スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

スクールデイズ最終回

言葉がなぜ「言葉さま」と呼ばれているのかを思い知った最終話。
ひええ。
20070928.jpg

スクールデイズは誠を見てるのが精神的疲労を伴うのでちょっと敬遠してたんですけど(きちんと見たのは第1話と11・12話だけであとはレヴューブログのまとめを読んでました)、これは全部見てみたいかも。
中盤以降地上波でやるにはきっつい内容だなと思っていましたけど、ある意味最後まで期待は裏切らない作品でしたね。
最終話に少しカタルシスを感じてしまった私。
  拍手する
コメント

取り敢えず・・・言葉様の、洗脳でもされているような瞳がコワいです(汗。

言葉さまは壊れておしまいになりました……。

まさにカタルシスでしたね、最終話。
あの話をやるために延々と主人公を暗愚に描いてきた、
シリーズ構成上江洲の勝利でしょうか
(そういえばうたわれの構成もこの人でしたねぇ)

正直言葉以外の誰が幸せになっても納得のいかない展開でしたからね。
原作の展開があまりにも有名だったため、アニメ製作側も頭をひねったと思います。

 ちょっと気になって検索してみたのですが・・・Web上でも「井川亜実」と同じくらい「井川亜美」が氾濫していますね(笑。

真美←→真実
三奈子←→美奈子
祐巳←→裕巳

マリみて二次創作における代表的な誤字例です。
かくいう私もかつて内藤克美さまのお名前を間違えた経験が。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

School Days最終回

School DaysはPC原作版と随分違っていました。
PC原作版では誠もあそこまで外道ではないです。
どちらかと言えば、十代後半の心と身体の揺れ動く様を泥臭く描いている所が魅力的でした。

アニメ版はどちらかと言えば、猟奇的な部分や陰湿な部分のみを抽出して書いていてPC原作をフルコンプしていると思うところが色々出て来てしまいます。

> アニメ製作側も頭をひねったと思います。
> そういえばうたわれの構成もこの人でしたねぇ
主人公を嫌悪させる為に表現したいのか、猟奇的な描写を書きたいのか、描写の意図がぶれている感じがしました。
同様の描写がうたわれるものでもあった気がするのは私だけでしょうか?

>10/14コメント
非公開になってたので気づくの遅れました、すみません。
新刊確認したらたしかに誤字になってました。
気をつけていたつもりだったんですけど、完全なチェック漏れですねー。最初に辞書登録しておけばよかったです。

>アオシさま
私は原作は体験版止まりです。
ただ、体験版だけの誠を見ていてもあれくらいしても不思議はないなぁという印象でした(笑
そのうちプレイしてみたいですけど。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。