スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

多軌の絵心は露神並み

陣を書くのはあんなに上手なのにね。
というわけで、

続 夏目友人帳 第六話 「少女の陣」
20090211.jpg
多軌きたよぉぉぉぉぉぉぉ!

「五組の可愛い子」を見に行く夏目に笹田が拗ねちゃいましたよ(笑
西村は多軌にご執心の模様。話しかけて逃げられたにもかかわらず「俺を見てただろう?」と喜ぶ西村はポジティブ過ぎでしょう(笑

先生、雀五羽程度じゃ浮かびもしないでしょう……。
ちなみにこの場面、原作ではトンボでした。捕まえてから離して恩を売るとか言ってましたが。捕まえた者が自ら離したからといって恩を感じたりはしないと思うのですが。。

チョビヒゲは大物らしいです。ホントかよとツッコミたくなりますが、あの顔つき、たしかに妖怪というより神のよう。髪を頭の両脇で結わえたら「~ノミコト」なんて日本古代の神に見えなくもない。

塔子さんの「お年頃ね♪」のシーンが見れて大満足。すっごく嬉しそうな声でしたね伊藤さん。
店員さんに勧められるがまま試食コーナーで完食しちゃうとかおちゃめ過ぎでしょう。ホント可愛い人だなぁ。いつまで経っても少女のような塔子さんです。

妖を通じて夏目と関わった人間といえば他に名取さんと田沼がいますが、多軌はある意味三人の中で一番夏目に近い立場にいます。
夏目は田沼を妖との揉め事に巻き込まないようにしてる。
名取は夏目を巻き込む役回り。
そして多軌は夏目と同じく、自らの意思に関係なく妖に絡まれている。だからこそ彼女の境遇に自らを重ね、助けたいと思う。
多軌の頭を撫でて「勝つぞ」と告げた夏目は格好よかったですねー。とても同級生の女の子にすることではありませんが。あまり多軌の性別は意識してないように見えます。燕や蛍と同じような感覚で接しているのかも。
感想ブログを見て回ってると「真ヒロイン登場か?」なんて言われてますが、夏目と多軌の関係ってまるで兄と妹のよう。短編集『蛍火の杜へ』※1収録「ひび、深く」の蒼と律を思い出します。

今回の名言:ずっと身寄りのなかった俺でも、もう投げ出していい命ではない。
そうだよ夏目。そうなんだよ………っ!

※1 緑川先生の短編集。夏目で緑川先生のファンになった方が他の作品も手に取るならばまずこれがオススメです。テイストが近いので。

蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
(2003/07/05)
緑川 ゆき

商品詳細を見る



3月のHARUコミ内で開催される夏目友人帳プチオンリー「あやかし奇譚」ですが、なんと100サークルを突破した模様です。すごーい。コミケでもちょっとしかサークルがなかったのに。単独オンリーも開けそうな数です。アニメ二期を狙いすました開催時期・ちょうどよい規模のイベント、ジャンルでも有名で、かつ熱心に活動されてる主催さま、と好条件がそろってますしねー。すばらしい。


>>星風さま(Web拍手)
「はじめの一歩」も「ナルト」も見たことないですねー。数年前までは洋画吹き替えがメインだったようですが、最近はすっかりアニメでもご活躍です。

Fate雑記さま、徒然なるまま・・・日記さま、新聞部姉妹の捕捉ありがとうございました。
  拍手する
コメント

No title

こんばんは。今少女の陣を見ました。
多軌役は蔦子さんも演じている佐藤利奈さんでしたね。
驚きました。

No title

あと最近OPテーマ「あの日タイムマシン」のCDを買いました。アニメイトでは売り切れ状態だったのですが。本当に良い曲だと思います。現OPアニメは曲とかなりリンクしていると思うのですが。

No title

佐藤利奈さんは、原作既読の私にとってもぴったりな配役でした。

一期の「一斉の声」を支持する声も多いみたいですが(オンリーでのリクエスト曲にはアンケートで「一斉の声」が選ばれました)、「あの日タイムマシン」も作品に合ってていい曲ですよね。私は気に入っています。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。