スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

INFOMATION

こちらは夏師の個人サイトです。
二次創作イラストも取り扱っていますので、苦手な方はブラウザのBackでお戻りください。
作者様、出版社様等とは一切関係ありません。イラストの無断転載や複写等は禁止しております。

20130808b.jpg


▼ブログ拍手のお返事はこちらから (6/25更新)
20150625
>炎の言霊
お返事遅くなってすみません。プログ放置が過ぎました。
ユーフォの笙子さんは京アニにマリみてスキーのスタッフさんがいるのだと信じています。

20150118
>なかさわけいさま
一航戦の装着バンクは第一回きりでしたね。
力の入ってるシーンなのでまた見たいものですが。

20140420

>よしゅあさま
観て思ったことをまとめるためもあってつけてるブログですが、共感してもらえるところがあったなら幸いです。

>お久しぶりです。そういう理由で更新が途絶えていたのですね。夏師さまの感
>想は丁寧で好みですので、これからもちょくちょく拝見させていただきます。

FC2だけでなく、ログインが必要なサイトのいくつかも入れなくなってしまって。
4ヶ月も放置したサイトを見捨てないで下さることに感謝です。

20131120

>炎の言霊さま
全然ありがちじゃないです。。

20131109

>炎の言霊さま
きららのGAの制服ってそんな魅力的でしたっけ………?

20131030

>なかさわけいさま
ルーシーのアホ毛は大活躍でしたね。
高津せんせいのサイトのらくがきでは部長を刺したりしてます。

20130913

>南山人さま
特別編は観たことありません。
DVDがあればそのうち。

>炎の言霊さま
どうしても禁書が軸になってしまいますからね。

20130723

>なかさわけいさま
なるほど。
斑目人気の秘訣はそこに………。

20130715

>炎の言霊さま
そのとおりです。

>なかさわけいさま
佐藤さんの咲さん、さっぱりと姉御然としたところがでていてぴったりでした。
よく見るとルーシーのアホ毛もかなり動いてたんですね。

20130708

>なかさわけいさま
ミカサの重い愛をずっと楽しみたいところですが、進撃する巨人がなかなかそれを許してくれません。
二次で楽しむといたしましょう。

>若也さま
芦屋はどうにも不憫な役回りでしたね。彼はずっとあんな感じじゃないかと心配になります。
オルバが飲んでいたドリンクは、たぶんエミリアのバッグに入っていた聖法気ドリンクですね。エメラダから送ってもらったものです。それをオルバが横取りしたってことです。
葉山くんはヒッキーと対をなす表側の人間なのに、ちゃんとヒッキーのやってることを理解してくれてるのが救いですね。

20130630

>なかさわけいさま
結局、兄妹に戻った二人がどうなったのか、最後の短いシーンだけでは正確に読み取れないため、また、兄妹に戻ったことを黒猫や沙織に報告するシーンがないため、いかようにも想像できてしまうエンディングでした。
むしろそう作ってくれたことが救いなのかもしれません。
たしかに、最後のほうの麻奈実像まで当初からの構想どおりなのだとしたら恐るべき作者さまだというほかありません。

>若也さま
エミリアはちょっと胸のサイズを気にしすぎだと思います(笑
雪乃の家は母親が絶対権力を握っていて、娘たちは母親に評価される対象なのだと思います。当人にその気があるかないかはさておき、雪乃んはそう感じてるんじゃないでしょうか。そんな家ならば、優秀すぎる姉をつい手本としてしまうのもうなずけるのですが。

20130524

>なかさわけいさま
見た目はただのヤンキーなんですけどね。
コンビニの深夜バイトにしておくには惜しい人材です。

20130511

>なかさわけいさま
そうですね。新しく登場した教会の刺客も、たぶんあのままこちらに馴染んでしまうのじゃないかと思います。声が伊藤かな恵さんですし。きっとドジっ子に違いありません。

>若也さま
最新話を見る限り、勇者には帰還の目処も補充の術もあるようですね。たぶんエメラダたちがなんとかしてくれるのでしょうけれど。
魔王さまは信長よりも柔軟ですし、裏切り者を許す度量もありますから大丈夫でしょう。

20130503

>若也さま
魔王さまもフォトカノもツッコミどころ満載で飽きませんね(笑

20130417

>若也さま
もちろんもち蔵がなぜあんな言い方しかできなかったのかはわかりますが、わかるからこそ情けないといいますか。どうしてそこでたまこの味方になってあげられないのかと。
小鷹が情けないのはデフォというか、それこそがテーマの一部ですからね。ここから理科の助力を得ての巻き返しに期待したいところです。

20130323

>炎の言霊さま
漫画原作も手がけておいでなのですか。
他に著作があるとは聞いてましたが、それは初耳でした。

20130315

>第三者から見れば淡は逆転二位抜けですが、本人にとっては手痛い敗北の経験であるという構図も面白いです。
二重にショックだったことでしょうね。
このあたりは麻雀をわかってるとさらに面白いです。
もちろん、点数だけでなく支配を完全に覆されたことが一番ショックではあるのでしょうけれど。

>なかさわけいさま
ああ……たまこの結婚は跡継ぎ問題もあって難航しそうですね。
あんこは跡を継がなさそうだからなおさら。

20130301

>水城さま
悪の教典のほうもそのうち観るか読むかしたいですね。

20130213

>なかさわけいさま
たまこ狙いにしてももち蔵狙いにしても切ない結果になりそうですね。
でも、もち蔵もけっこうチョロそうだからみどり-もち蔵の共犯者的な組み合わせもなかなかよさそうな気がします。

20130123

>なかさわけいさま
この平成にあんな商店街が実在するんだろうかというくらいアットホームな雰囲気がよいですね。
みどりちゃんについてはあのはっきりさせない匙加減が絶妙でした。あれくらいが好みです!

>炎の言霊さま
そういうプログパーツありますね。twitterでは雑多なつぶやきしかしてないので、特に貼り付けは考えてません。主にお知り合いの作家さんとの交流目的でつくったアカウントですし。

20130119

>炎の言霊さま
生きてます(笑

20121226

>なかさわけいさま
キリトが直葉の心を十分に察してやれず、ただ彼女を立ち止まらせない引力として存在している風でしたね。あれでは直葉も心の置き所に困ったままでしょう。問題先送りというか。
アニメも終わったことですし、私はそろそろ原作に手をつけてみようかと思います。

>炎の言霊さま
ゲームごとに違う要素で楽しんでいるものに何か共通項を与えなければいけませんからね。しかしそうなるとゲームごとの個性が失われるというジレンマ。

20121204

>なかさわけいさま
できれば直葉には痛手を負う前にキリトの正体に気づいてほしいと思っていましたが、いざその場面になってみると、私が見たかったのはこれだったんだなぁと思い知らされました。それくらいよく出来たシーンでした。
で、なかさわさんはS、と。

20121119

>なかさわけいさま
はい、茉莉香はこの拍手用に描いていたのでした。
シャルには長く務めてもらったのでこのへんで引退です。
>キリトもアスナ一筋と思いつつも、胸の圧力?には負けそうなところがなんだか彼らしい。
キリトさんもやはり男の子ということでしょうか。
フェアリィ・ダンス編はなんというか、爽快感がありますね。
デスゲームから解き放たれたからでしょうか。

>ほしかぜさま
プレイヤーは基本楽しむためにそこに居ますからね。
あの反応ひとつとっても、SAOとの違いを感じます。
キリトさんがハッタリで死地を乗り切るのは圏内事件でもありましたが、
あれは本当でもおかしくないハッタリだからであって、
今回のように明らかに嘘っぽいハッタリに相手が納得づくで騙されてくれるのは
やはりただのMMOだからでしょうね。

20121109

>なかさわけいさま
レコンくんはとにかくリーファちゃん好き好きオーラがあからさますぎてちょっと応援したくなります(笑
シグルドと須郷さんはキリトにやられちゃうんでしょうね。どちらも小者臭がひどいけど、須郷さんはラスボスポジションにいるんですから、もうちょっと用心深くていいと思うんですけど。

20121105

>炎の言霊さま
まんがタイム系で最後まで単行本を出せたのですから安定した支持があったんでしょうね。
2巻が出ない作品もままありますから。
兼業での連載は厳しいかもしれませんが、また新作を期待したいところです。プラナに登場する可愛い女の子たちや愉快な仲間たちは、私にとっても長くキャラットを買い続ける理由のひとつでありました。

20121020

>SAOが映像化されるなら、 同じ電撃文庫のクリスクロスをやってくれてもいいじゃない!? とか思っている私は年寄りですかねえ・・・。
クリスクロスは存じませんが、94年の刊行となると、18年前ですかぁ。

20121015

>なかさわけいさま
なるほど、セーラ×憧ではなくセーラー憧ですか(笑
阿知賀の制服はブレザーですものね。憧にはよく似合ってますけど、千里山や風越のセーラー服を着たところも見てみたいです。

20121005

>立花唱基さま
ありがとうございます。
最近はめっきり描いてなくて心苦しいですが。

20120926

>なかさわけいさま
そんな誠は見たくありません!(笑
人退のあれは、妖精さんがそんなたいしたことしてないよみたいな顔でいるのが涙腺にきました。その行いにあの頃のわたしちゃんがどれほど救われたか。

20120915

>なかさわけいさま
>最後は怪しげなメキシカン3人組が、学校の権利買い取って
それいいですね(笑
そうなってくれないだろうかとかなり本気で思います。
来夏たちが残り半年をプレハブで過ごすなんて気の毒すぎて。
まして今の一年生なんて2年半ですよ……。
>来夏にスポットあててストーリー展開させるとまんまいろはに
まあ来夏は正しく緒花の系統ですよね。
TARITARIは誰が主人公ということもなく、三人娘がうまくバランスとって展開したお話でした。

20120830

>なかさわけいさま
照ねーちゃんは一期DVD8巻のあの凶悪面が目に焼き付いちゃってますから、どうしても悪役を想像しがちでした。
宥おねーちゃんの活躍は………単行本3巻が出たばかりですからね。読めるのはいつになることか………。とにかく格好よかったですよー。

20120816

>なかさわけいさま
映画の姫子で印象深いのは、和と二人で唯たちのライブを後ろから見てる場面でした。信代たちと一緒にはしゃぐかなと思ったのですが、なんだかすごく大人でしたね。本当に何かあったのかもしれません。
TARITARIの和奏父の愛には頭が下がります。舌打ちはちょっといただけませんが、それ以外は本当に理想の父親といっていいかと。

20120725

>炎の言霊さま
長瀬先生の同人誌が読みたいです。

>星風さま
両方ネットゲームが題材ですが、切り口の違う作品でどちらも見応えあります。

20120719

>なかさわけいさま
>回答者の清水さんが寿さんだったら最高でしてした。
まさに黒髪のムギでしたね。
>えるちゃん写真集添付すれば氷菓完売すると思うのですが。
その商法、最近「ハヤテのごとく」で見たことあります。。
>『夕べは骸に』一瞬キュアビューティさんの薄い本かと思いました。
それだとR-18表示が必要な気が。

20120711

>辻尾さま
ありがとうございます。知人にもってる方がいないのでとても参考になりました。
やっぱりレンズの色の影響はあるのですね。ネットするだけならよさそうです。

>若也さま
クリスティアと鉄の髭の銀河帝国における立場については最後まで説明のないままでしたね。原作を読めばわかるのかもしれませんが。
咲はいざ終わってみれば、存在感のないことにもちゃんと意味があったりと、よく練られたシナリオでした。

20120704

>若也さま
アクエリオンは前作を知らないのであのあたりのエピソードはいまいち入り込めなかったですね。
ケインの入れ替わりは、二人の目から茉莉香という人物を確かめたかったんじゃないでしょうか。直に接してみないと見えないものもありますからね。結果合格点をもらえたようですよ。
咲の逡巡は宮永家の事情を知らないとなんとも。風の噂では原作でちょっとでてきたみたいですが。

>フェレンギ商人さま
にゃんこ先生はデザイン的にとても優秀なんですよね。色合いとかフォルムとか。

>なかさわけいさま
見事に予想通り999なオチでしたね(笑
どうして彼が弁天丸を捨てたのか(茉莉香に託したのか)が気になるところですが、そのあたりを劇場版まで待つか、それとも原作を読んでしまうべきか迷うところです。

20120629

>炎の言霊さま
原作はお薦めですよ~。

>なかさわけいさま
ホント、序盤は特に駆け足だったのでもう少し余裕が欲しかった気もします。2クールぐらいでじっくり観たかった。。
入江紀子さんですかぁ。昔に『のら』という作品を読んだ記憶があります。
『めとろガール』も探してみますね。

20120622

>若也さま
次回あたりでそろそろ謎解きしてくれることを期待しましょう。でもホント、本物のルカはどこにいるんでしょうね? ひどい目に遭ってないといいですけど。
>なんかこのままいくと、麻雀を飛び越した超能力合戦になっていくような気が…。
もう一期からそうだったじゃないですか(笑

20120620

>なかさわけいさま
>QBのようにたくさんのケインさんがいて
そんなに要りませんからっ。二人か三人でいいですよ!
>茉莉香のことを想うだけでこんな気持ちになるなんて・・・ハッ!・・・まさか・・・・そんな・・・そんな訳ない、あたしに限って・・・・そんなぁ!
予告を見返すと本当にそんなセリフっぽくて来週が楽しみです(笑
なかさわさんのおかげで最近あのメンバーを超電磁砲に重ねるようになってしまいました。頑張れ佐天さん!

20120618

>若也さま
ケインの目的は知れませんが、茉莉香の味方であることを疑うべきではないような気がしますね。
しかし今週は意外な展開でした。

20120606

>悠月堂さま
調べてみたら、OPのユニットはほぼ千里山のメンバーで結成されているんですね。
声優さんというと声以外では舞台やキャラソンというイメージがありますが、今は多方面で活躍されるようになりましたねー。

>なかさわけいさま
>アイちゃんが朝目覚めたら帽子が自力で枕元に戻ってきていたとか。
こわいこわいこわい!

咲のEDはどちらも好きですが、「Futuristic Player」は「これから」を感じさせてくれる曲で、聴いててわくわくしますね。

>氷菓。毎回妄想シーン欲しいです
温泉シーンで味を占めちゃって!

20120605

>つきのわぐまさま
かのんは本来なら月夜たちと同じグループに入るはずなんですが、フィオーレの刺殺とアクアラングでの邂逅で一気に特別ヒロインに躍り出てしまいましたね。ほとんど寝たきりだったわりに事情通なのはアポロのおかげでしょうけれど、なにもかもわかったうえであの微笑みを浮かべられると、なんだか敵わないなぁという気がします。

ちひろはある意味最強のポジションにありますが、今度は一転して桂馬の罪悪感がその障害になりそうです。それを雪ぐだけのイベントがないと、桂馬からは動けず、ちひろには距離をとられっ放しになるんじゃないでしょうか。心配です。

>炎の言霊さま
そこは新章見ないとなんとも、ですね。
個人的希望としては、事情をわかったうえで桂馬or歩美のサポートに当面当たりつつも、なんらかのきっかけによって恋心が再燃、というのが面白そうなんですが。

20120531

>若也さま
ニコの真意は来週明かされると思います。
というか、彼女をニコと呼ぶからには原作をお読みでは?

委員長の空回りっぷりははた迷惑なだけでしたけど、不思議と憎めない人でした。

20120529

>炎の言霊さま
かもしれない、じゃなくて文句なしにいい女ですよ!(力説

>なかさわけいさま
シミュレーションは普段の練習用で、実際のディンギーの操縦くらいしてるだろうと思ってたんですけどね。というか、みんな実際に乗ってみたいと今まで思わなかったんでしょうか。。それだけシミュレーションが良くできてるっていうことなのかな。

咲はたしかに駆け足でしたねー。特に副将戦・大将戦の駆け足具合ときたら。。
千里山とはすぐ再戦ですから、そこでじっくり見せてほしいものです。

20120523

>若也さま
まあシュニッツァーがあれだけしつこく確認とるくらいですからホントはいけないんでしょうね。
そこを通してしまうのは彼らが海賊ゆえでしょうか。
ヒルデの所業にかんしてはグリューエルも認めていたのでどっちもどっちかと(笑

20120520

>炎の言霊さま
あまりに初期設定すぎてみんな忘れてますよね(笑

20120518

>なかさわけいさま
普段とは全く症状の違う風邪で、一時はマイコプラズマなんとかを疑いました。
リンは登場時よりも明らかに巻き舌になってますよね(笑
高校のヨット部としては別次元の経験をしてきているので、学内で既にアウトロー集団とみなされてるヨット部がますます畏怖の対象になるのではと心配です(笑

>若也さま
ここは茉莉香が船長として牽引力を発揮したからだと捉えましょう。
弁天丸は普段誰もいなくなるなんてことがないので今回が異常事態なのです。
おそらくは航路から大きく外れた宙域に泊めてあったのでしょうけれど。

20120516

>炎の言霊さま
えっちくないですよ!
触ってません!

20120504

>なかさわけいさま
触ってません! ギリギリ触ってませんよ!

20120427

>なかさわけいさま
黄金の幽霊船編とはまた違って、今回は茉莉香があの中で一番の経験者になるんですよね。不慣れなクルーを指揮してなだめて牽引して、といつもの弁天丸クルーでは決してできない貴重な経験だったと思います。見ていて楽しいだけではなく、ちゃんと茉莉香の成長に繋がってるところがシナリオのうまいところだと思いました。

20120425

>炎の言霊さま
もうちひろは1ヒロインの枠を越えて桂馬と関わっちゃってますよね。神のみという作品内で桂馬が誰か一人とエンディングを迎えることがあるとは思えませんが、もしあるとしたらちひろはその強力な候補になりそうです。

20120417

>なかさわけいさま
なんですって!
小林丸についてはなかさわさんと一度話し合う必要がありそうですね!(笑

>北海道人さま
あー………。
なるほどそういうことでしたか。
アニメ内でもそのうち説明があるんでしょうね。

20120416

>なかさわけいさま
梨理香さんのエプロンは気づきませんでした。
でもなぜだろう。あまり萌えない。。

20120413

>なかさわけいさま
この二つの世界は茉莉香を境界線にして交わらないと思ってたんですよね。まさかこんな活躍の場を用意するとは!
最近はずっとプロの頼もしい仕事ばかり見てきましたからね。ここらでヨット部の危なっかしさを披露して私たちを楽しませてくれると信じています。次回予告を見てると弁天丸クルーの心配顔が一番笑えそう。

>更新期限の深刻さはアニメではちょっと省かれてますか
およ、原作では間に合わないのは確定事項なんでしょうか。てっきり茉莉香の先走りかと思ったのですが、そうでもないのですね。ちょっと安心しました。

グリュの護衛の方々は大変でしょうね……。「SP」っていうドラマ見たことあるんですけど、あの手間暇考えるとグリュの護衛は並大抵の苦労じゃなさそうです。

20120405

>若也さま
おでんに関しては、原作一巻を読んでる人にはくすりと笑えます。
おでんに限らず、日本的な文化があちこちに見られますね。
夏待ちのラストは細かい演出でした。一瞬「あれ?」となって、その後「そういうことか」と得心させるなんて。

>なかさわけいさま
グリューエルの功績が大きいだけに、本人の希望とは裏腹に存在感が大きくなってしまったのではと心配していましたが、大勢としては統一議会に権力を移す方向で動いているのですから心配しすぎかもしれませんね。
彼女はカリオストロのクラリスと違って、もっと自由な人生を茉莉香と歩めるといいです。

20120403

>炎の言霊さま
夢独特の雰囲気がありますよね。

>なかさわけいさま
ルパン!
ああそうまさにそんな感じでした。
やるべきことを終えたら颯爽と去っていくところが。
結局呼び戻されちゃいましたけどね(笑

>南山人さま
そういった楽しいことを積み上げてこそ、シリアスも映えますからね。
視聴者を楽しませることを徹底してたのがまさにあずささんの花嫁回だったと思います。
エンターテイメントしながらツッコミどころ満載だったり。

20120331

>若也さま
ややすっきりしない最終回だったと感じられる方も多いかもしれません。
目に見えるようなカタルシスはありませんが、ここで大切なのは夏目の心のありようなので、過去にまつわる人々の変化というのはそれほど必要ではないと私は考えます。
原作はまだまだ続いていますから、数年後に五期を期待したいですね。

>南山人さま
ちはや回は盛り上がったし、力も入ってましたね。
あのあたりから作品の雰囲気も変わったように感じました。

20120326

>若也さま
ムシクイの影響についてはあくまで可能性ですので、話半分に聞いておいてください(笑

20120321

>なかさわけいさま
それぞれにクセのあるクルーですから、これを束ねていくのも船長の器量というものでしょうね。軍隊と違って、階級や地位では彼らはついてきてくれません。自分たちの船長にふさわしいと思ってくれなければ。
>タイトル一瞬ほのかに漂う百眼の気配と読んでしまいました
えええ(笑

>若也さま
少年漫画ならばきっと言い返してねーちゃんを殴り倒していたでしょうね。
物語シリーズの解決編はいつもこう肩透かしというか、すっきりしないオチが多い気がします。また現実とはそういうものじゃないか、なんて。

20120317

>なかさわけいさま
茉莉香はホントに努力の人ですよね。私もあの布団の中でのシーンは感心しました。才能とひらめきだけで世の中を渡っていく天才タイプよりずっと好きになれます。

>若也さま
檸檬でさえやりすぎな感がありますからね。そこまでのリンクはさすがにしなかったようですね(笑
しかし先生が先輩になってお母さんがお姉さんになっただけとは。。
美桜は神出鬼没というよりストーカーじみているような。


これ以前の過去ログはこちら
  拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。