スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

ALDNOAH.ZERO

EPISODE.17 「謀略の夜明け -The Turning Wheel-」

「私はね、あなたと、あなたの住む世界を守りたくて軍人になったのよ」
守りたい人を守れない。せめて安全な場所にいてほしいのに。
ユキ姉はそれがずっとつらかったんですね。
一期のときだって、本当は前線になんて出ほしくなかったけど、伊奈帆の言い分は常に正しくて彼の出陣を許してしまった。
しかし、伊奈帆にはもう彼だけの戦う理由がある。
もう一人前の男であって、ユキ姉の保護する対象ではないのです。

「あなたはアセイラム姫に、忠誠を誓っていますか?」
これは奇しくも一期目のスレインがクルーテオ卿に投げかけた問いと同じですね。
奇妙なシンクロに過ぎないのかもしれませんが、私はここにスレインの立場の変化を見たような気がします。この問いを発したときのスレインと、今のスレインとではまるで立場が違う。今のスレインが同じ問いかけをすれば、それは姫への忠誠を強制する言葉となるでしょう。

「………スタイルの話を。。」
韻子たちに話しかけるための枕かと思えば、本当に興味があったんですか。
なんだか二期目の不見咲くんは妙に人間くさいというか、ぽろぽろ仮面が剥がれ落ちてる気がします。

   どうして閉じ込めるのですか?」
「それは、………とても美しいからです」

地球との戦争に乗って立場を固めている今のスレインにとって、姫さまの覚醒は爆弾でもあるのですが、それ以上に、眠ったままであれば姫さまはスレインだけのものでいてくれるのですよね………。しかしちょっとヤンデレ入ってませんか、スレイン。

「君は違う」
「違わない」
「違う」
「違わない!」

このやり取りは二度繰り返されましたが、一度目はライエの叫びに押し切られた伊奈帆が、二度目は説き伏せましたね。

マリルシャン伯爵とのやりとりでは、スレインが会話の主導権を終始握られっぱなしでしたね。
二期目のスレインらしくありませんが、生まれのことを攻められるのはいまだに苦手なのかな?
にしても、レムリナはどういう意図でスレインを無視してマリルシャンを招き入れたんでしょうね? まさか決闘騒ぎになると見越してのこととも思えませんが。
スポンサーサイト

テーマ : ALDNOAH.ZERO アルドノア・ゼロ - ジャンル : アニメ・コミック

  拍手する

SHIROBAKO

第17話 「私どこにいるんでしょうか…」

新人原画の久乃木さんは絵麻にすっかり懐いてしまって。。
というか、どうして最初の一音だけで言いたいことがわかるのか絵麻………。

朝礼での佐藤さんの魂の抜けた表情がパンクフラグかと不安になりましたが、たんに方向オンチなだけでしたか。社用車にナビつくといいですね。。佐藤さんは社会人経験もあって、新人とは思えぬほどしっかりした人なので、こういう少し抜けたところを見せてくれるとギャップにやられてしまいそうになります。

「宮森さんも失敗することあるんですか………?」
新人二人から見れば、みゃーもりはとても仕事慣れしているすごい人に思えるんでしょうね。実際、二本目の新人とは思えないくらいしっかりやってると思います。おなか空かせて帰ってくるであろう二人にお弁当を用意してあげてるところなんてさすがだと感心しました。


第18話 「俺をはめやがったな!」

今回のみゃーもりはちょっと空回り気味だったでしょうか?
ナベPに促されて鈴木京子さんのもとにいったけど、ほとんど何もできなかったし、大倉さんの件については結果オーライでした。社長の威光がなければ絶対断られてましたよね、あれ。むしろ酔っ払いとの口約束を鵜呑みにした失点が響いたんじゃないでしょうか。
タイタニックの件にしたって、平岡の推薦があったとはいえ、実際に会社を見てから依頼したのはみゃーもりです。あの会社の有様と、やる気に欠ける制作を見て、なんの危機感も抱かなかったのかみゃーもり!v

タイタニックの探してきた演出はダメな大人の見本でしたね。プライドばかり高くて。
結局降りちゃいましたけど、あれでもいくらかギャラは支払うことになるのかな………?
次の演出さんが一からやり直すのですから、彼の仕事は全部ボツになるわけですが。
そして極めつけはタイタニックの制作………。演出経験もないのに何言い出すんだか。。

さすがのみゃーもりもパンク寸前でしたが、今度は一人で持ちこたえましたね。成長してる!
とはいえ建て直しの目処がたたないところに………救いの女神!

イワタさんとマツイザキさんには断られて持ち札がないと言ってましたが………1クール目で原画を依頼しようとしたら演出に転向したと言ってた小野寺さんはどうしたんでしょう?


第19話 「釣れますか?」

「タイタニックなんか紹介して、ひどいことになるって思わなかったの?」
「俺の担当じゃないし」

タイタニックを紹介したときのあのドヤ顔は、「俺って使える人材でしょ」ではなく、「これで苦労しろよ新人デスク」だったんですね。性格悪いなー。
色々苦労して性格曲がっちゃった中堅制作としては、新人デスクの眩しさがうっとうしかったんでしょうか。

「私、この業界に入るまで、大人の人ってちゃんと仕事するのが当たり前だと思ってました」
どこでも言えることかもしれませんが、アニメ業界は特に仕事投げだす人、逃げ出す人が多そうですものね。予定通りあがらないのが当たり前の世界で磨り減っちゃう人も多いのかも。
そこでひねてしまったのが平岡。それでも夢を見られる人を愛せるのが矢野先輩というわけですか。

「私の頭の中にあるのは、面白いものを作るというよりも、目の前のトラブルのことばっかり。よい作品を作るためのアイデアなんて何一つなくて」
制作は作品作りを円滑に回すための補佐ですものね。作り手そのものではないから余計にそう感じるのかもしれません。丸川さんの若い頃は作品にも口を出してたみたいですけど。

作画のために、おいちゃんとりーちゃんに梅を食べさせ続ける絵麻は鬼だv

何を目標とするか、何者になるかは、1クール目からのみゃーもりの悩みですが、先人たちは口をそろえて「ただ走ってきただけ。気がついたらここにいた」と言いますね。

テーマ : SHIROBAKO - ジャンル : アニメ・コミック

  拍手する

ALDNOAH.ZERO

EPISODE.16 「熱砂の進撃 -Soldiers' Pay-」

ユキ姉としては複雑ですね。
本心では伊奈帆に戦場になど出てほしくないんでしょう。
けれど今や伊奈帆は地球側唯一のアルドノア・ドライブを起動した人物であり、同時に(おそらく)地球でもっとも騎士級火星カタフラクトを撃退したパイロットでもあります。
ユキ姉の立場ではもう伊奈帆を予備役になど置いておけない。
それ以上に、伊奈帆を安全なところに置いておけるような力がユキ姉自身にない。守ってあげられない。逆に守ってもらっているという事実がやるせないのでしょう。

「忘れないでくださいね。今あなたが守らねばならぬ姫は、目の前にいることを」
余裕ぶっているレムリナですが、内心の焦りが見えますね。本当に余裕を持っていれば、わざわざこんな念押しなど必要ないのです。
彼女はいまだにアセイラム姫の影武者でしかない。
けれどそれではきっと収まりません。
いつか彼女は嘘をつくのをやめて、自分自身でいることを望むでしょう。そのとき彼女にとって最大の障害がアセイラム姫なのです。社会的な立場だけではありません。後見人であるスレインも、真の忠誠をレムリアではなくアセイラム姫に向けていることを彼女は知っている。レムリアが何者かになろうとするとき、彼女はスレインの忠誠を真実自分のものにしなければならないのです。その焦りが言葉にでてるのでしょう。

鞠戸大尉、格好よかったですねー。
市民の命や仲間の生還を何より大切にし、勇敢に使命を遂行する、最初の頃の鞠戸大尉に戻ってます。ユキ姉の尊敬に応える、立派な軍人です。
おいしいところを伊奈帆に持っていかれたので印象が薄れちゃいましたけど(笑
今回で一応の克服、となった鞠戸大尉ですが、彼の本当の解放は、親友の妹であるマグバレッジ艦長に赦されたときかもしれませんね。

最後の火星人、とくに軌道騎士たちの反応はちょっと意外でしたね。
火星は階級社会です。彼らは実力よりも血統を重んじると思いましたが、案外あっさりと認められちゃいましたね。火星側にしても、それほど楽な戦争をしているわけではないという意識が、力ある者を求めた結果でしょうか。

テーマ : ALDNOAH.ZERO アルドノア・ゼロ - ジャンル : アニメ・コミック

  拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。