。
加入手続きの際、ルーターの設定CDとは別に、「フレッツ設定CD-ROM」なるものが送られてくるのですが、これをインストールすると「IPv6リゾルバサービス」というプログラムが常駐するようになります。どうもこれが余計な動作でPCを重くしていたようです。かといって終了させてしまうとネットに繋がらなくなるものなので、私はてっきり必要不可欠なものかと思っていたのですけど。これを停止させたら余計な動作はぴったり止まりました。

でも勝手にPCがカリカリ動くようになったら何事かと思いますよねー?
(そのおかげで動作はすっごく重くなるし、エラーをはくことも多くなりましたし)
ウィルスかと思って悪戦苦闘したこの数日間は一体………。

私がこの一件をウィルスだと決め付けたメールについては、そのメール自体が怪しいとのことでした。あーもうまぎらわしい。そういえば添付ファイルついてたし。そもそも削除されてたわけですし。

そんなわけでここ数日の努力は一笑に付されてしまったわけですが、まぁ悪いことばかりではありません。結果的にクリーンインストールして以前より軽くなった気がしますし、ウィルス対策の勉強も出来ました。新しい知識もいくつか身につきました。よい経験だったと思うことにします。

コミティアを逃したのは痛恨の極みですが。
えーと、見本誌読書会っていつだっけ………。


※ 「IPv6リゾルバサービス」等で検索して来られた方へ
PCの余計な動作が嫌でIPv6リゾルバサービスを停止したい方はコメント欄の五番目、彦星さんの書き込みを参照ください。IPv6リゾルバサービスの無効設定方法が書かれてあります。
ちなみに、後日新しいPCに移行した際には「フレッツ設定CD-ROM」をインストールしませんでしたが、一切支障はありませんでした。ルーターの設定CD-ROMの方だけでいいようです。
  拍手する
コメント

初めまして。

「IPv6リゾルバサービス」のことで調べていたらこちらにたどり着きました。
本日、ADSLからの切り換えでBフレッツが導入されました。

無事つながり、最初は早かったのですが、途中からハードディスクにアクセスしまくる状態になってしまいました。
私もウィルスかと思いいろいろ調べていたのですが、どうやら原因はIPv6リゾルバサービスのようでした。

これを停止すればフレッツスクエアV6が見れなくなりますが、ハードディスクのアクセスは止まります。必要ないと思いアンインストールするとインターネット自体に繋がらなくなります。
毎回立ち上げるたびに停止するのは面倒です。

夏師さんはどのように解決されましたでしょうか?
いい方法はありましたでしょうか?

もしよろしければお聞かせ下さい。

はじめまして。
まったく同じ症状ですねー。
私は今のところ彦星さん同様毎回停止という手段をとっています。正直面倒ですが。

インストール前であればルーターの設定をした時点でネットに繋がるようになるので、そのまま設定CD-ROMをインストールしなければよいのかな?とも思いますが、その状態で利用して料金に影響が出ないのかちょっと心配なので。一度電話して、インストしなくてもよいのか確認してみたいところです。

別の日記で、プログラムファイル内のFLETSNetフォルダのフォルダ名を適当に変更すれば自動的に停止状態になるとも書いてありましたが、怖くて試してません。

ルーターにするのが一番の早道かも。
IPV6リゾルバって、様は「IP V6でインターネット上の住所
(TCP/IP)を常に検索する」もののようなので、その仕組み
から起動時常に負荷をかけまくりの気がします。
ルーターにして、フレッツの設定もルーターに覚え込ませて、
フレッツツールをアンインストールすればいいような気が。

フレッツツールに料金監視機能はないはずなので、インストール
しなくても大丈夫な筈。
ただ、「はず」なので確認してみてくださいm(_ _)m

ルーターには最初の設定で覚えこませてありますので繋いだだけでネットはできるようになってます。
ですからホントにフレッツツールはいらないんですよねー。フレッツスクエアとか利用してませんし。
ただこれ、一度インストールした後にアンインストールするとなぜかネットにも繋がらなくなるようです。面倒なしろものですね。
確認が取れたらインストール前までの手順からやり直そうと思っています。
ありがとうございました。

彦星です。返事をいただきありがとうございます。
この事で、NTTに問い合わせをしたら下記のような返事が来ました。


■IPv6リゾルバサービスの無効設定
====================================================================
1. 画面左下の「スタート」をクリックし「コントロールパネル」を
  クリックしてください。
2. 「パフォーマンスとメンテナンス」→「管理ツール」の順でクリック
  してください。
  ※クラシック表示の場合には「管理ツール」をダブルクリックして
   ください。
3. 「サービス」をダブルクリックしてください。
4. 「IPv6 Resolver Services」をダブルクリックし「停止」ボタンを
  クリックし停止が完了いたしましたら、スタートアップの種類を
  自動から「無効」に変更してください。
5. 「適用」→「OK」の順でクリックし、全ての画面を閉じてください。
6. パソコンを再起動してください。
====================================================================


これをすると起動時に停止をしなくてもハードディスクにアクセスしまくることがなくなりました。
夏師さんも、よければやってみてください。

ただ、「IPv6リゾルバサービス」自体いらないので、これを削除してもインターネットが見れるようになるのが一番なんですけどね。

さっそく実行してみました。
正直毎回停止措置は面倒に感じてましたのでとても助かります~♪
このブログには「IPv6リゾルバサービス」で検索してくる、おそらくは私たちと同じ症状で悩んでる方も訪ねてこられるので、彦星さんのこの書き込みはその方たちの助けにもなると思います。
ありがとうございました。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。