スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

両親にはもっと期待してたのになー。。

対皇帝戦も終わりようやく俗事の世界に戻ってきましたね。
正直私、ああいう話が大きくなるだけの展開って苦手なんですよ。EVAの人類補完計画もそうですけど。ルルもいってましたけどホントに形而上学的で、結果が実感として想像できないんですよね。
だからこの物語の終着点がそこでなかったことにほっとしています。どんなに無茶苦茶でも醜くても人間の物語が見たいので。全てを一瞬でチャラにしてしまう魔法なんて見たくない。
マリアンヌは結局亡霊でしたね。ギアスどうこうじゃなくて、存在そのものが。言ってることがもうすでに母親のそれではありません。ある意味がっかりさせられました。皇帝にも。

けれどこの後のルルの行動原理ってなんでしょう? スザクもですが。
ブリタニア皇帝にナイトオブゼロって。
やっぱりユフィやナナリーの目指した世界の実現、ということになるのかな?
でもそれってシュナイゼルではダメなんでしょうか? 少なくともこれまでのシュナイゼルは仁君として振舞ってますよね。問題なしとは言いませんが。
シュナイゼルではダメだと言える確信が二人にはあるのか。あるんでしょうね。実際ちょっと底の知れない人物ですし。

黒の騎士団がいまだに存続してることに驚きました。
実際彼らのやったことって暴走以外の何者でもありません。星刻にも神楽耶にも天子にも超合衆国参加諸国にも諮らず独断で(しかも半ば感情的な理由で)自分たちの最大戦力を売り渡そうとして、実際に排除してしまったわけですからね。

ナイトオブラウンズの面々はどうするのかなぁ。彼らはどこに忠誠を誓ってるんでしょう。結局誰を正当なシャルルの後継者として認めるか、なのかな。ジノあたりの動向に注目したいです。

最後に。
C.C.って記憶を亡くした自分が何をしたかCの世界から見えてたよね………?
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。