スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

自分の為でなく生きようと思った時…、僕も人の親になったんだと自覚したっけな…

マイガール 1 (BUNCH COMICS)マイガール 1 (BUNCH COMICS)
(2007/04/09)
佐原 ミズ

商品詳細を見る

「ほしのこえ」のコミカライズ以来、敬愛してやまない佐原ミズ先生のマンガ、『マイガール』がドラマ化しました。TV朝日系で金曜夜の放送です。既に第1話放送済み。

学生時代に恋した年上の女性。しかし彼女は主人公・正宗を残して一人アメリカへ留学してしまう。何度も手紙を送ったが返事はなく、6年の月日が過ぎた。
ある日突然彼にもたらされたのは、彼女の訃報と、忘れ形見・コハルの存在。その5歳の子供は、なんと正宗の娘だという   


マンガの実写ドラマ化というとまったくの別物になってしまうことが珍しくないので実は不安でしたが、おおむね原作に沿った展開でした。ほっ。
ただ気になったのが正宗くんの設定です。TV局のADか何かなのかな?
どうも見ている限り、「大人になれない少年の成長」をこの作品に加味しようとしている風に見受けられます。んー。だけどそれって『マイガール』の良さがぼやけないかなぁ?
原作の正宗くんはきちんと就職してるホワイトカラーの青年で、仕事は順調とは言えないながらも前向きにやってます。そういう意味で、彼は頼りないながらも既に社会人として一歩を踏み出している大人なんです。
だから、『マイガール』のストーリーは「大人になれない少年の成長」ではなく、「少年のような甘さを残した青年が父親になっていく話」だと、私は思っています。「大人になる」と「人の親になる」は似ているようで全く別のことです。
そのあたりは、個性を前面に押し出せるマンガと、明快さ・わかりやすさを考慮しなければならない実写ドラマとの、相違なのかな。
たぶんドラマの方は社会と家族、この両面からの成長を描こうとしてるんだと思います。そうでなければこの設定変更は意味がないし。
でも『マイガール』はあくまで家族に重点を置いたお話なんですよね。そこがちょっと心配。

あと、これは完璧個人的趣味から言うのですが、正宗くん役の相葉さん、とても優しそうな青年なのですが、残念なことに眼鏡が似合っていらっしゃらない。
眼鏡の似合わない正宗くん………っ!

とまあ気になる点はいくつかありますが、ドラマに期待しています。TVドラマ見るのなんて「白い春」以来だなぁ。
  拍手する
コメント

No title

ドラマ化されたのですね~。見たいような、怖いようなです(´・ω・`)。
私も原作は、愛してやまない一冊です。

No title

お、やはり読んでましたか。
ドラマはですね~、まだわかんないというのが正直な感想です。原作に愛着があるぶん、怖くもあります。
一応録画だけしておくのもいいかもしれません。評価がよさそうだったらあとで一気に見るとか。今夜第二話が放送されますよ~。
ブログ検索で感想見て回っていると、原作好きで見てる人は少数派かも。どちらかというと主演の俳優さんに萌えてる感想が多いです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。