スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

2005/9サンクリ

◆『久陽宮で逢いましょう』 VISTAさま
何をいまさらな感じの有名サークルさまですが、今回初めて手にとりました。
プレイヤースキルの低い女騎士さんとぶっきらぼうな男プリさんのお話。要するに不器用な二人(笑
恋愛感情未満の、でもお互いがお互いを必要とする「相方」という関係の描き方が秀逸です。ROというジャンルならではの人間関係ですよね、これって。
ちなみにこちらは夏コミで出された本で、新刊は完売でした。新刊はいずれ書店で買うとしても、既刊も揃えたい………。中古書店に通うしかないかな。
ちなみにROの話は表のサイトでもこちらでも時々しますけど、それについて話せる知り合いというのは皆無です。ほとんど独り言になってしまっていて寂しい。RO、本気で始めようかな…。11月にならなきゃ無理か。

◆『はやて×ブレードFANBOOK』 ぺんぺん草くらぶさま
マリみて同人で加藤景といえばこのサークルさん、というイメージがあります。そのサークルさんがはやて×ブレード本を出してくれました。嬉しい♪ もう表紙の綾那とクロのイラストだけでも「買い」ですよ奥様っ(^^
初ジャンルということもあってか登場人物を網羅する1Pマンガが丁寧に描かれています。帯刀マンガが哀愁を誘うなァ…。帯刀って普通のマンガだったらすごくおいしいポジションにいるはずなんですけど(参謀格とかね)、この作品ではひたすら虐待されてますものね。
そして最大の見所は「綾那記憶喪失」マンガ。綾那の魅力を再確認ですっ。とりあえずじゅんじゅんかみずちにシンクロして楽しむのが吉。

◆『四重奏』 山猫BOXさま
乃梨子・瞳子・可南子・笙子メインの一年生本です。
冒頭の、いつでも志摩子さんのことばかり考えている乃梨子を冷やかす瞳子が素敵です。二人のこういう気さくなやりとりって『レイニー』のあとの原作ではあまり見られなくなってしまいましたね。だからこそ同人で読めると嬉しいです。
そして笙子! 可愛らしい笙子を描かせれば天下一品です、このサークルさま。蔦子さまの寝込みを襲う(笑 かどうかで葛藤する笙子は必見ですよっ(^^
可南子はページ少なめでちょっと寂しいかも。学園祭後の可南子と家族の関係ってどうなっているのでしょうね。
その後の可南子は原作であまりはっきりとしたことが書かれていないぶん、同人的に今一番熱い一年生だと思うのですがいかがでしょう。
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。