スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

FLAG 11.0 「SHOW ME」

今ほしいのはベストエンドじゃなくスピードエンドなんだ!
と考える桂馬に対しちひろが突きつけたのは
「本気で歩美を好きになれ!」
という要求でした。
ウソで塗り固めた桂馬の攻略にNOを出したのです。

親友が騙されたまま落とされるのがガマンならなかったというのが表の理由であり、おそらくは、自分が振られた理由の結末がこんなバカ芝居だと思うとやりきれなかったというのが本当のところなのではないかと思います。

彼女の要求を桂馬は呑みました。
それはたぶん、桂馬なりの誠意だったのではないかと。
自分が傷つけてしまった、にもかかわらず協力してくれて、自分の妥協の末の攻略を戒めてくれている彼女への。

ただし、本音でぶつかれというちひろの思いとはうらはらに、桂馬の出した答えは本気でぶつかるというものでした。
本音でぶつかれというのは人間に落ちろと同義です。
しかし桂馬はあくまで神として全力で攻略することを選びました。スピードエンドではなくベストエンド目指す。桂馬の本気とはゲーマーの本気なのです。彼はそこだけは譲らなかった。


「すみませんねぇ……。私が間の悪い告白して」
ちひろは自分も攻略対象になっていたことを知りません。ちひろ視点だと「邪魔した」ことになってるんですね。そしてこの認識は最後まで改められることはありません。
「桂木はなんで私とデートしたのさ?」
それは彼女が知ってはならない真実なのです。


「桂木が失敗したらどーなんの?」
「失敗? そんなの許さないわ!」

いい返しですね。
覚悟の程が視聴者にうかがえ、ちひろには深刻さが伝わる。

「歩美、おまえはボクにとって…最初のヒロインで……そして…最後のヒロインだ!」
つまり中間のヒロインがいたんですよ歩美さん。

「バカだねー。歩美も」
「……私も」

この後半部分を歩美が聞いて怒りを爆発させる。これはアニメ独自の演出ですね。原作だとこれが歩美に聞こえたかどうかは読者の判断に委ねられています。
原作が読者の判断に委ねたところを、アニメがひとつの解釈を選び取って視聴者に見せるのはおもしろい試みですね。お見舞い回でちひろに電話する直前の謝罪もそうですけど。
スポンサーサイト
  拍手する

最近の神のみぞ知るセカイ女神篇

FLAG 7.0 「Bad Medicine」

今回の最大の変更点は、ちひろに電話する直前の桂馬のセリフの扱いだと思います。原作ではカギカッコつきで示された「演技のリハーサル」でしかなかったセリフが、まるで桂馬の心からの謝罪に聞こえました。
前者ならばちひろを攻略するうえでのフォローでしかありません。しかし後者なら、攻略上ちひろの告白に聞こえないフリをしたことへの謝罪ということになります。
これは原作の女神篇の結末を踏まえての変更じゃないかと思います。でもこの時点で桂馬にここまでちひろに思い入れさせてしまうのはやりすぎじゃないかな。ちひろの存在が桂馬の中で大きな意味を持ってしまったのはあくまでW攻略の後半、彼女を傷つけたことへの後悔が理由なのですから。

桂馬の「誰も来ないよ」に対する歩美の「ウソ、来るよ」は誰を想定したものだったんでしょうね。順当ならば噂になってるかのんちゃんだけど、ちひろが桂木邸を訪れたことに驚くよりも怒りが勝ってましたからね。


FLAG 8.0 「めがみみっくす」

ここまでのちひろ再攻略で桂馬は攻略らしい攻略をほとんどしてません。原作では一緒のゴミ捨てさえ智将歩美の企てだったし。
これをアニメで桂馬の行動としたのは、尺の都合もあったんでしょうけど、桂馬の能動としたかったのもあるんじゃないでしょうか。
でもここの桂馬は女の子に振り回されるだけでいいと思うんですけどね。攻略してるつもりが、できてなかった。その事実に読者も一緒に愕然とするのがこのW攻略ですよ。

素直になったちひろが可愛すぎて困ります。
ちょっと憎まれ口をききながらも、桂馬を受け入れる気満々です。


FLAG 9.0 「Absent Lovers」

「桂木…やさしくしてよ…。わ、私……初めてだからね……」


ちひろ7

この状況で「初めて」が「キス」だと解釈する桂馬は健全ですね。

冗談はともかく。
落し神が狂ってしまった、作品上最大の出来事ですね。
何をすればいいのかはわかっていた。ちひろの傷も浅く済み、スムーズに歩美攻略に移行できるコペルニクス的展開が頭の中にあった。
それなのに、想定にないちひろの恋情に、桂馬は突き放さざるをえなかった。
神が地に足をつけた瞬間です。

ディアナ→桂馬は、アニメオンリーの人には決定的にエピソードが足りてませんよね。女神篇が始まった時点でもうディアナには桂馬への信頼が育ってますし。このへんはどうしようもないけど。


FLAG 10.0 「ラビリンス」

胸囲の格差社会c
胸囲の格差社会。
肩ひもって残酷ですね。

話を尺に収めるためにいろいろ再構成されてましたね。
ハクアの拷問と救出が省略されたのも一応納得です。
ただ、歩美とメルクリウスの問答がまで省略されたのは残念でした。
ちひろの視線に怯え、後ろめたさを感じていた自分。それはちひろへの友情からではなく、ずっと桂木のことを考えていたからだと彼女が気づく重要な過程でした。

ハクアが成績で他を圧倒して証の鎌を手にした、とありますが、そうか、アニメではフィなんとかさんがいないからこのセリフが矛盾しないんですね。はっ、まさかこのためにフィなんとかさんは消されたんでしょうか!?
  拍手する

女型巨人の正体を知った上でもう一度進撃を頭から観返すと違う進撃が見えてきそうですね

■進撃の巨人
#23 「微笑み ―ストヘス区急襲 (1)―」

前回の感想で述べたようにアルミンは女型巨人の正体が同期の中にいると絞っていました。
ただ、同期で調査兵団に属していない女性はアニ以外にもいます。
視聴者は主だった女性キャラの中から消去法で絞れますけど、アルミンはマルコの立体起動装置を覚えていて、そこからアニに目をつけたのですね。

これでトロスト区攻防戦の後にアニがマルコの亡骸に謝っていた理由がわかりました。
さすがに直接手を下しはしなかったでしょうが、マルコはアニに立体起動装置を奪われたのですね。あの状況で立体起動装置を失えば死は必然ですから、アニが殺したも同然ですけど。

アニはいつからアルミンを疑っていたのか?

誘われた最初からでしょう。
その証拠にあの指輪を出発時点で装着してます。これを使うことになる可能性を考慮していたのです。
あらゆる状況において油断が許されない立場に彼女はいるのです。壁の中は彼女にとっての敵地なのですから。
ただ、確信まではしてなかったのではないでしょうか。9割方アルミンが自分の正体に気づいて罠にはめようとしていると考えながらも、どこかでそうではない可能性を信じたかったのではないでしょうか。

おそらく確信したのはアルミンに「なぜストヘス区に入る前に逃げなかったのか」聞いたときでしょう。あの答えはアルミンにしては苦しかった。少なくとも、ストヘス区に入る前に逃げるのと比較して、こっちの作戦のほうが可能性が高いとはとても言えない状況です。アニも指摘したとおり、彼女に断られれば作戦はほぼ失敗するのですから。

もちろん彼女にとっても分の悪いばかりの賭けではなかったのでしょう。
女型巨人の目的はエレンを連れ去ることにありました。わざわざ憲兵兵団の護送列を襲わずとも、エレンを連れ去るチャンスが転がり込むことになります。

最後の場面は見ていて悲しくなるものがありました。ミカサはともかくとして、友情を盾に罠にはめたアルミンのやるせなさ、ここまで状況証拠が揃いながらそれでも信じたくないエレンの叫び。半ば確信しつつもやはり罠にかけられていたことを寂しく思うアニ。

アニが人類を裏切った理由はいまだ定かではありませんが、Aパートの断片が示すように、彼女には彼女なりの理由があっての行動なのでしょうね。
「私は…戦士になり損ねた」
この言葉の中に答えがあるのでしょうか。


■とある科学の超電磁砲S
#22 「STUDY」

布束さんは何か弱みを握られて協力させられてるのかと思ったけど、裏切り扱いされるってことはもっと複雑な事情あってのことなのでしょうか。
でもやっぱり布束さんで安心しました。

テレスティーナはシスターズのことを知っていたんですね。
なるほど、美琴を実験動物扱いするはずです。


■げんしけん二代目
第11話 「いい最終回だった」

こんないい最終回見せられてしまうと、げんしけんってあとは斑目の幸福を探して終わりなのかなって気がしなくもありません。
その最大のカギを握ってそうなのが同性の波戸くんというのがげんしけんらしいけど。


■サーバント×サービス
第11話 「アテンション あなたを狙う 甘い罠」

三好さんはこのまま田中(孫)にほだされてしまうんでしょうか。
ルーシーと長谷部も、千早さんと一宮さんも応援してますが、田中(孫)は応援できない………。
  拍手する

ご無沙汰してます

気がついたら一ヶ月以上更新をサボってました。
Twitterで感想とかつぶやいているとそれで満足しちゃうのがオソロシイ。

■進撃の巨人

エレンの処遇検討以来、なんだか急に生臭くなった気がします。
この物語は巨人vs人類の戦いかと思っていたところへ、振って湧いたように現れた「人が操る巨人」の存在で、人vs人の争いになってしまいました。突然変異の巨人ではなく、人が壁を壊して巨人を招きいれた。これはテロリズムとかそういうものなんでしょうか?

女型巨人への備えをしてあったということは、少なくとも調査兵団上層部は「人が操る巨人の存在」をエレンの覚醒より前に知っていたことになりますね。そのあたりもいずれ明かされるのでしょうか。

アルミン・ジャン・ライナーで女型巨人に当たったとき、「死に急ぎ野郎の仇をとってくれ!」とアルミンが叫んだのはずっと疑問でした。
アルミンの意図が、女型巨人に「エレンがすでに死んだ」と情報を与えることで困惑させることにあったのは明らかです。しかしなぜ「死に急ぎ野郎」だったのでしょうか?
「死に急ぎ野郎」=「エレン」
それはごく限られた人間にしか伝わらない代名詞です。エレンの訓練生同期にしか。

アルミンが女型巨人の正体を訓練生同期に絞った理由は後に明かされましたが、女型巨人との遭遇からあの短時間でそこまでの事実にたどり着いたなら、恐るべきはアルミンの思考力です。
しかし、訓練生同期の主だった女性はほぼ調査兵団に志願しており、一連の遭遇戦の間にもその姿が確認されています。ミカサはもちろん、サシャもクリスタもユミルも。すると………?


リヴァイ班のみんなは強かった。。
しかし常道にとらわれたことが彼らの死を招きました。
一分間の再生時間。
通常の巨人狩りならば通用した常識がこの女型巨人には通じない。

キャラの立ったリヴァイ班を惜しげもなく殺しますね、この物語は。
でもよく考えればリヴァイ班のメンバーだってそれほど愛着があるわけではありません。エレンとの間の信頼関係だって希薄だし。
「そうなのエレン? 私たちのことが信じられないの!?」ってセリフがかなり薄ら寒く聞こえたのは私だけじゃありませんよね?
つい最近間違えて変身したエレンに敵意むき出しだったくせにどの口がって。
物語としては、リヴァイ班の死そのものよりも、部下を失ったリヴァイの心中や、長年入りたかった調査兵団の精鋭中の精鋭である集団に入れてその一員になりたがっていた矢先のエレンの失意を表現したかったのかもしれませんね。

無理を通して兵団を危機に陥れた部下に兵長が胸章を渡してましたが、死体回収もおっつかなかったものが胸章をとってこられるとは思えません。たぶんあれ、リヴァイ班の誰かのものですよね。兵長………。

思えばエレンって、兵士としてはただの一匹も巨人をしとめたことないんですね。


■とある科学の超電磁砲S
ようやく黒子たちを頼ったか………っ! 本来ならここはシスターズ編であってもよかった場面だけど、シスターズ編はまず禁書ありきのストーリーだから美琴が一人で背負わなければならなくてストレスでした…。
今度の敵は小物臭がひどくて、今から結末が楽しみです。
気にかかるのはなぜ布束さんが協力しているのか、ですが。
彼女はアイテムに捕らえられてからどうなって今に至るのでしょう。

■サーバント×サービス
千早さんと二人きりのときの塔子ちゃんは憎まれ口も叩かない、ちゃんとお礼も言える普通に可愛い女の子ですね。

■Flee!
江ちゃんはなんかBL的に邪魔にならない程度にみんなのそばにいられる綺麗どころとして配置されてますよね。ライバルの妹として遥に期待するポジションだけど、筋肉好きの性癖が恋愛感情に結びつくのをうまく阻害してるし。
  拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。