スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

コミケ二日目

サークル参加の日でした。
当サークルへ足を運んでくださったみなさま、お世話になったスタッフさま、ありがとうございます。

反省すべきことの多い一日でした。
当日頒布予定のコピー本の製本が間に合わず、結局会場で製本することになりました。製本&売り子を手伝ってくれたいつきくん、本当にありがとうございます。終日ほとんど売り子を任せっぱなしでした。後ろで黙々と製本していたのが私です。きっとマリみてからウチのことを知った人の6割はいつきくんを夏師だと思ってますよ(笑
会場製本というのはたぶん初めてのことだったと思うのですが、これはいけませんね。実感しました。売り子は一人になってしまうし、来てくれた方にはなかなか手にとってもらえないし。
もう二度とやりません。会場製本になるようならすっぱりと諦めるようにいたします。
後から知ったことですが、途中コミケスタッフさまから「売り子二人に出来ないのか」と催促があったようです。大変申し訳ありませんでした。ウチの列というのはそんな爆発的に増えることはないのですが、そのときは一列になっていたために長くなったとのことでした。その後二列に圧縮して事なきを得たそうです。
両隣に人気サークルさまの列があったため、二列に並ぶには少々狭かったかもしれませんが(冬ですからみんな着ぶくれてますものね)、サークルに並ぶときは基本二列でお願いいたします。これは売り子の人数にかかわらずどこでもそうです。一列だと先頭の人が本を選んでいる間、列全体が停止してしまいますので効率も格段に悪くなります。今後は当サークルでも呼びかけを徹底するよう心がけますので、どうかご協力をお願いいたします。

会場製本コピー本になったのはダメダメでしたが、アニメやマンガの雑多な感想を薄い本にして定期的に頒布するのはできれば続けたいですね。このブログの延長のような内容かもしれませんが、イベントで本を手に取ってくれる方の全員がこのブログまで見てくださってるわけではないと思いますから。むしろ見てない人の方が多いんじゃないでしょうか。私自身、好きなサークルさまでもサイトまではチェックしないことがほとんどです。

当日はマリみて友達との会話はほとんど原作最新刊「ハローグッバイ」についてでした。やはり人によって受け取り方もさまざまですねー。正直私などはあとがき読む瞬間までいつもと同じ心境でいたのですが。
あのあとがきでは結局どういうことなのか私にはさっぱりなのですが、第二部終了というか、マリみての一番大きな区切りであったことだけは間違いないようです。祥子さま、令さま、今巻スルーされたけど三奈子さま、卒業おめでとうございます。
20081230.jpg
コピー本の一部よりCLANNAD。
渚が学校で一人寂しそうにしているとき、きっとそばには風子がいてくれてるに違いない。

Fate雑記さま、イオンさまの捕捉ありがとうございました。

Web拍手>>星風さま
お気の毒です。当日お仕事の方も多いようですねー。
書店さんではもう取り扱っていただいていますのでよろしければお願いいたします。
  拍手する
コメント

私は当然のようにそう思っていましたが・・・

 冬コミ、御苦労さまでした。 コピー本も無事、手に入れることが出来ました♪。
 『コードギアスR2』、私は神楽耶は「日本の代表」ではなく、超合集国最高評議会の議長に復職し、そちら(国際舞台)の方で、ルルが望んだ「世界」を実現するために力を尽くしているのだと思いましたが?。 彼らは皇帝ルルーシュに屈しなかったことで、ある種の「ステータス」を得て(それもルルの計算の内ですが)、世界のリーダーとしてアドバンテージが在ります。 神楽耶ならそれを最大限活かすでしょう・・・ルルのためにも。 ゼロの正体、ルルの真意、を理解した者たちは言わば「同志」として、彼らに託された使命を果たすべくそれぞれのステージで頑張っている筈です。 神楽耶のステージは「日本」ではなかった、ということなのだと思います。
 今回は取り急ぎこれだけ。 新刊のお便りはまた改めてさせていただきますね。 

No title

冬コミではお越しいただきありがとうございました。
私、超合衆国はルルの死とともに解体したものと思っていましたが、なるほど存続していてなんの不思議もありませんね。
いずれにせよ神楽耶ならルルの意志を継いでくれたに違いありません。

そりゃないぜ、セニョ~ル (汗

 折角武力ではなく話し合いで世界の諸問題を解決していこうという下地ができたのに、その話し合いの場となるべき超合集国が解体してしまったのでは「ゼロ・レクイエム」の成果も半減では済みませんよ(汗。 私は、神楽耶は、世界を調和させるためのコンダクターのような役割を、最高評議会議長として果たしているものと推測しています。
 もしルルが本当に亡くなっているのだとしても、彼の遺志を継いだ者たちが、その後どんな世界を創ったのか、創れなかったのか、を描く『コ-ドギアス』の後日談的物語、私は観てみたいと思います。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。