スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

春から夏へ

春アニメで視聴してたものは複数クールものが多いので、あまり春アニメ終わっちゃったぁという感触がありませんでした。
戦ヴァルもクロスゲームもハルヒもティアーズ・トゥ・ティアラもハヤテも続いてるし、夏目は再放送だったし。

「リストランテ・パラディーゾ」は一風変わったアニメでしたね。なんだかオムニバスというか、外伝ばかり集めた作品という印象がありました。いえ、ニコレッタを主人公とした本編はきちんとあったんですが、どちらかというと各キャラクターを取り上げたひとつひとつの話の方が見応えあったので。クラウディオの過去を取り上げた#8「昔日」とかルチアーノメイン回とか好きでした。

「けいおん!」は最終回で好きになったという予想外の作品です。そのうち全部見返してみたいなぁ。あと、同人的視点で見れば、これってものすごく描きやすい作品なんじゃないかと思いました。補完のし甲斐があるといいますか。

で、夏のアニメも続々始まっていますね。

「うみねこのなく頃に」「大正野球娘。」「CANAAN」は一話を見た限りでは面白そう。ですが、続きを見てみないとなんとも。

「懺・さよなら絶望先生」はこれが3期なのですよね。初めて見ましたがこういう作品だったのですか。特に1~2期見てなくても支障なさそうですし、好きな声優さんも多いし、これはいいかも。キャラクターが多いので把握できるまでに時間かかりそうですが。
………あの、木村さんの音痴と画力はどこまでがキャラ設定なんでしょうか?

「うみものがたり」は佐藤監督作品ということで期待大でしたが、………2話の展開はちょっと恥ずかしかったかも。私、変身ものって耐性ないんですよねー。沖縄のイントネーションを取り入れているのは興味深いです。

「化物語」はさすがシャフトだけあって場面ひとつひとつが印象的なつくりですね。でも好き嫌いわかれそう。
主人公にとっては第一話が始まりというわけではなく、既に歴史が存在してるようです。超常現象に耐性があり、自身も人外になった経験があるとか。そのあたりもいずれ明らかになるのかな?
登場人物同士の掛け合いがおもしろく、楽しみな作品です。

で、「青い花」ですが、これは今期最高の注目作かも!
花畑で二人手を取ってくるくる踊るOPも、淡い絵柄も、水彩風の背景も、ふみの中の人の声優っぽくない演技も、あーちゃんの奔放なところも、ラストの「その一言は、十年の月日を軽く飛び越えた」から繋がるCeuiさんのEDまで、全部好き!
従姉の千津ちゃんとふみの関係が気になりますねー。アニメを見た限りでは、ふみが千津に恋心を寄せていて、千津はそれに気づいてはいたものの応えられず、今度結婚ということになって「…ごめんね」という展開かと思っていたのですが、公式サイトを見に行くと「恋人だった従姉が」とあるんですよね。………ふむ。

あと、まだ始まってませんが、「狼と香辛料II」「東京マグニチュード8.0」を視聴予定です。狼と香辛料は原作好きなので楽しみにしていたのですが、製作会社が変わってしまったようで、そこが残念です。1期の絵柄も音楽も好きだったもので。

「かなめも」は「TtT」と、「GA」は「青い花」と放送時間がかぶったため断念。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。