スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

茂木さんの愛称はモギーだったらしい。

青い花 1巻 (F×COMICS)青い花 1巻 (F×COMICS)
(2005/12/15)
志村 貴子

商品詳細を見る

アニメ終了以来、青い花禁断症状が出てこのままでは危ないと医者に言われたので買ってきました原作4巻まで。
あー………。
アニメはホントに原作を大事に作っていたんですねー。

とはいえ、全く同じでもありません。
ふみとあーちゃんにしても、原作のほうが微妙に人間くさかったりします。アニメの二人はわずかに残ってる毒っぽさも抜けてるというか。その点、声を担当した高部さんと儀武さんの演技を最大限活かしたつくりになってると言えるのかもしれません。

杉本先輩についてこれといった変更はないのですが、アニメは演出を活かして彼女の内面を見事に浮き彫りにしたんだなー、と感心させられました。マンガにはマンガの、アニメにはアニメの表現手段のアドバンテージがあって、アニメ青い花はそれを十分に発揮したのだと思います。
原作付アニメへの感想でたまに「原作と同じ展開だからつまらない」という意見を目にしますが、それはやはりアニメーションとしての利点を活かしきれてないからこそ出てくる感想なのではないでしょうか。全く同じ内容でも、演出等により原作とはまた違った魅力ある作品に仕上げることができますよね。それがアニメの力だと私は思います。

あと残念なことですが、アニメ二期はないだろなー、と確信してしまいました。
今回のアニメ化でコミックス現4巻のうち3巻まで消化している、という分量の問題もあるのですが、それ以上に、どうも二期があることを前提に作られていないようなのです。
アニメ「青い花」は原作を大事になぞりつつも、独自の解釈を付け加える方向で作られていますが、ただ二ヶ所だけ、意図的に大きく内容変更されている部分があります。そのどちらもが、続編を作るならやってはいけない種類の変更なのです。仮にこのまま二期を作るとしたらアニメオリジナルの展開が必要になるでしょう。
アニメを1クールでまとめるために必要な変更だったとは思います。でもホント残念だなぁ。
アニメ二期は無理でも、ドラマCDなどでまたふみちゃんあーちゃんに会わせていただきたいです。


下の二冊はサンクリの帰りにでも購入予定。

青い花公式読本 (Fx COMICS)青い花公式読本 (Fx COMICS)
(2009/09)
志村 貴子藤が谷女学院新聞部

商品詳細を見る


マンガ・エロティクス・エフvol.59マンガ・エロティクス・エフvol.59
(2009/09/04)
志村 貴子中村 明日美子

商品詳細を見る

テーマ : 青い花 - ジャンル : アニメ・コミック

  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。