スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

果たして姫さまは男の娘なのか?

伊奈帆くんは常に冷静沈着な少年ですが、4話でそれがわずかに崩れたように見えました。
ブラドの襲撃を止めるには姫さまがでていくのが一番効果的です。しかしそれには、伊奈帆くんやライエ以外の人々に姫さまの正体が知られる危険性、そして、ブラドが暗殺を企てた側の火星人であった場合、即座に殺される危険がともないます。
伊奈帆くんはそれを避けるために自らリスクを冒した。
彼は冷静沈着ではあるが、冷血でも木石でもありません。そのことが、いつか彼を窮地に追い込むことになるのかもしれません。

心情的に姫の味方でありながら火星側に身を置くスレインの動向は重要ですね。
彼の役割はずばり、「誰が姫の暗殺を計画したか」を突き止めることです。
トリルランが企てたものならばもう解決したも同然です。姫の無事を公表し、戦争を収めてしまえばよい。しかしもっと上の人間の計画だとしたら、公表のタイミングが難しくなります。握りつぶされてしまえばどうしようもない。
誰が首謀者なのか。それがはっきりしてからでないと動くことができないのです。
私の見たところ、クルーテオ卿は、姫の敵討ちに燃えてはいるものの、それは皇室への忠誠や地球人への憎しみからくるもので、彼が企みに加担しているようには思えないのですが………。

ライエにとって姫さまの存在は複雑でしょうね。
姫さまの暗殺に加担した末に、火星から見限られて両親は殺されたのです。もちろん姫さまに非はありません。だからといって、敵の敵は味方の理屈でいまさら姫さまの味方はできないでしょう。
そもそも、火星人にとって皇帝の孫娘の暗殺というのはかなり覚悟の要る任務のはずですが、ライエたち家族はどのような思想や事情の下にこれを引き受けたのか、それを知りたいですね。
あと、この後も伊奈帆たちは火星側から執拗に狙われることになるのでしょうけれど、その理由の半分以上はこのライエにあるのですよね。姫さま暗殺を目論んだ一味であるザーツバルム卿からすれば、暗殺者の生き残りであるライエは決して生かしておくことが出来ない存在です。3話まででトリルランが伊奈帆たちに固執したのもライエを連れていたからであって、姫さまがいたからではありません。

姫さまはスレインを通して地球に憧れを抱いたこともあってか、火星と地球との和平をとりもとうという志は本物のようです。お付きのエデルリッゾはまだまだ地球人である伊奈帆たちに心を開いてはくれませんが、姫さまはもう伊奈帆に全面の信頼を寄せているようですね。
今回、姫さまに危険な行動をとらせまいと出陣した伊奈帆の姿を見て、エデルリッゾも態度を軟化させてくれるとよいのですけど。

それにしても人物がうまく配置されてますね。
伊奈帆たちといえど、火星騎士を複数同時に相手にしては支えきれないでしょう。
しかし伊奈帆たちがいるのは、(おそらく)姫さま暗殺に関わっていないクルーテオ卿の占領地です。彼にとっては、伊奈帆もライエも大した脅威ではありません。そもそも個別の認識すらしていない。だから戦力の全力投入はしてこない。
もし東京周辺が、姫さま暗殺に関わったと思われるザーツバルム卿の占領地であったなら、ライエ抹殺のために伊奈帆たちは苛烈な攻撃に遭ったと思われます。

また、姫さまの無事の公表がこの事態を解決する鍵ですが、そう簡単にことが運ばない構造にされています。
姫さまの無事を伝えるのに一番手っ取り早いのは、攻めてきた火星騎士です。彼らに保護を求め、地球の人々に世話になったと姫様が言えば、少なくともこの侵略戦争は一時停止します。
しかしエデルリッゾが心配していたように、誰が姫さま暗殺を目論んだのか分からないのです。うかつにコンタクトはとれません。実際、3話でトリルランの前に正体を現しましたが、あれはトリルランが姫の生存に動揺したから無事で済んだだけで、そうとうに危ない橋を渡ったといえます。即座に殺されてしまう危険もあったのですから。
現在唯一信用できそうなのがクルーテオ卿です。彼は姫様の地球外交に反対していました。おそらく暗殺には関わっていないでしょう。しかしクルーテオ卿は立場が立場だけに、本人が戦場に下りてくるようなことがありません。

これによって、ライエをかくまっているためザーツバルム卿らに追われるも、伊奈帆たちにはキャパシティを超えた攻撃が加えられることもなく、また事態がそう簡単に解決しないという構造がとられているのです。
スポンサーサイト
  拍手する

夏アニメ

■アオハライド

正統派少女マンガといった作品ですね。
早々に最大の山場、嘘だらけの友人関係から抜け出すというイベントをこなしましたが、その反動は小さかった。袂を分かった元友達は、双葉を攻撃してくることもなかった。
このままキツイ展開を迎えることもなく新しい人間関係を築いていけるのかな?


■普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。

アイドルものって苦手だと思っていたのですが、ローカルアイドルっぷりがゆる~くて、安心して見ていられますねv
彼女らの露出って、ケーブルTVと地元新聞がメインみたいですが、ローカルケーブルTVなんて私も見たことありません。知名度を上げるのは難しそうです。

原作にも軽く目を通してみました。
作中でのビジュアル評価が微妙な奈々子ですが、「孫顔」というのは的確な表現ですね。


■グラスリップ

そもそも透子たち五人はどういう集まりなんでしょうね。
幼馴染というふうにも見えませんし、なにか目的をもって集まってる風でもない。
仲が良いように見えて距離がある。手探りでお互いの距離を詰めてるように感じます。

そんな具合ですから、仲良し五人の中に転校生という異分子が混ざりこんだ、という構造にいまひとつ入り込めないでいます。
  拍手する

春アニメを終えて

■ブレイク ブレイド

後半で物語が別物になってしまいました。
ジルグの扱いが分岐点でしたね。
アニメは、ライガットをあくまで「クリシュナの騎士」として描ききりました。
そのために、王都ビノンテンの陵辱されるシーンをこれでもかと描き、敵将ボルキュスも美学のない残酷なだけの男にしたのでしょう。ライガットは一騎打ちで見事ボルキュスを打ち破り、真の英雄となったのです。めでたしめでたし。

ちなみに、原作のライガットはそうではありません。
これは私見ですが、ライガットにとっては、クリシャナの民にも国土にもそれほどたいした意味はなかったと思います。彼はただ、愛する女と親友のためだけに立ち上がり、ジルグの仇を討ちたいがためにボルキュスを殺した、エゴイストであり復讐者でした。

表面的な事実だけを見れば、アニメも原作も、ライガットの功績に変わりはありません。彼はクリシュナの歴史の教科書に載る英雄となりました。
しかし、ライガット自身は己が英雄などではないことを知っています。


■エスカ&ロジーのアトリエ

オートマタであるクローネがなぜ童話など作れたのだろうとずっと不思議でしたが、彼女は事実をなぞっただけだったのですね。納得です。

最後まで楽しませていただきましたが、私は前半の日常的なパートのほうが好きでした。
エスカとロジーはたいした恋愛的イベントもないまま、別々の道へ進んでしまいましたね。
このほうがこの二人らしい、と思いつつも少し寂しかったのは内緒です。


■極黒のブリュンヒルデ

前半はよかったんですけど、後半は駆け足展開になって残念でした。
必要なイベントは一応こなしてるんですけど、その行動ひとつひとつを意味づけるものがほとんど省略されてしまってるので話が薄いんですよね。
それにラストはアニメオリジナルとなりましたが、原作の設定をきちんと理解していないのか、イチヂクや小鳥のキャラを台無しにするものばかりで。。

  拍手する

シドニア最終回 「帰艦」

いつも冷静な艦長も、今回ばかりは危機感が強かったようで、オペレーターの報告に何度も動揺してるのがうかがえましたね。あの仮面はやはり、感情を面に出して周りを動揺させないためにかぶっているのだと思われます。

第二小隊をたった一騎で全滅させた紅天蛾と互角に戦うナガテが凄い。
サマリやツルウチ、セイイなどのベテラン操縦士たちもシドニアにはいますが、たぶん紅天蛾とナガテの二人は別次元の戦いをしてると思われます。
そんな紅天蛾への反撃は、意外にもロケットパンチでした(笑
油断しきったところへこの攻撃ですから紅天蛾も反応できなかったようですね。
オペレーターたちやユハタの「え?」「え?」「え?」が不覚にも笑えました。

「谷風、またお前だけ特別な装備だな。………ずるい」
「ああ。だからこの先は、俺一人で行く!」

谷風に特別な装備が与えられているのは、それだけ期待されているからです。でもやはり他の操縦士からは不公平に感じられる。当然です。
ですが、ナガテは自分が特別な装備とともに背負わされた責任をも理解しているのです。特別に期待されているのだから、それに見合った働きをしてみせる。その責任感と矜持がある。
仄レンもそれをわかったからこそ、ナガテに希望を託したのでしょう。

ナガテがクナトの説得に向かったのは、深刻な操縦士不足を懸念したユハタかセイイあたりに言われて渋々だったんだろうとか、クナトの涙は「この俺がナガテごときに同情されるとは屈辱………っ」ってことだったんだろうとか思う私は心が穢れてる。
実際あれはどういう涙だったんでしょうね。

エナホシジロがいなくなっちゃいましたね。どういうことでしょう?
エナホシジロの本体であったガウナはもう倒しているのですから、今回の作戦で紅天蛾や主本体を倒したことは関係ないでしょうし………。
それに、Cパートに登場した紅天蛾改のようなガウナ。
あれも謎です。
全ては二期を待て、ということでしょうか。

意気揚々とエナホシジロに会いに行くナガテが河合荘。
  拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。