スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

次回ののんのんラジオは名塚さんがゲスト

最近ヴァルヴレイヴを面白く感じ始めました。


■WHITE ALBUM2
#11 「雪が解け、そして雪が降るまで(後編)」

前回を見た限りだと過去編は余計じゃないかと思いましたが、冬馬の心情の動きを追えるよい過去編でした。なんだかんだで冬馬ってけっこう乙女ですね。はじめてのプレゼントである参考書をずぶ濡れになりながら探すところなんてもう………。

春希は最低でしたね(笑
結局これって、一番好きな女の子には振り向いてもらえそうにないから、告白してくれたコになびいちゃったってことですよね。うーん、フォローできない。

唯一の救いは、冬馬が春希を受け入れなかったことです。
もしあの夜、一人きりで過ごしたのが小木曽だけだったらやりきれなかった。


■のんのんびより
十一話 「かまくらをつくった」

兄ちゃんはあの雪の中、一人で帰宅したんでしょうか?
それとも私が気づかなかっただけ?

ほたるんってば、別にこまちゃんと同衾してるから眠れないとかではないんですね。そこはやっぱり小学五年生ってことなんでしょうか。すみません、もっと危険人物だと思ってました。

なっつんはノリと勢いだけで生きてるところが可愛い。
四人の中ではムードメーカーですが、もし彼女が40人学級にいても同じポシションを維持できるかというと疑問です。彼女の奔放さは全員の理解があってはじめて成り立つというか。そういうところもこの作品の田舎ゆえの寛容さ、親密性の表れといえるのかもしれません。

今回のほたるんは、普段常識人ポジションにいる彼女にしてははっちゃけてましたね。アグレッシブほたるんは村川梨衣よりもソンセンナシコロモさんが演じてる感じがして新鮮です。


■ゴールデンタイム
第11話 「トラブルパーティ」

加賀さんの愛がだんだん重くなってきてますけど………それを重く受け止めすぎないのがうまくやっていくコツなのかなぁ? まあそれくらい楽天的な性格でないとそもそも好きになったりしませんよね。
でも、楽天的過ぎて破滅フラグを立てちゃってるのが不安です。
今回のパーティでリンダ先輩と一緒になったのは不可抗力ですけど、それを考慮してくれなさそうなのが加賀さんだし。

ホワイトアルバム2とゴールデンタイムは放送時間が連続しているのと、三角関係を扱った作品ということでつい比べてしまうんですが、ホワルバ2の三人はなんだかんだで心が綺麗ですよね。打算というものがない。恋心に揺れながらも、二人だけの世界に耽溺せず常にもう一人のことを思い遣ってる。
しかしゴールデンタイムは男女の打算も妬心もちゃんと描いちゃう。登場人物もそれを自覚して隠さない。
さすがは竹宮先生。
スポンサーサイト
  拍手する

ほたるん分が足りない

■WHITE ALBUM2
#10 「雪が解け、そして雪が降るまで(前編)」

あー………。
冬馬大逆転?
春希も、ずっと好きだったけど振りむいてくれるなんて思わなかった、なんて言っちゃいましたしねー。
そんなのは彼女もちの男の言っていいセリフじゃないんだよっ!
お前にとって小木曽って何だったのさ!

後半はどうやって冬馬が春希を好きになっていったのかの回想でした。
いままでの言動から、冬馬が春希を認めていたのも、春希にギターを教えたのも明らかになってますから、ここは回想してもらわなくても想像で補えた部分なのですが。


■てさぐれ!部活もの
第10話 「エゴイズム」

ラジオでキャストの方々に絶賛されていた回でした。
「目」と「口」でうまいこと料理してましたよね。
私は葵の無茶苦茶で勢いのある合いの手がお気に入りです。
小春もツッコミ役として機能してましたね。

小春んのボケ殺しが秀逸でしたね。
でも、私もあれの元ネタ知らなかったので同類かな。
バラエティって全然見ないので。


■のんのんびより
十話 「初日の出を見た」

完璧れんちょん×駄菓子屋回でした。
一歳の頃かられんちょんを見守ってきたんですねー。
最初はお駄賃目当ての子守でしたが、その後自発的に会いにくるところが素敵でした。一歳相手だと友達のところに遊びに来たとは誰も思わないですよねえ。

ほかの玩具で遊んでるときにガラガラを出されると怒るのは、いかにも子供らしいマイルールで納得でした。


■ゴールデンタイム
第10話 「イン・ザ・ミラー」

ううむ。
これは過去の万里と今の万里が入れ替わったのではなく、融合が始まったということなんでしょうか。単純に記憶が戻ったならまだわかりやすいのですが、過去の万里の気持ちだけが残るというのは複雑です。
しかし、一人の人間が二人の女の子を好きになるという物語において、これならば主人公が不誠実にはなりません。今の万里が加賀さんを好きだという気持ちも、過去の万里が抱いていたリンダへの思慕も、それぞれの歴史の中で育った本物なのですから。

加賀さんはおそらく万里とリンダがただの先輩後輩でないことに気づいてしまったんでしょうね。
お見舞いに来たときの、必死で万里との絆を自分と周りに言い聞かせる様はちょっと痛々しかった。
  拍手する

はたらく魔王さま! (8) (電撃文庫)

はたらく魔王さま! (8) (電撃文庫)はたらく魔王さま! (8) (電撃文庫)
(2013/04/10)
和ヶ原聡司

商品詳細を見る


アニメ終了から少しずつ読み進めて、現在8巻まできました。

カバーイラストを見て
「あれ、ひょっとして~5年後~とかなの? 5年も経ったら魔王さまとエミリア、籍を入れちゃうんじゃないの!?」
って期待したけど、そんなことは全然なくてふつうに続きからでした。いえほら、5年も経ったらアラス・ラムスを小学校に通わせる段になって戸籍とか両親が揃ってないととかさんざんもめた後にそういう可能性もあるんじゃないかとちょっとばかり妄想してしまって。

魔力さえ取り戻せばエミリアと双璧を為す………はずが、強さで天使に遅れをとり、エミリアにも差をつけられてBクラスに落ち込んでしまった魔王さまですが、アシエスの登場によって最強クラスに返り咲きましたね!
これでこそわれらが魔王さま!
とはいえこれが最終形態かはあやしいものがありますが。

少し前から気になっていましたけど、マレブランケは何を考えて天界やオルバと手を組んでるんでしょうね。彼らがどういうつもりでいるのかよくわかりません。魔族によるエンテ・イスラの統治とは程遠い結果にしかならないと思うんですけど。ファーファルレロを見てるとその程度もわからないほど脳筋集団とは思えませんし。
そもそもファーファルレロからの報告を受けたにもかかわらず、魔王の命を無視して天使に力を貸しているというのが解せません。そのわりに魔王を目の前にしたら恭順の意を示すなど、一貫性に欠ける。
おそらく彼らには彼らなりの狙いなり、仕方のない理由なりがあると思うんですけど、それを推し量るには材料が足りてません。

エミリアがどうしておとなしく囚われの身となっているのかも謎ですね。
あの種籾にはたしてどんな意味があるのでしょう。
あの麦が品種改良による革命的な収穫をもたらすとしても、そんなものがなければ飢えて死ぬほどエンテ・イスラの民が困窮しているようにも見えませんし。
エミリアを脅迫できるとしたら人命くらいですよね。ということは、あの種籾を所持していることが人質をとっていることの証、ということでしょうか。よくわかりません。

エメラダとアルバートはどうしてるんでしょうね。地球に連絡もできないということは、彼らも人質になってるのでしょうか。いくら人類最強の方術師と仙術士とはいえ、最盛期の魔王さまをもしのぐ天界の天使にでてこられては太刀打ちできないでしょうしね。
しかしせめてアルバートくらいはつかまらずに潜伏してくれてないと、エンテ・イスラに戻っても情報収集すら覚束ないような。
最悪のパターンとして、エメラダとアルバートも裏切っていたというのがありますが、それだけはないと思いたい。だって、オルバに裏切られただけでもそうとうなダメージだったはずなんです。
だからこそ、エメラダとアルバートの二人はエミリアにとってエンテ・イスラと自分をつなぐ最後の絆。その彼らにさえ裏切られてしまったら、と思うと胸が痛みます。

そしてなぜ魔王さまが隣室に踏み込んだ際の挿絵がなかったのか。。
  拍手する

初めてなっつんがかわいく見えました

■WHITE ALBUM2
#8 「やがて冬が始まって」 ~ #9 「すれ違う心」

あのライブから卒業旅行までが、三人の一番幸福な時間だったのかもしれませんね。

春希は男の矜持か、冬馬が距離を置くことにやや肯定的ですね。感情よりも理性を優先させているというか。
しかし小木曽は危機感を持っています。なぜなら春希と小木曽では前提が違うから。
冬馬は強く繋ぎとめておかないと離れていってしまうという危機感が小木曽にはあるのですね。この不自然なバランスを解消するため、あるいは間近で幸せな二人の姿を見たくないという思いから、あるいは小木曽を思い遣ってか。
必死で三人の絆を維持しようとする小木曽は、ひょっとしたらこの物語の主人公なのかもしれません。

冬馬も言ってましたが、ブランクある人がいきなり入賞できるほどピアノの世界は甘くないのですね………。
彼女が自分を鍛えなおしたくなるのはもっともですが、だからといってこの距離の置き方はおかしい。
春希の姿を目に焼き付けたとき、彼女はもう決心を固めていたのですね。
最後の飛行機のシーンで「まもなく成田に~」と聞こえた気がしましたが、あれは一度先生の元へ顔を見せてから一時帰国したところなのかな?

しかしピアノの修行は冬馬の将来に関わることです。うかつな反対は出来ません。
ただ一緒にいたいからでは説得力に欠ける。
小木曽は、春希はどうするのか。


■のんのんびより
八話 「学校でごはんを炊いた」

ほたるんはいろんな意味で小学生らしからぬ小学生ですね。オシャレは当然としても、クラシックだのコーヒーはブラックだのと。
好きな人はと聞かれてこまちゃんに秋波を送るほたるんはいったいどういうつもりなの。。
気づいてほしいのか気づかれたくないのか(笑

れんちょんはフリーダムすぎてちょっと将来が心配になる子ですが、この子は案外芸術方面で花開いて村で一番大成するのかもしれませんね。

九話 「文化祭をやってみた」

なんという二次創作魂を揺さぶるほたるん………。
こんな田舎の文化祭だからこれで済んでますが、都内の学校だったら大繁盛してますよ。

普通こういうみんながダメになってるときって、お兄ちゃんみたいな人がこっそりケーキを作ってくれたりするものだけど、このお兄ちゃんは本当に何もしないなぁ(笑

「散髪」とか言っちゃうひか姉が不憫かわいいです。


■ゴールデンタイム
第8話 「リセット」 ~ 第9話 「ウィズ・ユー・アゲイン」

加賀さんに内緒でリンダ先輩との仲を修復してるのが響いてきそうですね。昔の写真が見つかるフラグ立てちゃったし。そもそも、ベランダであんな大声でしゃべっていて加賀さんに気づかれなかったのかなぁ。
これで加賀さんが本気で万里しか見えてないなら気の毒なんですけど、そうは思えないからリンダ先輩を応援したくなるのは日本人としての性。

9話は衝撃のラストでした。こういう展開になるんですか。
あの幽霊くんはてっきり読者のための語り部かと思ってました。しかしこうなると、現在の万里と過去の万里が同時に存在してしまう………っ!
過去の万里はリンダ先輩をつなぎとめるためになりふりかまわなくなっちゃうの!?
来週は見逃せない!
  拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。