スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

ムントは予告が面白いのでまだ見てます。

CLANNAD AFTER STORY 第17話 「夏時間」

朋也がかなり荒んでいましたが(とれない目の下のくま)、思ったほど壊れてなかったのにはほっとしました。最悪、汐のことを認識さえできないんじゃないかとか、そんな心配までしてしまいましたよ。

汐の登場はまるで妖怪座敷童のようでしたね。登場とともに、暗かった部屋に明りが差していく演出はよかったー。
汐は口数少ない子ですねー。五歳くらいの子供ってもっとおしゃべりだと思ってました。あの早苗さんとアッキーに育てられて愛情が足りてないということはないと思うので、これは汐の性格でしょうね。考えてみればあの二人に育てられたのが渚なんですから、不思議はないのかも。

今の朋也が父親失格なのは疑いのないところですが、汐とのやりとりに紛れもない「父親」を感じてしまうのはなぜでしょう。あのぶっきらぼうなところとか。

早苗さんたちによって仕組まれた二人きりの旅行。用意されていた切符。どこに向かうのでしょう。来週が待ち遠しい。

追伸.ED冒頭のスキップ、あれずっと渚だと思ってました……
  拍手する
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。