スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  拍手する

現代日本に馴染めない鈴乃かわいい

■はたらく魔王さま!
第8話 「勇者、修羅場に突入する」

鈴乃は、越してきたばかりの隣人としては距離を縮めすぎだろうという気がしますが、うまくイベントがかみ合ってるからたいして違和感なく観られます。引越の挨拶のうどんによって魔王城の家事担当者が床に臥し、それに負い目を感じて家事をするため魔王城に入り浸る。展開に無理がない。スマートです。
しいて言うなら、魔王城の誰も鈴乃を女性として意識するところが少ないところでしょうか。男所帯にあんな甲斐甲斐しい女の子が入ってきたらどうしても意識してしまうものですが。彼らの、ある意味あまり人間らしくない反応が今の状況を作り出していると言えなくもないのかもしれません。

……と思ってたんですが、アルシエルもルシフェルも、それなりに危機感はもってたんですね(笑
魔王さまは木石ではないものの、ちーちゃんに好意を向けられてることはわかっていても、それを嬉しいと思ってる様子はありませんね。魔王さまにとっては子供なのか、種族の違いがそうさせているのか。

誤解が解けた駅での口論シーンはみものでした。
エミリアが月夜の餅つきをバックに言いよどむシーンは傑作でしたね。どうしてあんなの思いつくんだろう。アニメつくる人ってすごい。

教会との共闘は、打倒サタンを第一に考えるなら良い条件です。
しかしエミリアは頷かなかった。
そこには「もう教会を信用できない」という立派な理由があるわけですが、それが理由のすべてでしょうか? そう思えてならないのがこの作品のうまいところだなぁと思います。無理のない範囲でエミリアに勇者としての名目を与えているから、彼女の心の奥にあるものを視聴者が好き勝手に想像できる余地がある。
具体的に言うと、前回のエメラダの指摘が一番真実に近いんじゃないかと思えて仕方ないわけです。


■フォトカノ
あれ…?
室戸先輩回がふつうにいい話だった………。


■やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

戸塚くんが朝からヒッキーを殺しにかかってますね。
なんで女の子座りしてるの………。

自分を哀れむぼっちが多い中、ヒッキーはぼっちな生き方にも哲学があるところが異色なキャラですね。そんな彼の一風変わったもの見方が見所な作品なわけですが、今回の解消方法は特に斜め下でした。
ただし、ヒッキーの思い通りにならなかった部分もあります。そこがちょっとだけ希望の種になってるのが素敵です。もちろん、目に見える形で結果がでたわけではありません。あくまでちょっとした希望、なのです。そのさじ加減がよい。

三人の運命があの交通事故で交錯としていたとは………。


■翠星のガルガンティア
これは結局のところ、レドがどちらに所属するかという話なのでしょうか?
それは、ヒディアーズとの戦闘だけが彼の存在証明であるという問題にも関わってきます。これを越えずしてレドの所属変更はありえません。


■RDG レッドデータガール
やっぱり、神様がマスミの形をとっていただけだったんですね。
少しずつ泉水子と深行の距離が縮まってくのにちょっとわくわくします。
スポンサーサイト
  拍手する

せんたっきーふらーいどちきーん♪

■はたらく魔王さま!
第7話 「魔王、近所付き合いで家計を助けられる」

エメラダ可愛い。
あんな歌うようにしゃべる女の子って私のツボです。咲-Saki-の荒川さんとか。

エミリアと鈴乃の、噛み合ってるようで噛み合ってない会話が愉快ですねぇ。
教会の意向はオルバのように勇者と魔王を両方除くことかと思っていましたが………鈴乃自身はそうでもないのでしょうか。少なくとも彼女からは勇者エミリアに対する敬意が感じられます。

エミリアを襲った刺客、瞳の色が鈴乃と似てましたね。タイミング的にも彼女である可能性は高そうなのですが、一言だけもらした声は男のものに聞こえたし、先述の態度とも矛盾するし、どういうことでしょう?

コンビニ店員さんの、一見使えなさそうで実は有能なところがいいですね。これがギャップ萌えというものでしょうか。


■フォトカノ
第7話 「星の笑顔」

実原さんが案外チョロかった。


■俺の妹がこんなに可愛いわけがない。
第7話 「俺が後輩と恋人同士になるわけがない」

むむむ………っ!
黒猫と沙織のあのシーンはカットですか。
アニメの構成上やむをえない決断であったのかもしれませんが、原作ファンとしては残念の一言です。あれは俺妹屈指の名場面だっただけに。
それに、あれはたんに黒猫と沙織のエピソードというだけに留まらず、京介たちのコミュニティそのものの存続にかかわるエピソードでもあったはず。


■やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
⑦ 「ともあれ、夏休みなのに休めないのは何かおかしい。」

妹ちゃんかわいい。
戸塚くん、ヒッキーに愛されすぎ。

変な感じに膠着してましたね。
リア充組はリア充であるからこそぼっちの心の機微がわからない。
ぼっちのヒッキーたちはぼっちの心情を理解できるがゆえに手が出せない。


■進撃の巨人
#06 「少女が見た世界 -トロスト区攻防戦(2)-」

ごめんなさい。
一話を観たときは、エレンって口先ばかりの自意識が肥大した少年だと思ってました。命がけでミカサを救い出した経歴の持ち主だったんですね。それは無謀と紙一重の行為だったかもしれないけど、彼は間違いなく正しい勇気の持ち主であったわけです。
そしてミカサがどうしてあんなにエレンに執着するのかという疑問も解消されました。

#07 「小さな刃 -トロスト区攻防戦(3)-」

仲間を鼓舞するなんてミカサらしくないと思ったら案の定………。それを見抜いたアルミンはかなり立ち直ったなぁと一安心です。
サシャはすっげー前向きで好感度UPなんですけど、リーダーシップは皆無ですよね(笑

取り残された兵士たち。巨人と一戦交えるだけのガスが残ってるならそれで壁を登ればいいんじゃないかなと思ったけど、壁まで歩いてたらそこにたどり着くまでに巨人に食われちゃうのかな。

あの奇行種、明らかに体の鍛え方が違うぜって感じですね。でも同じ知性が見えるにしても、超巨人や鎧の巨人みたく、白い筋が体を覆ってるわけでもなし。いったい………?


■RDG レッドデータガール
第7章 「はじめての迷子」

マスミは夭折した三つ子の一人ってことでしたが、傍から見てるぶんには根本的に人間とは違う存在に見えますね。価値観を共有できないって意味で。
  拍手する

なんでエレンすぐ死んでしまうん?

■はたらく魔王さま!
第6話 「魔王、学校の階段を昇る」

教会の幹部たちのエンテイスラ語、堪能ですねぇ。しっかり感情が乗ってて、さすがベテランの声優さんという貫禄がありました。
そういえば、大家さんが魔王たちの事情に訳知り顔だったことに突っ込みはないのでしょうか?
ちーちゃんがあれだけアピールしてるのに、魔王さまは正しく鈍感系主人公ですねぇ…。


■フォトカノ
第6話 「想いはるかに」

相変わらず頭のおかしいアニメですね。現像から展示まで全部すませておきながら、学園祭当日に許可を求められてNOといえる人間がいるとでも? 蔦子さんならこういう強引な真似はしません。

早々にメインヒロインルートをクリアしてしまいましたね。
アマガミみたいにリセットされるのかと思いましたが、次回予告で「半年~」と聞こえたような。まさか新見さんを彼女にしたまま話が進むのでしょうか?


■俺の妹がこんなに可愛いわけがない。
第5話 「俺が妹の彼氏なわけがないし、俺の妹に彼氏がいるわけがない」

俺妹は原作既読で展開を知ってるので、アニメで動きを楽しむのがメインになってしまってます。
デートを目撃して動揺する黒猫可愛い。


■とある科学の超電磁砲S
#5 「絶対能力進化計画」

バッヂを拾った笑顔が目に焼きついて離れません。


■翠星のガルガンティア
05 「凪の日」

ガルガンティアはエイミーだけを見てれば制作側の表現したいことがだいたいわかるんじゃないでしょうか。
アバンのやりとりにしたって、「レドには○○の仕事が向いてる」と簡単に答えを与えず、まずこの船団で何が必要かを実際に経験し感じ取れという。


■進撃の巨人
#05 「初陣 -トロスト区攻防戦①-」

巨人の動きってもっと鈍重で、周りの動きにも鈍感なのだと思ってました。なにあの機敏な反応。
あれじゃ調査兵団がやられて帰るわけですよ。。

しかし巨人はどういう存在なのでしょうね。
生物とは思えない再生能力を有し、栄養補給も必要とせず、なのに人間だけを捕食する。
まるで人類を苦しめ根絶するためだけに存在しているかのようです。

エレン………片手片足をもがれて飲み込まれちゃいましたけど、………この後どうなるんでしょう?

1.実はミカサが主人公だった。

2.実はアルミンが主人公で、彼はタイムリープを繰り返しエレンの生存するルートを探し彷徨うことになる。


■RDG レッドデータガール
第6章 「はじめてのお泊まり」

簡単に馴れ合わないところはよいですね。
宗田の双子にははっきりとした目的があり、深行の動き次第ではそれが妨げられる可能性もある。味方にできれば頼もしいかもしれない。そのあたりの見極めをしたいんでしょうけれど、二人は根本的な間違いを犯しています。パートナー枠、という制度が勘違いさせてしまったんでしょうね。二人は深行と泉水子のことは、深行が主で泉水子が従だと思っています。泉水子があんな存在を降ろす巫女だと知っていたらとてもあんなセリフは出ないでしょう。

酔った泉水子は可愛かった~。ちょっとフルーツ食べすぎだろうとは思いましたが(笑
  拍手する

狡兎死して走狗煮らる、というやつですね。

■はたらく魔王さま!
第5話 「魔王と勇者、笹塚を救う」

勇者エミリアの出自を考えると今回は酷な展開でしたね。
彼女の後ろ盾は教会であったわけですから、オルバはおそらく勇者一行の中でも最初にエミリアの仲間となった人物のはずです。信頼を寄せていたでしょうに。
そこから短時間で立ち直ったのはさすが勇者というべきでしょうか。
しかしファンタジー世界の教会って大抵生臭いですよね。私たちの世界の歴史に倣っているんでしょうけれどいやだいやだ(笑

一方、魔王さまにとってはショックでもなんでもないでしょう。
魔族とはどこの世界でも力が正義の社会です。力を失ったものが裏切られるのは当たり前といえば当たり前。それが気に入らなければ力で再びねじ伏せればよいのです。
ルシフェルを最終的には許して幕下に戻したのもそういう理由からだと思われます。

今回の件で魔王がこの地球でも力を取り戻せることがわかったわけですが、勇者の力(聖ホーキ?)は補充の術がありませんよね? エミリアは魔王の新たな一面を見て彼を見極めるべく地球に留まったのでしょうけれど、この先勇者としての力を振るうのは難しいのではないでしょうか。

エンテイスラでの魔王とこの地球での魔王の行いは矛盾しません。
エンテイスラでは彼は己の欲望のままに世界征服に乗り出したわけであって、それは人間への憎しみによるものではない。(だからといってエミリアが憎しみを消す理由にはなりませんが)
そしてこの地球では、魔力をなくしたまま生きるために、人と関わることで感謝を知った。だからこそ魔王はこの社会と人命を守るのです。
彼にとって魔族と人とは常に対立するものではなく、何が自分にとって大切かという単純な価値観しかない。
  拍手する

ミカサはクーデレ

■フォトカノ
第4~5話

なんか主人公がモノローグでいいこと言ってる風なんですけど、それがこれほどどうでもよく聞こえるアニメも珍しいですね。このままソフト鬼畜系主人公の道を突き進んでください。

話はいきなりメインヒロインルートっぽいのですが、周囲のフォローがなんともわざとらしくてちょっと話に入り込めません。主人公ってこんなに周りにフォローしてもらえるほどの信頼関係を築いていますか? 特に一番熱心にフォローしていたフォト部の部長さんなんてほとんど他人じゃないですか。
ここに至るまでの積み重ねがないのにいきなりいい場面つくられても困っちゃいます。


■とある科学の超電磁砲S
#3 「超電磁砲量産計画」

だんだん生臭い方向に話が進んできました。
ここらの展開は原作を読んで知っているのでしばらく静観です。
超電磁砲ラジオで、「マンガにも描かれていなかった場面があって、それが救いになってる」と佐藤さん新井さんのコメントがありました。それが佐天さん絡みであることを期待しています。

「最初からそれが目的だった!?」って………美琴がLv.5に到達したのがいつかはわからないけど、少なくとも子供の頃からじゃないでしょう? 努力でLv.5に到達したって設定なんですから。それとも、物心ついた頃から努力してあの年齢でLv.5に達したんですか? 回想シーンの美琴は見た目5~6歳に見えるんですけど。


■翠星のガルガンティア
04 「追憶の笛」

請求書とは理不尽な話ですが、船団側があれをどういう意図で出したのかを考えるとなかなかおもしろいですね。レドが金銭で購えないのは最初からわかってるわけですから。しかしレドの戦闘力ならともかく、労働力にそれほどの価値を見出してるわけではないでしょう。
ではなぜレドに労働を課そうと考えたのか。労働を通じて住人との相互理解を深めてほしかったのか、貸しをつくって労働の義務を負わせることで彼をこの船団に留めようとしたのか。それともたんに、戦闘力で明らかに勝るレドに対し交渉で優位に立とうとしているのか。

エイミーはあの年齢にしてはものが見えすぎるきらいがありますね。物事を自分の理解の範疇で判断しようとせず、まず立ち止まって相手の立場になって考えようとする。自分を人質にしようとしたレドを、彼の身になって考え擁護したときから驚いてますけど。

どうやらレドのいる銀河同盟は、外敵の脅威にさらされた結果、戦闘に最適化された世界のようです。
その世界に何の疑問も抱くことなく育ったレドが、この母なる星で人間性を獲得するだけなら心温まるお話なのですが、彼はいつか銀河同盟に復帰することになるでしょう。そのとき、彼が獲得した人間性がレド自身を苦しめることになるのは目に見えています。何も知らなかった頃には戻れないのです。
これはそういう残酷なお話なのでしょうか?


■進撃の巨人
#04 「解散式の夜 -人類の再起②-」

あの超巨人が歩いてくれば足音でわかりそうなものです。一瞬であの場に現れたように見えましたが…超巨人や鎧の巨人などの変種は、ただの突然変異ではなく、もっと特別な「人類の存続を脅かすために出現した」何か、なのでしょうか。

調査兵団の評価が高いんですけど、彼らの評価の高さってどこからくるんでしょうね。いくら人類の中で優れていたとしても、巨人相手に成果をあげなければ何の意味もないはずなんですけど。でも巨人の侵攻は5年前から止まっていて、人類は敗北したままなんですよね?
リバイ兵士長って一見したところ「新世界より」の鏑木肆星みたいに、強い強いと言われつつあっさりやられて敵の強さを視聴者に思い知らせるためのキャラに見えるんですけど、どうなることでしょう。でも声が神谷浩史さんですし、使い捨てられるようなポジションではない………かな?

進撃のミカサ人気がとどまるところを知らない状態ですね。たしかにこういうヒロインって今まで見かけなかったかも。主人公の男友達の押しかけ女房、みたいなポジションならいたんですけど、メインヒロインとしては珍しいのではないでしょうか。
  拍手する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。