スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

「これは命令だ」は無視される運命にある

■蟲師 続章
第七話 「日照る雨」

雨を呼ぶ女性の名がテルとは皮肉なものですね。

村を去るテルを、ヤスが「ありがとう」と見送ってくれました。その姿にテルがどれだけ救われたことでしょう。かつて自分のせいで命を落とした幼馴染の少年のことが、彼女にずっと暗い影を落としていたことは間違いありません。
ギンコの言うように、彼女に責任はありません。今回のことも、ちょっとしたかけ違いが引き起こしたものです。それでも、自分の来村が村人に期待をかけてしまったことが水の蓄えの消費を促し、あと少しのところでヤスの命を失うところだったと、彼女は自分を責めていた。
しかしヤスは笑って見送ってくれました。感謝の言葉と共に、また来てくれ、と。

村の人たちも、彼女が雨を降らせるとは思わぬまでも、彼女の来村と水不足の解消をどこかで無意識に結び付けているのかもしれませんね。村に安心をもたらしてくれる存在だと。

彼女の最後の独白通り、いつか蟲の離れた彼女があの村に根を下ろせる日が来るようにと、願わずにいられません。

テルを演じたのは日笠陽子さんでした。
今回は彼女の新境地を見た思いがします。


■シドニアの騎士
#07 「覚悟」

ああ………この手がありましたか。
大規模作戦中にどうやってナガテを陥れるのかと思っていましたが。
個別通信をあのタイミングで開いたというログでも残ってない限り、証明は難しいでしょうね。狡猾。
ただ、ここでもクナト・ホシジロの3本、仄の2本に対し、ナガテが4本挿しているのはさすがでした。
結局ナガテは気を失ったまま回復せず、ホシジロは身を挺してナガテを救いガウナに殺されたというのが顛末のようですね。

「ホシジロを殺したのはお前だ」か…。
前回の「今までのことはお互い全部忘れよう」もそうですが、お前が言うなってセリフを平気で吐きますよね、クナトって。 
彼にもホシジロを死なせてしまった悔恨はあるのでしょう。ただしそれを自分の責任にすることには耐えられない。だからナガテに全部押し付けたのでしょう。彼はこうやって自分の責任を全部回避しないと心の均衡を保てないんだと思います。とても心が弱く、ただし要領だけはいい。近くには寄りたくない人物だなぁ。

ホシジロの機体を真似るとは、ガウナもピンポイントでイヤなことをしますね。
これがガウナの意思だとしたらどんな意図があるのか。やっぱり人類とコンタクトしたいのでしょうか。
それとも、ガウナは取り込んだ人間の意識にあるものを無機的に再現してるだけなのか。

ホシジロの死は確定なのでしょうか。この先なにかあるとしたらガウナ化して「戻って……キタ…ヨ………」くらいしか浮かびません。
たとえ毒舌ゴスロリ人形やハイエロ粒子を出すようになってもいいから帰ってきてほしい。
スポンサーサイト
  拍手する

颯爽! 登場! 寧子さんだぁ! みんなの人気者~♪

■ブレイク ブレイド
第七話 「ナイト・ビフォア(出撃前夜)」

トゥル将軍とナルヴィの「ダメ親父と出来た娘」って会話、好きだったんですけど………(泣

ゼスの王都強襲部隊を退けたことで、戦場は王都から国境寄りに移ります。
トゥル将軍は正面からの力比べならクリシュナでも一、二を争うはずですが、その将軍があの死に様です。
50機から成る大隊が壊滅。これはクリシュナの保有台数の1/4にあたります。ミッドウェー並みの悪夢と言えるでしょう。片腕を根こそぎ潰されたクリシュナに未来はあるのでしょうか。

珍しくシギュンの内面が描かれましたね。
どうして彼女がホズルと結婚したのかが、この作品最大の謎です。


■蟲師 続章

蟲師はお休みの特番でしたね。
ギンコの中の人、格好良かったなぁ………。どこの俳優かと思いました。


■極黒のブリュンヒルデ
第7話 「希望のかけら」

村上は本当に甲斐性のある主人公ですよねぇ………。
魔女たちの生活を経済的に支えるし、次々方策を示し、自らも行動して彼女たちの命を繋いでいる。それも命の危険も顧みず。
そして、可能性が残されている限り絶対に諦めない。
それはまあ信頼されるのも好きになられるのも無理はない。

この作品のヒロインは間違いなく寧子なんですけど、カズミも一方のヒロインとして頭角を現してきましたね。二人とも応援したくなるから弱ります。


■シドニアの騎士
#06 「敬礼」

何があったの!?
ホシジロ戦死とか冗談でしょう!?


今回色々なフラグが立ってましたものね。ホシジロの疲労遅延、クナトの苛立ち→欺瞞に満ちた和解劇、手のひらを返したようなナガテへの賞賛…。
クナトがなにか仕掛けたせいかと疑いたくなるんですけど、他にも多くの操縦士がいる現場でナガテを陥れるなんて可能なんでしょうか………?
ナガテはナガテで、独断専行のケがありますし。次回予告を見る限り、初陣と同じで一度気を失ったようです。覚醒したナガテは指示よりも自分の判断を優先しますし、その結果としての失敗だとしたら………。

小林艦長たちが不穏な秘密会議をしてましたが、彼女が何かした可能性は考えてません。たぶんあの人はナガテの味方。

何があったかは今週の放送を待つしかありませんが、あれだけナガテが批難される状況になってもイザナはナガテの味方でいてくれるのですね………。
  拍手する

借家で爆発、ダメ、絶対。 by八軒勇吾


■魔法科高校の劣等生

第6話 「入学編VI」

どうして公開討論と同時にテロを起こす必要があったのかがいくら考えてもわかりませんが、きっとそれなりに理由はあるのでしょう。
学園の有事だというのに、ここでもおそろしいくらい大人の存在が排除されてますね。解決に向かうのは全て生徒です。唯一でてきた大人であるところのカウンセラーは情報を与えるだけで主人公たちに丸投げです。おまけに負担までかける始末。ある意味すごい。

剣道部部長はやり手な空気をまとっていたのに、とんだ雑魚でしたね。がっかりです。
目のことでしゅがを誘っていたのも、ブランシュ勧誘のためだったんでしょうか?

高周波ブレードくんは女剣士に惚れてましたか。
学祭でのあの仕合、たしかに真剣勝負なら女剣士の勝ちだったでしょう。だから高周波ブレードくんの逆襲はただの逆切れに見えました。
ですが彼が挑んだのは「剣道の試合」です。剣道のルールには詳しくありませんが、高周波ブレードくんが打ったのは小手、女剣士は右肩の付け根。これが剣道なら勝敗はどちらに着いたのでしょう?
高周波ブレードくんは、一科への対抗心を募らせるあまり自分の剣道ができなくなってる女剣士が気に食わなかったようですね。
達也などは別の評価をしたようですが、高周波ブレードくんから見れば今の女剣士の強さは歪んでると映ったようです。


■エスカ&ロジーのアトリエ
第6話 「おいしいデザートど〜れだ?」

りんごの収穫はこの地域の基盤です。代々のエスカの先祖がこの問題に取り組んできたからこそ今の慎ましくも穏やかな暮らしがある。一人前となったエスカもまた、この地域の歴史の一部となるのですね。
そしてクローネはずっと覚えていてくれることでしょう。エスカの子供や孫も、それを受けて自分なりの改良を施すのでしょう。

「ロジーさん、明日からつきあってもらえますか?」
でロジーがなんの勘違いもしないところが残念すぎる。


■極黒のブリュンヒルデ

原作既読なのでストーリーについては語りにくいのですが、
魔法使いの少女たちは誰も彼もが自分の生きる意味について真剣で一所懸命で思いやりにあふれていて、涙を禁じえません。

翌日の差し入れはバースデーケーキじゃないんですか村上くん。


■シドニアの騎士

シドニアは今期一番続きを楽しみにしてるアニメです。
最初はCG感強すぎて苦手だなぁって思ったのですが、すぐに慣れてホシジロもイザナも可愛いなと思うようになりました。植物系な女の子って元々好きですし。
みんながみんな、今を懸命に生きているのもいいですね。そんな中、一人だけ功名にはしるクナトの器の小ささが目立ってますが(笑

洲崎綾さん(ホシジロ役)と佐倉綾音さん(オペレーター役?)がパーソナリティを務めるラジオも聴いています。お二人の仲がよいのと毎回ちゃんと作品の話もしてくれるので楽しみ。
音泉で配信中です。
  拍手する

ブレブレCMの「思い出の地で再会する二人」というのが謎。…思い出?

■ブレイク ブレイド
第六話 「ワール・ウィンド(疾風怒濤)」

クレオが意外な強さを見せつけましたね。
格闘センスがあるのはわかります。ゼスが慣らし期間の圧倒的な短さを評価していたくらいですから。でも土煙を利用しての奇襲、敵機体を利用しての撹乱など、普段の彼女からは想像もつかない冷静さを発揮していたのにびっくりしました。
それにしてもゼスは慕われていますね。苦労を共にしたというだけではない、ゼスが部下を大事にしているからこそ、これほど部下が身を挺して助けるのでしょう。

「クリシュナの軍は捕虜の扱いに慣れていないの」
とありましたが、本当に何も方向性が定まっていないのがすごい(笑
エルテーミスの機体特性を聞き出すだけでもかなり重要な情報といえると思いますが、やはり前回のリィの自決が堪えているのでしょうか。情報を得ることよりも相互理解に重点を置いたようです。

新キャラ登場ですね!
「一週間で乗りこなせ」との命令でしたが、一週間というと天才・ゼスがかかった時間です。かなり無茶な命令といえるでしょう。
いえ、クリシュナはエルテーミスがどれだけ扱いが難しいかを具体的には把握していません。難しそうだと思う程度です。一週間というのは、マニュアルもない未知のゴゥレム、それも扱いの難しそうな機体を乗りこなすのに、王国最強の騎士ならどれくらいかかるかを想定した時間でしょう。だからクリシュナ上層部は「結構無茶な注文」を出したつもりでしょうが、実は「かなり無茶な注文」というのが本当のところです。
ちなみにこの新キャラの次に指名されるはずだった「ナルヴィ殿」というのは、今回クレオ機の足を撃って仕留めた女性騎士のことです。若手のエースといった位置づけですね。

シギュンを剥いてから見張りの兵士を部屋の中に入れましたが、女性兵士ですのでご安心ください(笑
どうでもいいけどシギュンはブラをしない人なんでしょうか?
そもそも存在しないの?
  拍手する

エスカ&ロジーのキャラ原案は左先生でしたか。

■ブレイク ブレイド
第五話 「カウンター・アタック(逆撃強襲)」

ボルキュスの娘の声に聞き覚えがあると思ったら、ミサカ妹ですね。

アテネスの偏向教育は、兵士を何も考えずに戦場へ向かわせるものですね。
クレオは優しい子ですが、今の彼女がすがりつくには都合のいいものでした。
それに対しゼスたちが何も言わないのは、国策に対し軍人としての立場が否定を許さないのと、クレオの心境を慮ってのことでしょう。

お互い、相手を殺さないよう配慮しながらの真剣勝負。
ですが操縦にまだまだ不慣れなライガットは手元を誤ってしまったようです。
装甲の上からの打撃により中の操縦者が潰されるというリアル志向の本作品。
はたしてゼスはどうなるのか………。



■魔法科高校の劣等生

第5話 「入学編V」

公開討論は学園ものとして見せ場のはずですが、本作品においては盛り上がらないこと甚だしい。
それはなぜか。
本作品が学園ものではないからです。

学園ものって、箱庭的な小さく閉じられた世界の中でだけ展開するから、学園内の事件が深刻に受け止められたり、学園内の優秀な人が輝いて見えるのです。マリみてが良い例ですね。
けれど魔法科高校の場合、外の世界とのつながりがさっさと出ちゃってるから、学園内で一科だ二科だとやってる生徒が小さく滑稽に映っちゃう。
達也と女剣士がいい例で、達也にはもう外で出来ることがあって、この学園には資格の取得以外何も求めてないのに対し、女剣士は学園が世界の全てって感じです。だからその姿が小さく見えてしまう。
学園を良くしようとする生徒会長と改革しようとする女剣士とだったら、話は学園内で収まるから盛り上がるんですけど、達也みたいなキャラが入るとその構図が壊されちゃうので、女剣士みたいな人はちょっとかわいそう。

そして一番損をしているのは生徒会長です。
この人は広い視野で物事を見ている。懐が広く、公平です。
会長は今回の事件を対立構造で見ていません。自分も有志同盟も等しく生徒なのです。有志同盟に理があるのならそれもよいと思っている。
この物語が達也の視点ではなく、また、有志同盟にもっとしっかりとしたビジョンがあれば、公開討論は今話のクライマックスとなったでしょうに。

さてさて、その公開討論は有志同盟側の完全敗北でした。
公開討論に持ち込んで言い負かされたら印象操作は失敗なのに、弁の立ちそうな者を送り込んでこなかったということは、何か別の目的があったということでしょうか?
このテロ行為で何をしたいのかわからないけど。


■エスカ&ロジーのアトリエ
第4話 「たるです!しっぽです!」

あのしっぽ、錬金術でつくったものだったんですね。
まるで自前のように動くから不思議には思っていたんですが。
ロジーも疑問に思っていたようですが、面と向かって問いたださないだけの分別はあったようです。

「もちろんあの天然おバカ剣士もね」
「リンカさんもですか!?」
「………失礼だろ」

それでわかってしまうエスカもたしかに失礼です(笑

「小物はセンスが必要だから私とニオが担当するわ」
何気におまえらセンスないって言ってますよね。
ウィルベルって女の子がだんだんわかってきたような。。
  拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。