スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

「絶望先生は人生の教科書だね!」と言ったら、「ダメ人間の教科書ですよ!」と怒られました。

大正野球娘。
20090901.jpg
袴姿はいいなぁ。小梅はセーラー服を着たがってますけど、こっちのほうが断然可愛いですよ。
荷物をちょこんと持ってる姿勢もいい。
でもあれ、中身は教科書とお弁当ですよね? 登下校の間ずっとあの持ち方で重くないのかな。

ずっと「好みの絵柄だなぁ」と思ってましたが、OPのクレジット見たらキャラ原案が小池定路先生でした。二冊目の同人誌で終末の過ごし方本を出した私としては嬉しい限りです。てかなぜ今まで気づかなかった。。

小梅役の伊藤かな恵さんのことはこのアニメで初めて知りましたが、この子犬みたいなヒロインにぴったりの声優さんですね。驚いた声や困ったときの演技がすごく可愛い。
EDの「ユメ・ミル・ココロ」も今期一、二を争うほど好きな曲です。

十番小町の回はかなりかわいそうでした。多感な少女にとっては立ち直れないほどのダメージだったかもしれませんが、小梅は強い子ですね。三郎の励まし方もいい。誠意にあふれてました。このカップルは素直に応援したいなぁ。


【懺・】さよなら絶望先生

ああ先生×可符香本が読みたい。切実に読みたい。コミケでちゃんと探せばよかった。でもあの日の東ホールに近づく気には到底なれなかった。
絶望先生って何気にハーレム状態ですよね。小森霧なんてほとんど内縁の妻。
でもあれだけ慕われておきながら一人も手を出していないところだけは、教師として信用できるなぁ。ホントにそこだけですが。
そして交くんが可愛すぎる。


化物語

するがモンキー完結。
人が後天的に身につけた理性や良識では、本心からの暗い望みを消し去ることはできないという話でした。
けれどそれは逆に、殺意ほどの憎しみを理性で制御できているということでもあります。
阿良々木を殺すか、己の腕を切り落とすかという二択を迫られたとき、神原は腕を捨てることを選びました。本当の願いがどうであろうと、これはこれでひとつの真実なのです。その点において神原が責められることは何一つない。
むしろ阿良々木くんの選択がおかしい。彼女の腕と自分の命を天秤にかけたうえで、自分の命を差し出して賭けに出るだなんて正気の沙汰ではない。ひたぎさんに一万回殺されたって文句言えないほどに愚かしい。
でもまさにひたぎさんは阿良々木くんのそんなところに惚れたのでした。

悪魔は去ったけど腕は戻らなかった。
何もかも解決するハッピーエンドを用意しないこの作品が私は好きです。
  拍手する
コメント

No title

どうもこんばんわ~
夏師さんの小梅の絵が凄く良いです。素朴な可愛らしさが強調されています。
>>このカップルは素直に応援したい~
・・・同意ですが実は巴も密かに応援してたり。アホの子も可愛いよ、アホの子(褒め言葉ですじょ)。
いや、シリアスな恋愛っつーよりもネタ的な意味ですが(辻打ちの時のような)。
にしても一見凛々しく中身はアホの子というのも珍しい気が。
長くなりましたがそれでは~

No title

袴姿の小梅の絵、可愛いです~
(私は何故かユニフォーム姿登場の回で陥落しましたが)
うちは関東の放送より遅れてるので十番小町の回は未見ですが、楽しみです。

No title

>89式さま
ありがとうございます。
巴はあれだけあからさまにもかかわらず、不思議と百合っぽさがありません。単に可愛いもの好きなのかな?
できればこのまま小梅に意識すらされずに空回りを続けて静をやきもきさせてほしいものです(笑

>むぎさん
小池先生を見習って柔らかくまとまりのある絵を目指してみましたが難しいものですね。
こちらこそむぎさんのたいやき。絵を堪能させてもらってます。あんな動きのある絵、一度描いてみたいものですが。
十番小町の回は勢いのある脚本で面白かったですよ~。どうかお楽しみに。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。