スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

続 夏目友人帳 第十一話 「呪術師の会」

20090317.jpg
夏目の入浴を覗いたのと、夏目を剥こうとしたのと(笑

原作読んだときにも思ったのですが、柊が思ったより武闘派だったことにびっくり。
元山守ですからね。不思議はないのかもしれませんが。
会合に出る夏目を心配して魔除け文字を与えたり、お礼を言われて無言だったりと、なかなかに可愛い一面を見せてくれます。柊の一番はもちろん名取なのでしょうけど、夏目のことも気にかけてくれているようです。

今回は話をまとめるためか、改変が加えられてましたね。
烏(カラス)の妖は原作だと夏目宅に逃げ込んだ末に片翼を食われてしまうのですが、夏目の力を察して助けを求めるという具合になってました。ひょっとしたらあの烏は傷が癒えてからも、ずっと恩を感じて夏目を見守ってるんじゃないかと想像を膨らませていたのですが、アニメの展開だとその可能性はなさそうですね。

七瀬の声は土井美加さんでした。「蟲師」でナレーションをやってらした方ですね。
七瀬はもっと飄々とした声を想像してたので(ヒッヒッヒなんて笑い声の似合いそうな)、貫禄ある声にびっくりしました(笑
夏目との初対面、原作だとレイコと夏目を気遣う風な態度で夏目がほだされたイメージが強かったのですが、アニメの演出だと冷静さが目立ちましたね。

的場が「面白いものを見た」と言って帰ってしまった、の場面で七瀬がニャンコ先生を見てましたね。
原作だとてっきり夏目のことを言ってるのかと思いましたが、確かにあの場で一番異様なのはニャンコ先生でしょうね。

この作品で強さを語るのは野暮な気もしますが、名取の力はさほど強くないようです。ただ受け継がれてきた術と知識があるから渡り合ってこられるのでしょう。むしろ人が妖と渡り合うためには当然のことです。名取の式たちも案外、「コイツには私たちがついててやらないと」なんて保護欲や義務感から式になっているのかもしれませんね。それも人徳です。
会合に来ていた人々の反応と比べる限り、妖祓いとしてはかなり有能なのでしょう。七瀬の口ぶりから察するに、「使える人間」と評価されているようです。

俺にも何かできることを探したい、と会合に参加する夏目ですが、名取の心配する通り、少し気負いすぎな気はしますね。幼い頃から「いらない子」「お荷物」扱いされてきた夏目だから、自分の存在価値を求めるのは無理もありませんが。
しかし、人との付き合いは厄介です。妖のほうが要求がストレートなぶん、よほど付き合いやすいといえるでしょう。
そういう意味で七瀬との邂逅は夏目にとって幸運でした。人に簡単に心を許してはならないと夏目も思い知ったことでしょう。生来の力が強く、妖を従える友人帳をもつ夏目の価値は計り知れません。

あと、夏目は「守らなければ。ここにいる、同じ痛みを知る人たちを」と言ってましたが、このような会合にこられるような環境にある人々と、一人も縁者がなく周囲の無理解に晒されてきた夏目が同じとは到底思えません。

レイコさんの力は人にも妖にも長く語り継がれてるようですね。
20090316.jpg
鳥の妖の想像をレイコさんに変換してみました。うむ。まったく違和感なし。
夏目も、自分であることは否定しても、イメージそのものには異を唱えませんでしたしね。
(※原作七巻での話なのでアニメ派の方にはすみません)


▼Web拍手お返事
>3/16 01:04の方
ありがとうございます。
夏目はこれからも続けていきたいところですが、S.C.Cityに申し込んでないのがつくづく悔やまれます。

>Tさま
先日は東方醜聞さまの新刊とアンソロを代わりに買ってきていただきありがとうございました。一人参加なのでとても助かりました。多軌とニャンコ先生はわりと上手く描けたと思います。
Cityには上手い方が多く、自分の未熟さを思い知ったので、「マンガを描く」ということにもっと真剣にならなきゃなー、と思った次第です。
  拍手する
コメント

No title

今日はようやく中古で4巻が買えました。4巻にはアニメ化された話が多いですね。あと子狐の話は良かったです。あとマリみてアニメ4thのEDテーマ「くもりガラスの向こう」のCDが買えました。
ジャケットが瞳子ちゃんだったので。でも曲そのものも良かったと思います。完全に歌詞が祐巳の心情だったのですが。さすがに今野先生が作詞をしたからですね。

No title

子狐は根強い人気をもつキャラです。
くもりガラス~はフルで聞いたことありませんね。
そのうち買いにいこうと思っているのですが、なかなか秋葉原まで出かける機会がなくて。。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。