スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

ああ無性にピザが食べたい(コードギアス感想)

あれ? 扇ってば帰ってきちゃった?
あの後どうなったのぅぅ?
ディートハルトがニヤリと笑ってたのは「オレはアンタの秘密を知ってるぞ」という意味なのか、それとも咲世子があの後二人を確保したのか。

アニメ系ブログで「騎士団裏切りフラグ」が立ったって言われてますけど、その音頭をとる人間がいまだ不在なんですよね。ひょっとしてそれが扇なのかなぁ。ブリタニアと騎士団の狭間で苦しんでる人ですものねー。人望もあるし。
でも扇って一期のラストでルルが騎士団放って雲隠れしたとき、カレンとともにゼロを信じた数少ない人間なんですよ。

C.C.は記憶を失い別人のようになっても、ルルの心のよりどころになるのかなぁ。
ルルとして会話できるのは騎士団内でC.C.だけですものね。

ニーナの「あなたはユーフェミアさまの騎士でしょう?」は「あなたもゼロが憎いでしょう?」って意味なんでしょうけど、これはいくらなんでも視野が狭すぎる。ニーナはいまだユフィのことを何も理解できてないし、知ろうともしていない。彼女が目を覚ます日は来ないのかな。

ジノは何気にかっこいい。
アーニャはやはりキーキャラクターですね。

さて次回、影の薄い裏主人公・スザクがルルと直接対決ですよ。
果たして二人の間でユフィの件は話し合われるのか。
  拍手する
コメント

No title

記憶を失ったC.C.が脅えた表情で「新しい・・ご主人様ですか・・・」の場面で
もーそー大爆発ですよ(・`ω´・)!
もちろん優しく抱きしめて「大丈夫」と何度も声をかけるだけですよ。

あと、なんかこちらに来てすぐ、左上になんか怒ってるのが出よるのは
なんか怒らせる様な事をしたんやろか(´・ω・`)?
ふみゅ(´-ω-`)

どうせならメガネもかけて欲しい (笑

 記憶を失いキャラが変わってしまったC.C.・・・つい、「消失C.C.」と呼びたくなってしまうのは私だけでしょうか?(笑。

No title

>ぽーさま
C.C.、新境地開拓ですね。
左上の動物はいわゆるアクセス解析の表示です。
本来なら【FC2】というちっちゃいのが出るのですが、ああいう画像に差し替えることも可能なのでやってみました。表情が「ARIA」の藍華に似ていて気に入っています(笑

>モーモー太郎さま
それは思い浮かびませんでした(笑

No title

>左上の動物はいわゆるアクセス解析の表示です。
ふ~(´-ω-`) よかった
わしが怒られてるんと違うかったんや

小説読みました

夏師さん、こんばんは。今週はコードギアスの小説版5巻を読みました。ユフィの事があったのでなかなか読めなかったのですが。やはりユフィの虐殺シーンは読むのが辛かったです。小説版ではユフィは現実の偉人で言えばガンジーなどのように善意で世界が変えられる人間だったのではないかと書いていました。ルルーシュも最初は善意で世界を変える事を認めなかったのですがでも結局ユフィの考えを認めていました。それだけにギアスの暴走による虐殺はかなり悲しかったです。でもユフィやスザクだけが絶対正しいとは書いていない(コーネリア殿下ですらユフィの理想とする善意だけの世界には疑問を感じていました)、むしろ疑問符すら問う所がコードギアスな所なのでしょう。
あと口絵にR2の15話の中の祭壇の前で血塗れで座っているC.C.のシーンが書いていました。15話を観てやっと分かった人も多いと思います。あと5巻の解説はC.C.役のゆかなさんが書いていました。
あと前書いたARIAのオリジネーションのパーフェクトガイドが届きました。まだオリジネーションのDVDが全巻観れていないので読まないようにしているのですが、その中でグランマ役を演じている松尾佳子さんはあの世界名作劇場の「母をたずねて三千里」のマルコ役を演じていたと載っていたのは驚きでした。
小さい頃にはかなり観ていたのですが、今まで気が付きませんでした(^^;。そういえば2話のゲストキャラのアマランタ役は「アルプスの少女ハイジ」の杉山佳寿子さんでした。ARIAはゲストキャラ役の声優さんはかなり豪華ですね。あと書き下ろし漫画「旅立ち」はアイちゃんのARIAカンパニー入社話でしたね。
あとマリみてスピンオフ「お釈迦様もみてる」も出ましたね。土曜に買いました。まぁ野郎だらけの話なのですが(^^;。でも8月1日発売の雑誌コバルト9月号に
短編が載るらしいので、百合分はコバルトで補給するしかありませんね。あとついに菜々役の声優さんももうすぐ発表するらしいですね。楽しみにしています。

No title

コードギアスの小説は読んでませんでしたー。
善意による世界の変革はたしかにむずかしいとされます。
けれどブリタニアによる日本人支配の劣悪さは政策によって生み出されたものなのですから、それを政策転換によって改善させることは理屈として間違っていません。本当にユフィの死が惜しまれます。
ARIAtOのPGBookは近々購入予定です。読んだらまた日記にでも。
「母をたずねて三千里」「アルプスの少女ハイジ」は残念ながらリアルタイムで見てません。ときどきバラエティ番組の「感動したアニメの最終回」みたいな企画で見かけますね。
釈迦みては日記のとおりです。コバルトもなんだかリニューアルされたようですね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。