スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

なんて、美しい恋物語。

花守の竜の叙情詩 (富士見ファンタジア文庫)花守の竜の叙情詩 (富士見ファンタジア文庫)
(2009/06/20)
淡路 帆希

商品詳細を見る

亡国の姫と敵国の第二王子。竜召還の贄とするため、王子は彼女を奴隷同然の姿で聖地まで連れ歩く。
高慢な世間知らずの姫と人間不信の王子は互いに憎悪と軽蔑を募らせていくが、一人の幼い奴隷少女が旅に加わったことで、二人は本来持ち合わせていた性質を取り戻していく   

アマポーラが己の所業を悔いる様は十二国記の祥瓊を思い出します。彼女は楽俊によって感謝の心を知るわけですが、アマポーラがエレンを守ることによって獲得したのは母性。そして人の摂理を知り、最後には兄王子が悔しさを滲ませるほどに王族の威厳を取り戻す。彼女は自分の世界が変わった日から、日々の思索だけでこの境地にたどり着いたのでしょうね。常に一日を振り返ること、目の前の人々や世界と自分との関係性に思いを馳せることがいかに大事か、彼女に教わりました。人々の怨嗟の上に生かされてきた彼女だからこそたどり着いた境地でしょう。
一方のテオバルトは、封じ込めていた人間性を取り戻したと言えますが、そんな彼を待っていたのは残酷なまでの逆転劇。ただ一人慈しんできた妹と、疎まれてきたはずの兄王子への見解が覆る様は気の毒というしかありません。彼はそのためにずっと苦しみ続けてきたのに。ロゼリーを神聖視してきた彼には耐え難い光景だったでしょうが、盲目的な愛はかつての自分自身の姿です。
兄王子との最初の約束、どこか小さな土地を与えてロゼリーと二人静かに暮らさせるという言葉を私は最初疑っていましたが、あれは案外本音だったのかもしれませんね。

最後にたどり着いた結末は悲恋でしたが、なんて胸に心地よい寂しさでしょう。強くなったアマポーラの生きる姿に勇気をもらいました。


物語の構造的には一時期ライトノベル読みの間で話題になった『とある飛空士への追憶』と似ています。それほどまでに王道。あの本が好きな方なら手にとって損はありません。人の醜さや美しさに焦点が当てられるので趣をやや異にしますが。
逆に悲恋ものダメな人には薦めません。
表紙に一目惚れしての買い物でしたが、心に残る一冊でした。


Fate雑記さま、イェーガーの捕捉ありがとうございました。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。