スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

夏目友人帳 17 (花とゆめCOMICS)

夏目友人帳 17 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 17 (花とゆめCOMICS)
(2014/01/04)
緑川ゆき

商品詳細を見る


■いつか くる日

   人に惹かれる妖をいっぱい見てきたけど…
 みんな去っていったよ先生」

人と妖の恋はいつも悲恋に終わってきました。
生物としての在り方が違いすぎるからです。
ある者は身を引き、ある者は消え去った。
今回もきっとそうなるのだろうと思っていました。
けれど違った。これは、彼らの絆が特別強いというよりは、お互い若かったというのが大きいのではないかと思います。人も妖も見た目どおりの年齢です。覚悟はあっても、それ以上の情に任せてしまえる若さがあった。そういうことなのかな。
………なんて見方をするとちょっといやらしく聞こえてしまうでしょうか。
きっとこの二人は将来泣くことになるのでしょうけれど、それでも後悔のない人生を送ってくれるものと信じます。

「!! 葵さん落ち着いて! そしてよく見てこの生物を!」
夏目はときどき先生の扱いがひどいな(笑


■遊戯の宴

夏目にしてはドタバタしたお話でしたね。
まあ犬の会がでてくるといつもそうか(笑
しかし夏目もあちら側にずいぶん馴染んでしまったことよ………。


■歪み無き世界

いつぞやの挿絵が実現しようとは。
まさかの名取・的場の若き日の物語でした。
初登場時の名取は的場寄りの考え方に見えますが、それでも一線は引いていたのかな。
お互い道を違えながらも、どこかで相手に惹かれるものはあったのかもしれませんね。
スポンサーサイト
  拍手する

夏目友人帳 16 (花とゆめCOMICS)

夏目友人帳 16 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 16 (花とゆめCOMICS)
(2013/07/05)
緑川ゆき

商品詳細を見る


■結んではいけない

多軌の行動は少々うかつに見えます。
夏目や先生の庇護なしに陣を使っての妖との交流。これで彼女は一度死の危険にさらされているのですから。
しかし、夏目の言うとおり多軌は信じているのです。異形との交流が恐ろしいものばかりではない、と。諦めていないと言ってもいいかもしれません。
それはおそらく、夏目の存在があればこそでしょう。多軌は夏目のこれまでの足跡を聞いています。妖の力になれたこと、助けられたこと、友人となれたことを。
夏目の傍にある者として、彼女は諦めない選択をしたのです。

「…な、夏目くんのお知り合い? キレイな人ね」
前巻の予告から楽しみにしていたシーンです。夏目の女連れに動揺する多軌がかわいい。
夏目があんなですから恋愛成分薄いので、こういったシーンには全力で食いつきます。
夏目も多軌の動揺を察してあげて!!

「おいタキ、しるこの礼に忠告してやる」
先生もなんだかんだで夏目に甘いですね。
もちろん夏目が言いづらいことを代わりに言ってくれたのです。

この作品における妖は人間に優しくされるとつい思慕の念を抱いてしまいますが、今回の妖のそれはまるで恋情のようですね。ただ、慕われる人間にはある共通点   心の美しさがあります。恐れを抱きながらも優しくあろうとする多軌の心根に打たれたことは間違いありません。


■遠い祭火

西村と北本が混じると、普段大人びている夏目と田沼も年相応の子供に見えます。
この二人にどれほど救われていることでしょう。
北本が何気に鉄っちゃんなのは驚きでした。

「押入れなんておばけが出たり壷があったりしたらどうするんだ!」
体験者は語る(笑

「あら、かわいい。こちらお友達?」
「は、はじめまして。夏目といいます」

この服と肩幅でよく彼女と間違われなかったですね。

   ああ、また
 秘密にしろって勝手なことを
 おれにだけ心を見せて
 大事なくせに」

前話の秘密は目しているのが心苦しいところもありましたが、今回の秘密はまだ救いがありますね。
それがお互いのためになることですし。
田沼がイトさんの正体を薄々察していながらも、気にしないでいてくれたことも大きいでしょう。


■徒花の住処

なぜ彼らはそんなにも人間を求めるのか


今巻は多軌と夏目のカツトが多くて眼福でした。
中でも、あとがきの扉絵は
いったいこれどういうシチュエーションなの!?
と叫びたくなるようなもので、色々と妄想が止まりません。
  拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。