スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

夏目友人帳 第六話「水底の燕」

20080813.jpg
ああもう、夏師的今期No,1アニメですよ。
アニメが終わったらコミックス全巻揃えること間違いなし。
燕の一途な慕情。多くを望まぬその姿。情もわくというものです。
恋情ではなく慕情。人の優しさ、温かさ。そういったものを描いたからこその涙でした。
柚ねえの演技も反則ものでした。これがうたわれラジオで力ちゃんをハアハア言いながら追い詰めていたエルルゥと同一人物とは誰が信じようか。


前回のお話も素敵でしたよね。
「ごめんね、夏目。ただどうしても、話しかけてみたかったの………」
少女(?)の声は皆川純子さんでしたか。ホントいい声してるなぁ。

田沼くんはてっきり「もっけ」の御崎柊子みたいな役回りかと思ったら………。


先日放映されていたパトレイバーの劇場版ふたつもようやく視ました。
犯罪者の描き方がうまいなぁ。特に帆場暎一なんて作中ほとんど出てこないにもかかわらずあの存在感。まさしく帆場と後藤隊長の映画でした。
カラスのトラップ、人命尊重を貫いたものこそが目的を遂げられる仕掛けになってるところなど、もう背中に震えが走りましたよ。帆場め………っ。
2も同じような構図でしたけど、従来のパトレイバーファンにとってどうだったんでしょうね。パトレイバーは元々他のロボットアニメとは一線を画した作品でしたけど、その彼らにしてもあの野明たちの描き方はショックだったんじゃないでしょうか。やっぱり寂しさを拭えません。
メロドラマを演じる進士夫婦を呆れ顔で引き裂く整備班スタッフの姿だけが一服の清涼剤でした(笑


コードギアスはもう黙って見守るしかない展開になりました。
しかしひとつだけ。

「枢木スザク、君には借りもある、情もある、引け目もある。しかし、この場は忠義が勝る!」

「オレンジの疑惑は本当だったようだな」
「オレンジ?  フッ、それは我が忠誠の名前」

………もう無敵ですねジェレミア卿。
  拍手する
コメント

力ちゃんのメイドガイのように?(笑

 「夏目友人帳」、いろいろなところで好評を聞きます。 私の住んでいる地域では放映されていないので残念ながら観られていませんが。 でも、今回の夏師さんの、さり気なく手をつないでいるイラストからも作品の雰囲気は伝わってきます♪。 DVDレンタル開始が楽しみな作品がまたひとつ増えましたv。 
 でも・・・なんだか、ARIA本が先か?、「夏師友人帳」(笑)が出るのが先か?、という感じになってきたように思うのは私だけでしょうか?(笑。

No title

夏目は本当に良い作品ですのでぜひ。

同人誌は、「好きだから」作るというスタンスもありますが、私の場合は「何か伝えたいことがあるから作る」という姿勢です。夏目は見てるだけで満足かも?

パトレイバー小説版

こんばんは。そして夏コミお疲れさまです。
パトレイバー劇場版は1作目はビデオで持っています。
あと劇場版の第1作と第2作は富士見ファンタジア文庫から小説版がありますが
2作目の小説版「TOKYO  W AR」は 押井守監督自身が書いた小説なのでそれだけでも注目して良いと思います(ちなみに挿絵はあの末弥純氏です)。とりあえず劇場版2作目は小説を読んでお腹いっぱいな所があります(^^;。あと当時の富士見書房の雑誌「ドラゴンマガジン」には劇場版本編にすらほとんど出てこなかった帆場の素顔のイラストがありました。

No title

ありがとうございます。
映画もよいですが、小説のほうがじっくり味わえそうな気がします、第二作目。
帆場のイラストってあったんですかー。
想像しようとするとなぜか「げんしけん」の斑目が浮かぶんですよね。なんでだろう(笑

No title

夏目で皆川純子さんがやってる「少女」ってあの夏目が小さい頃出逢ったお姉さんの事だったんですか!?
ずっと知りたかったのでスッキリしました!
ありがとうございましたwww

No title

少女、というには違和感があったので私は「公園のおねーさん」と呼んでいます(笑
皆川純子さんってこんな優しい声を出すんだとびっくりしました。どちらかというと普段格好いい役が多いですものね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。