スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

悠久幻想曲

久々に桂遊生丸先生の悠久同人誌を読み返してました。
あーやっぱり私この方大好きだ。
かつての悠久同人界には凄い方がいっぱいいましたけど、その中でもこの方は別格でした。まだ一般参加だった頃、即売会では真っ先にこの方のスペースへ買いに行ってました。憧れでした。トリーシャを描いた『月光浴』という本は私の宝物です。

そんな先生も今ではすっかりメジャーになられてしまいましたが、今と昔、どちらの先生が好きかというと、正直昔の先生の方が私は好きでした。
今は主に原作つきの作品を手がけておられるので内容については比較できませんが、少なくとも絵に関しても同人時代の方が好き。
もちろん今の方がデッサン力・表現力とも格段に上なのですけど、絵柄という点では昔の方が好みだったし、いい意味でアマチュア的な勢いがありました。

技術に裏打ちされた本がほしければ本屋へ行けばいい。
私が即売会で同人誌を買うのは、あのアマチュアリズムが好きだからなんだなぁ、と思ったり。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。