スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

戦場のヴァルキュリア 第8話 紐解かれる歴史

ラマールは前回の件で反省したと思ったら、ますます悪化してましたね(笑
意味のない突っかかり方するわ、やつ当たるわ、自分の痛みだけ主張するわ。。
後々、この日の自分の言動を思い出して恥ずかしさに悶絶するといいですよ。

マクシミリアンの目的は、古のヴァルキュリア人が残した碑文にあったようです。再び世界を統べるための理とは何でしょう? ヴァルキュリア人が衰退したこととも関係あるのかな? 物語の根幹に関わってきそうな予感がします。

アリシアは敵意満々でしたが無理もありませんね。相手はガリア侵攻の総司令官。アリシアの故郷を奪った張本人です。その相手から、いまだガリアの領土である地で我が物顔に立ち去れなんて言われたらそれは腹も立つことでしょう。
ですが相手の気持ちにいちいち斟酌していたら侵略軍司令官など務まりません。アリシアの警告を虫のごとく完璧に無視したうえ、相手が残っていようが構わず遺跡を破壊するのでした。その秘密を己一人のものとするために。

崩れ落ちた遺跡に閉じ込められたアリシアとファルディオ。アリシアはもうちょっと不安がってもいいはずなのに、それどころか、落ち込むファルディオを元気づける大物っぷり。このあたり、取り乱して他者を責めるだけのラマールとはいい対比ですね。あの場面で笑える女の子とか、私がファルディオだったら惚れますよ。
ウェルキンへの信頼もずいぶん育ってました。理屈抜きに相手を信じられるというのは相当に強い絆の証です。

そのウェルキンですが、アリシアを女性として意識した初めてのシーンだったかも?
アリシアの存在を重んじ、大切に思っているのは今までにも感じられましたが、この変化は気になるところです。てか遅いよ。もう8話だよっ。ひょっとしてこのアニメって2クール?

次回は帝国側のお話みたいです。ラストでイェーガーが帝国中央の動きを気にしていましたから、そのあたりかな?
「準」皇太子というのも微妙な立場なのかも。有能であればなおさらのこと。


Fate雑記さま、七咲の捕捉ありがとうございました。

テーマ : 戦場のヴァルキュリア - ジャンル : アニメ・コミック

  拍手する
コメント

はじめまして。こんばんは
DVDが全9巻らしいので、2クールだと思いますよ。

No title

はじめまして。ようこそお越しくださいました。
あー、なるほど。そこから逆算できるんですね。
今期の新アニメの中では一番気に入ってますので、2クールなのは嬉しい限りです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。