スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

未読の方は要回避な夏目最新刊感想

夏目友人帳 8 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 8 (花とゆめCOMICS)
(2009/07/03)
緑川 ゆき

商品詳細を見る

表紙にもある通り田沼、そして多軌の活躍する第八巻でした。
今巻では妖よりも夏目と周囲の人々とのかかわりにスポットが当てられています。夏目がその能力と生い立ちのために人と距離を置きがちなのは今までにも繰り返し語られてきたことですが、ようやく夏目のほうに、その距離を考え直す準備ができたというところでしょうか。
そのあたりについては私がここであれこれ語るよりも、コミックスに収録されている緑川先生のあとがきや1/4スペースに的確な解説がありますのでどうぞ。

【第二十七話 夏目、文化祭に参加する】

アニメでは既に対面を果たした田沼と多軌ですが、原作でもようやく!
お見合い仲人な夏目のせいで赤面する二人が気の毒やらおかしいやら(笑
田沼と多軌は思った以上にいいコンビになりそう。妖を感じられる田沼、妖との接し方を知る多軌。二人して夏目を心配し通しです。お互い夏目が大好きですものね。
この話では北本西村との友情もクローズアップされてました。ホントいい友達に恵まれましたよねー。緑川先生曰く、北本にはかわいい妹が、西村には仲の悪い兄がいるイメージだそうですが、すっごく納得しました。
多軌は呪縛から解き放たれたとはいえ元々文系少女だったようです。しかし前向きな開き直りが夏目にはない強さを感じさせますね。
夏目は一気に萌えキャラ度がUP。エプロン姿とか、「ああいうのは…、後ろ押さえてくれる人がいないと乗れないだろう?」発言とか。
そんなこと言われたら乗れるようになるまで手伝うしかないでしょう!
漢としてっ!

ああそうか……。自転車買ってもらったことなんてないよね、夏目………(泣
そして男装多軌!!
夏コミ前でブログ用のイラスト描けないのが悔しいっ!

【第二十八・二十九話 映すもの】

夏目は相変わらずの遠慮しぃなのですが、田沼も田沼で背負ってしまいがちな似たもの同士ですね。大切な友人だからこそ迷惑をかけたくない、という言い分はわかりますが、大切な友人だからこそ正直に接することも必要なのです。今回の事件で互いの距離の測り方がつかめたかな?
緑川先生の「同じ妖を知る仲間なのですが、名取さんといると前に進みたくなるような、田沼やタキといると帰りたくなるような」という表現には納得させられました。

そして最後の、
「…でも、…別に…苦労ばかりだけじゃないんだ。そうだっただろう?」
   ああ…。そうだったよ」

というセリフからは、夏目がこれまでに妖との間に築いてきた友誼がちゃんとうかがえて嬉しかったり。

【第三十・三十一話 帰る場所】

かつて三篠から受けた忠告。
「妖に弱さを見せてはならない。寂しさを妖で埋めておいでか」
その行為の代償を、夏目は既に知っていたのですね。
けれどあの一つ目の妖。最後は夏目を傷つけんとしていましたが、何度読み返しても「可愛さあまって憎さ百倍」にしか見えません。歪んだ執着というか。

藤原夫妻との出会いも描かれましたが、
「…本当に人なのかな。おれにしか見えてないんじゃないかな」
という夏目の呟きには涙を誘われました。公園のお姉さんの例もありますものね。そんなふうに考えずにいられないところが不憫でなりません。
そんな彼の生い立ちを知っているからこそ、夫妻が本当に挨拶に訪れたと知ったとき、「うちに来なさい。」と言われたときの夏目の喜びがダイレクトに胸に響きます。

【特別編8 ちょび徒然帳】

気弱な妖とちょびとのやりとりがおかしくてしかたありません(笑
てかちょび、その先生の似顔絵、どう見ても豚でしょうっ!
しかしそんな話も最後はしんみりしてしまうところが夏目友人帳。

全体を通してやや影の薄かったニャンコ先生ですが締めるところは締めてましたね。いい仕事してるといいますか。そんな先生のファンブックも発売されたようです。

ニャンコ先生友人帳夏目友人帳公式ニャンブック (花とゆめCOMICSスペシャル)ニャンコ先生友人帳夏目友人帳公式ニャンブック (花とゆめCOMICSスペシャル)
(2009/07/03)
緑川 ゆき

商品詳細を見る

テーマ : ★夏目友人帳★ - ジャンル : アニメ・コミック

  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。