スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

「玉座にいることに飽いた」という尚隆の言葉が正解だったのかな

yom yom (ヨムヨム) 2009年 10月号 [雑誌]yom yom (ヨムヨム) 2009年 10月号 [雑誌]
(2009/09/26)
不明

商品詳細を見る


十二国記の新作短編が出ていたのですね。
恥ずかしながら今頃知りました。
誰も教えてくれないんだから、もうっ! ←八つ当たり(笑

恐ろしく説得力のある話でした。
少なくとも瑛庚らの決断に対して、私は挟む口を持ち合わせません。
殺刑(死刑)を求める声も、殺刑を否定する声も、根源をたどれば、理屈を超えた反射から生まれるのではないか。ならばどれだけ話し合ったところで結論など出るものではありません。その重みは等しいのですから。
現在私たちの世界において死刑廃止論が優勢なのは、死刑を肯定するよりも否定するほうが理論武装しやすいから、それだけの理由なのかもしれませんね。

始まりは一人の囚人に下す刑罰でありながら、その問題が国家の今後の在り方にまで広がった。しかしその次元では結論が下せないと判断し、最後に一人の囚人の問題へと帰結する。
この話は十二国記でなくても可能だったのかもしれません。ですが、紛れもない小野不由美作品ではあったし、十二国記らしい話だったと感じました。
十二国記はファンタジーの舞台設定を借りて人の心の根源を炙り出す小説です。自らの行動を説明する理屈、そのさらに奥にあるものを抉り出して目をそらさず見つめ直し、その上で一歩を踏み出す。そういう物語を何度も繰り返してきました。今回の短編もそうでした。


Fate雑記さま、てきとうなものさま、佐天さんの捕捉ありがとうございました。
いきあたったらばったりさま、戦ヴァル記事の捕捉ありがとうございました。
  拍手する
コメント

No title

日曜日に本屋に行ってふと手に取ったら載ってて買いました。
いやー、完全にロストしてたので、嬉しかったですねー

No title

本屋に行くたび文庫の新刊コーナーはチェックするのですが、yomyomまで手に取りませんからねー。私は十二国記の同人サークルさんのブログで知りました。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。