スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

同じように安息を望み、なにゆえ世界はすれ違う。

このコードギアスという作品に不満を持たなかった人は恐らくいないと思います。
特に二期。
あまりにもはしょりすぎた登場人物の心理描写。
作中それなりの評価を受けていた人々が犯した信じがたい過ち。
操縦者の技量を無視してしまうKMFの驚異的な進化。
あまりの展開に落胆したり、歯噛みしたり、呆れたり、「こうすりゃいいじゃん」とツッコミいれたり。

それでもやはり最後まで目が離せなかった。
コードギアスという作品の評価はそこに集約されるのだと、私は思っています。

疑問の常に絶えない作品ではありましたが、いざ最終回を迎えてみればひとつの明確なメッセージに到達するため駆け抜けてきた軌跡が見えてきます。ユフィの死しかり。シャーリーの死しかり。黒の騎士団の離反しかり。
皇帝シャルルの目指した幻想の実現と、シュナイゼルのやろうとした恐怖支配。片や理想であり、片や現実的ではあるこれら二つの道を否定して、もっとも困難な道を示した、この作品の大筋は納得も共感もできるものでした。最終回を迎えて思ったことはやはり、「よかった」。この一言に尽きます。


それでは人物に焦点を当てて少し。

ジェレミア卿はホントにかっこよかったなぁ。彼の出世ぶりはもはや冗談の域に達しています。一期の序盤はうざいだけのキャラだったのに、25~26話では99%ギャグキャラだったのに(おはようございました!)、ルルに忠誠を誓ってからの彼はもう、画面にでてくるだけで嬉しかった。最高。
オレンジ畑でアーニャとお幸せに。

玉城もやはり出世キャラですよね。一期はひたすらうざいだけだったのに、なんか二期では憎めなさとか哀愁とか漂わせてました。それでもやはり友達にしたいかと聞かれたら微妙ですが(笑

藤堂さんは好ましい不器用さを描くのがその役割だったのかな。意外でした。
損得勘定抜きでいえば、藤堂さんにはゼロを見捨てるだけの理由があったと思いますよ。ただその過程に問題があっただけで。

カレンは二期の途中からあまりにも蚊帳の外に置かれすぎてて不憫でした。そんな彼女が最後の瞬間誰よりも早くルルーシュの真意にたどり着いたのは皮肉な話。彼女はきっといい女になる。

扇は騎士団離反で落とした評価を最後まで取り返せなかった感が。どうしても素直に祝福する気になれないのが残念。
彼はルルの遺志を受け取ることができたのかな? そうだと思いたい。

神楽耶はルルーシュハーレムの中にあって唯一ルルの素顔に触れなかったにもかかわらず、彼の理解者であり続けましたね。一期初登場のときからそうでした。きっと理屈ではなかったのでしょう。騎士団離反以降は立場上ルルを肯定できないでいましたが、彼女の態度からはルルへの敵対意思が感じられませんでした。どこかで信じてる、信じたい、そんな表情が見え隠れしていました。そしてやはり神楽耶もカレン同様ルルの真意にたどり着く。
20080929.jpg
神楽耶とルルの絡みはもっと見たかったなー。

コーネリアは「世が世なら卓越した王に   」と言いましたがシュナイゼルはやはり小物だった感が拭えません。ソツのなさばかりが目立って、本質的な強さが見えないのです。コーネリアの方がよほど皇帝としての器を感じます。

愛する兄の非道を止めるため悲壮な決意をした少女。ルルの真意を視聴者の多くが察していたからこそナナリーの言葉はうとましく感じられたでしょう。けれどナナリーの真意もまた、ルルーシュと同じところにあった。彼女の過失は唯一、あれだけの洞察力をもちながらシュナイゼルの本質を見抜けなかったところでしょう。
最後の最後にルルの真意を知り、響き渡るゼロコールの中、骸にすがり付いて絶叫する姿はあまりに痛々しかった。

Fate雑記さま、みくるの捕捉ありがとうございました。
  拍手する
コメント

第三期への未練

 本当にルルーシュは死んだのでしょうか?。 イエ、あの展開で『実は生きてました♪』ではブチ壊しですが(笑。
 C.C.との約束を果たすため彼女からコードを受け取っていれば、剣で胸を刺し貫かれても死なない体になっている訳ですし・・・。 つまり、嘗てシャルルがやったのと同じ“芝居”をしたのではないか?、と。 ラストでC.C.が「~なあルルーシュ?」と言った時、私は一瞬、帽子を目深に被り、顔が見えなかった荷馬車の御者が「ああ、そうだな」と答えるのかと思ってしまいました(笑。 彼の本当の贖罪は、憎悪を引き受けて死ぬことではなく、自分が造った世界の行く末を、未来永劫見守り続けることだったのではないか?、と思ったのです。 いくら彼の意志だったからといって、ジェレミア卿が殉死もせず、溌溂と生きていることもそうだとすれば納得がいきます。
 ただ、もしルルーシュが生きていたとしても、『コードギアス』は第三期を制作するような終わり方にはなっていないのが残念です。 でもまだ、「超展開!」による続編制作に一縷の望みを託している私です(笑。

No title

おもしろい捉え方ですね。
スタッフもそのあたりに想像の余地を残してくれているように感じます。
あえて問うとすれば、彼が生を選ぶことにどれだけの意味があるのか。
答えは出そうにありませんね。

No title

こんばんは。とりあえず個人的な疑問は星刻の病気設定はいったいなんだったのだろうと思います。
血を吐くぐらいの病気だからもしかしたら戦いの中で壮絶な討ち死にをすると思っていたのですが(^^;。
最後に天子さまと一緒に処刑場に引っ立てられていましたが。まぁ天子さまと幸せになって欲しいです。

いっそエヴァのように

劇場版というか、完全新作というかたちでつくりなおしてほしいです。あのラスト、ルルーシュは自らが死ぬ事を「新しい世界をつくるための手段」として選んだのはよくわかります。が、できれば生きてほしかった。カレンやカグヤのような理解者が居るのだから、表向き死んだように見せる。という選択肢をえらんでくれたら……。 まあ後はスニーカー文庫最終巻でどう書かれるか?ですね。

No title

星刻の病気設定は………そうですねー、すっごく強いんだけど病気のせいで実力を発揮しきれないってあたりでしょうか。ナイトオブワンに遅れをとったのもたしかそれが原因だったような。
あとは「命を懸けて守る」って行動にも説得力が増しますし。

ルルーシュの生存を望む声は多いようですねー。
私も生きていてくれれば嬉しいですけど、命を懸けたからこそ伝わるメッセージというのもあると思うのですよ。
劇場版で作り直してしまうと批判続出するかもなので難しいでしょうが、小説版で違うラストを描くというのはアリかもしれませんね。

No title

個人的には劇場版よりも種ガン(夏師さんすみません)の時の様な「スペシャルエディション」は作られそうです。種ガンのスペシャルエディションは本編に追加シーンをたくさん入れていて最後も本編とは少し違っていました。
あと昨日はコードギアスR2ノベライズ版2巻と「生徒会事件簿」が借りれました。R2ノベライズはまだ1巻および外伝「朱の軌跡」がまだ借りれていないのですが(^^;。あと「生徒会事件簿」は著者はノベライズとは違う人が書いています。あとシャーリーやニーナ、猫かぶりカレンなども出てくるらしいです。ひさしぶりに元気なシャーリーが見れるのはうれしいです(^^)。

No title

同じサンライズ作品ですから望みをもってもいいかもしれませんね。
学園編は二期だと純粋に楽しめなかったから小説で補完してくれるのはよいかもです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。